2019年9月30日月曜日

「東京人も東電刑事裁判のことは真面目に考えた方が良いと思う」


「東京人も東電刑事裁判のことは真面目に考えた方が良いと思う」

 東電刑事裁判で、無罪判決が出てから、インターネットなどで、検察官役指定弁護士の側が控訴するようにとの署名活動が行われているようです。

 僕は東電刑事裁判のことは東京人も真面目に考えた方が良いと思っています。

 福島県の原発で作られた電気を東京人が使っていたという既成事実があるので、東京人は東電刑事裁判のことは真面目に考えた方が良いと思っています。

 僕らが普段飲んでいる水道水にも水源があるように、僕らが普段使っている電気にも電源があります。

 福島県の原発に電源を持つ電気を長い間使っていた東京人は、東電刑事裁判のことを真面目に考えた方が良いと僕は思っています。

 署名活動は福島県で行われているようですが、東京でも署名活動をした方が良いと僕は思っています。

 控訴期限は102日なので、時間もありませんが、東京人も東電刑事裁判のことは真面目に考えた方が良いと思っているのでブログを書いておきます。

 以上、「東京人も東電刑事裁判のことは真面目に考えた方が良いと思う」

ブログに載せます。




 

 

 

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿