2014年10月31日金曜日

「心優しき派遣さんたち」



心優しき派遣さんたち

昨日もブログに書きましたが、僕はちょうど、派遣の形態の勤務が日本の社会問題になっている時に、かなりきつい職場で働いていました。
僕の職場にも多くの派遣の人たちが働いていました。
職場には、会社の社員の人もいましたが、社員の人は管理職。
現場の仕事を担うのはアルバイトであり、派遣さんでした。
僕も現場で働いていましたが、現場の仕事は8時間立ちぱなっし。
重い荷物を運んだり、異常に細かい商品の分類など、かなりきつい仕事が多かったです。
長く働いている人は、現場での、仕事のやり方が分かっているので、力の入れどころ、力の抜きどころが分かっています。
派遣さんも、様々な職場を経験しているので、現場での仕事のやり方は分かっているようでした。
給料も安く、いくら頑張っても、社員にはなれない負け組の人たちですが、現場では、心優しい人が多かったです。
出世競争もなく、皆で仲良く働いていました。
大きな会社などに社員として、入社してしまうと、出世競争などに巻き込まれて、他人の出世のために利用される人も沢山いると思います。
お気楽な負け組の派遣の人たちは、そもそも、出世競争とは無縁なので、現場でのきつい仕事もなるべく楽しく(そもそも、仕事がきついので、なるべく楽しいことを考えて仕事をするのが良いのです)やっていました。

仕事のやり方もなるべく楽になるように楽になるように工夫してやってました。

どこの職場でも当てはまることだと思いますが、そもそも給料をいただく仕事はなんでもきついと思います。

少しでも楽になるように工夫するのは、自然なことだと僕は思っています。

派遣の人たちは、様々な意味で、良い効果を与えていてくれていたと思ってます。

以上、「心優しき派遣さんたち」

ブログに載せます。













2014年10月30日木曜日

「文化的多様性と社会(=会社)的閉塞性」 Twitterの良いところ



文化的多様性と社会(=会社)的閉塞性

日本は多くの国から多様な文化を取り入れています。
欧米文化は勿論、アジア文化、アフリカ文化、南米文化。
日本に生まれた子供たちは子供の頃から多くの文化に触れて育ちます。
特に巨大都市東京では、文化的には多様な文化が至るところにあります。
料理屋ひとつとっても、日本料理屋、フランス料理屋、イタリア料理屋、中華料理屋、インド料理屋、ネパール料理屋、タイ料理屋、ミャンマー料理屋、エジプト料理屋、モロッコ料理屋、メキシコ料理屋、アルゼンチン料理屋、etc.

多くの文化に親しんで育ちます。

しかし、いざ、学校を卒業して、会社に入社してみると、社会人としての常識が強要され、学生時代まで親しんできた多様な文化はなかなか、認められません。

服装一つとっても、スーツの着用が奨励されます。

政治的にも宗教的にも、かなり、堅苦しい論理で、仕事が行われる職場が多いと思います。

僕はTwitterを始めてから、実に様々な価値観の人がいて、自分の意見、主張を持っていると分かりました。

Twitterを緊急時の伝達手段に使う人もいるでしょうし、政治的に利用する人もいるでしょう。また、会社のビジネスの宣伝のために利用する人も多くいると思います。

個人のレベルでは、アフィリエイトなどの小遣い稼ぎのために使う人もいると思います。

僕は、Twitterやネットのことはかなり詳しくなったので、実に様々な価値観の人がいて自分から自分の好きなことしている人が多くいることが分かりました。

生活する上では、安月給のアルバイトや派遣労働者か、もっとひどい収入かもしれませんが、かなり面白いことをやっている人が多くいると思いました。

僕はちょうど、派遣労働者が社会的問題になっていた時に、かなりきつい職場で働いていました。

僕が働いていた職場にも、派遣労働者の方が多く働いていました。

仕事上のスキルは、会社に所属している、社員やアルバイトの方とほとんど遜色ないのに、派遣ということで、いいようにこき使われる人が沢山いることが分かりました。

僕はその光景を目の当たりにして、大きな矛盾を感じました。

派遣の方たちは、服装や、趣味など、実に多彩で、文化的には、非常にレベルが高かったですが、会社という組織の中では、経済効率優先の論理、縦社会の論理で、派遣社員として、こき使われる人(使い捨てにされる人)も多くいました。

当時、大きな話題になった事件に秋葉原の通り魔事件がありました。派遣で働いていた労働者が、犯罪に走ったのです。

満たされない、若者が犯罪に走る背景には大きな社会的病理が潜んでいることが良くあります。

その社会的病理の一つとして、「文化的多様性」と「社会的閉塞性」=(会社的閉塞性)が存在しているような気がしています。

この「社会的病理」をいくらか、和らげてくれるものの一つとして、Twitterは貢献していると僕は思っています。

くだらない内容ですがブログに載せます。






2014年10月29日水曜日

「貢ぎ始めました」



貢ぎ始めました

僕に盛んにGoogleを勧めていた、障害者福祉に携わっているTwitterのアカウントをフォロー(貢ぎ)始めました。

僕のGoogle好きは物凄いものがあります。
メールは「Gmail
インプットメソッドも「Google日本語入力」
ブログも「Google Blogger」。
ブログの統計調査も「Google アナリスティク」 
情報収集も「Google NEWS」。
ニュース配信も「Google Alert」。
携帯電話のOSも「GoogleAndroid

Google社の不正を許さない姿勢に凛としたものを感じてます。
僕の頭のなかは常にGoogleで一杯です。
まるで、北米の優秀な女性と会話するようにGoogleには驚くばかりです。
毎日、毎日、Googleのアプリと顔を合わせて、その機能の優秀さに驚く毎日です。
普段は文京区の障害者福祉関係の女性と接しているので、マイクロソフト系の話ばかりです。

でも、障害者福祉に携わる日本の女性も多分、Google系のアプリが好きな方が多いのではないかと思います。


先日はついにGoogleに広告を出すためGoogle AdWordsに登録してしまいました。年配らしき女性が電話に出て、GoogleAdWordsについて説明してくれました。

僕のサイトはアフィリエイトプログラムに参加しているので、GoogleAdWordsのポリシーに反するとのことです。

そういう姿勢にもGoogleの「凛」としたものを感じました。

僕もついに貢ぎ始めました。

以上、「貢ぎ始めました」

くだらない内容ですがブログに載せます。