2017年1月31日火曜日

「ブログを書くことと記事を書くことの違い」



「ブログを書くことと記事を書くことの違い」

 僕はここ3年くらい、自分でブログを書いています。

 日々の雑感とかもブログに書いています。

 僕はブログを書いていて、自分の思考を深める時間はかなり取っていますが、新聞記事のように、きちんと現場に行ったり、人と会ったりして、取材してブログを書いているわけではありません。

 この点で、ブログを書くことと新聞記事を書くことの大きな違いがあります。

 僕は新聞記事を擁護するわけではありませんが、新聞記事には、きちんと現場に行ったり、人と会ったりして書かれている記事が多くあります。

 新聞記事はコストがかかっています。

 ブログは、自分の日々の雑感とかを文章にまとめて書くという点で、自分の思考をまとめる、自分の思考を深めるという意味合いもあるかと思いますが、新聞記事のように取材して書いているブログはあまりないような気がします。

 ブログは、新聞記事ほどコストもかからない、雑記帳のようなものだと思います。

 もし、ブロガーさんがきちんと取材して、ブログを書くようになると、ブログもコストがかかるし、一個人がブログを書くのも大変なことになって来ると思います。

 きちんと取材して記事を書くためには、リサーチも必要だし、現場での取材、人と会って話を聞くとかも必要になってくるし、記事を書くことはブログを書くこととは違うと思います。

 ネット時代になり、多くのブロガーさんが生まれているのだと思いますが、新聞社のような校閲の体制もないブログで、書きたい放題のことを書いていると、いつか、事件も起きるような気もしています。

 安易に、ブログを書くことと記事を書くことを混同しないように気を付けた方が良いと思います。

 ネットメディア時代で、新聞記事もネットで簡単に読める時代で、この程度の記事ならブログで書けると思っているようなブロガーさんが、一度、きちんとリサーチもして、現場での取材もして、人と会ってインタビューもして、記事を書く経験とかをすると、記事を書くことがどれだけ大変かが分かると思います。

 僕は、ブログを書くことに反対しているわけではありませんが、安易にブログを書いてしまうと何か事件が起きるような気がして心配です。

 以上、「ブログを書くことと記事を書くことの違い」

ブログに載せます。




2017年1月30日月曜日

「秋葉原に行って、レッツノートのACアダプタを交換してきた」

「秋葉原に行って、レッツノートのACアダプタを交換してきた」

 先日、僕の使っているパナソニックのレッツノートが急に充電出来なくなりました。

 ACアダプタをレッツノートにつなげても、レッツノートが充電出来ませんでした。

 すぐに、パナソニックのサポートに電話をしました。

 パナソニックのサポートでは、検査出来ないので、秋葉原にある、秋葉原LUMIX & Lets note修理工房に持ち込んでくださいと言われ、電話番号を教えてもらいました。

 僕は、秋葉原LUMIX & Lets note修理工房にすぐに電話をして、僕のレッツノートのACアダプタをつなげても充電出来ない症状を話すと、レッツノートとACアダプタを持って、修理工房に来てくださいと言われました。

 僕は、「検査、修理料金はどのくらいかかりますか?」と尋ねました。

 電話で、「1万円~5万円くらいです」と言われました。

 僕は、すぐに家を出て、丸ノ内線に乗り、御茶ノ水まで行き、御茶ノ水から、スマホのGoogleマップを頼りに神田川沿いを歩いて、秋葉原LUMIX & Lets note修理工房に行きました。

少し迷いましたが、修理工房は見つかり、秋葉原LUMIX & Lets note修理工房に入り、受付番号の札を取り、少し待って、僕の順番が来ました。

 店員さんに、ACアダプタをつなげても充電できないのですがとレッツノートの症状を説明したところ、修理工房にあるACアダプタを持って来て、ケーブルにつなげると充電ランプが点きました。

ACアダプタが壊れていたようです。

店に、レッツノート用のACアダプタがありますが、交換しますかと尋ねられました。

僕は、「料金はいくらくらいかかりますか?」と尋ねました。

店員さんは、「10044円です」と答えました。

僕は、「高いな」と思いましたが、新しいモバイルパソコンを購入するよりは、ACアダプタを購入した方が安く済むと思い、「それでは、ACアダプタを購入します」と答えて、

修理工房で、新しいACアダプタを購入してきました。

その後、レッツノートは正常に充電出来るようになり、普通にレッツノートを使っています。

修理工房で、ACアダプタを交換してきてから秋葉原の街を少し歩いてみました。

先日も秋葉原の街を歩きましたが、修理工房でACアダプタを交換してから秋葉原の街を歩いてみると、秋葉原の街もそんなに悪くないと思いました。

丸ノ内線で行ける、秋葉原にはこれからも行こうと思いました。

以上、「秋葉原に行って、レッツノートのACアダプタを交換してきた」

ブログに載せます。











 


 

2017年1月28日土曜日

「神保町に行ったら岩波ブックセンターが閉まっていた」

「神保町に行ったら岩波ブックセンターが閉まっていた」

 先日は、神保町に行って来ました。

 白山通りを歩き、神保町の交差点に出て、靖国通りを歩いて、岩波ブックセンターに行ってみました。

 岩波ブックセンターは閉まっていました。

 社主さんの逝去で、お店を閉めているとの貼り紙が貼ってありました。

 スマホも普及して、紙の本を読まなくなっている人も増えて、社会派の本を多数、出版している岩波書店も、経営が苦しいのかなとも思いました。

 スマホとかタブレットで本を読むなら、難しい本を読むのは疲れるという人も多いのかなと思います。

もう、東京大学出身の方の書かれた難しい本などが東京大学出身の方が書かれたというだけで、売れる時代ではないのかもしません。

 スマホという、万能の機械を手に入れた日本人は、ますます、難しい本を読まなくなるような気がします。

新聞さえも読まないようになっている日本人は、尚且つ難しい本までも読もうとは思わないのかもしれません。

何か仕事に役に立つ本なら読むかと思いますが、著者の思想、信条を書いているような本は読まれなくなるような気がします。

左だとか右だとかの難しい話ばかりしている方々の本は読まれなくなるような気がします。

マルクス主義だとかも、有名な大学で、マルクス主義経済学を学んでいる人しか勉強しません。

僕も早稲田大学で、マルクス主義経済学は勉強しなかったし、左だと右だとかの論争は学生時代には全くしませんでした。

ただ、左と言われているような作家の方とか、ルポライターの方の著作は読んだことがありました。

岩波書店の本もかなり読んでいましたが、スマホが普及してから、あまり岩波書店の本を読まなくなりました。

僕は、左翼でも右翼でもありませんが、戦争をしようとする人には反対します。

岩波書店の、閉店の風景から、左だとか右だとかの難しい本を読むことについて考えてみました。

以上、「神保町に行ったら岩波ブックセンターが閉まっていた」

ブログに載せます。















2017年1月27日金曜日

「先日のきょうの健康を見て」



「先日のきょうの健康を見て」

 先日、NHK Eテレで、「胃食道逆流症」についての番組が放映されていました。

 僕の患っている病気が、「胃食道逆流症」になると思い、先日は「きょうの健康」を見てみました。

 番組を見ていたら、医者の先生が、「胃食道逆流症」について説明していました。

 もともと欧米で多い病気だったようですが、近ごろ、日本人にも増えている病気だそうです。

 番組では、僕が服用している薬、「タケキャブ」も番組の中で、紹介されていました。

 基本的に8週間の服用だとのことですが、僕はもう3年以上、薬を服用し続けています。

 再発の可能性が高いから、薬を服用するのだと思いますが、基本、8週間の服用の薬を3年以上服薬していて、体に悪くないのかと思いました。

 番組の中では、僕の症状、「食道裂孔ヘルニア」についても説明していました。

パソコン作業などのデスクワークで、猫背でパソコンの作業をしていて、「食道裂孔ヘルニア」になる人も多いと番組で言っていました。

僕は、パソコンの訓練を行っていた、障害者就労移行支援事業所リバーサルにも、「逆流性食道炎」になった責任をきちんと取ってもらいたいと思い、「逆流性食道炎」の治療費(医療費)の請求をしましたが断られました。

障害者にパソコンを一日中にらめっこさせて、障害者を、「逆流性食道炎」に追い込むとは、障害者就労移行支援事業所リバーサルは極めて悪質な事業所だと思っています。

障害者就労移行支援事業所リバーサルを僕に紹介した、本郷の森、銀杏企画サード(銀杏企画三丁目)の僕の担当だった職員にも大きな責任があると思っています。

障害者に一日中、座ってパソコンとにらめっこさせる訓練を受けさせ、尚且つ、訓練中に原発のことまで考えさせる、文京区の障害者就労移行訓練のシステムは本当に悪質だと思いました。

文京保健サービスセンターの職員も、僕の言い分を全く聞き入れてくれないので、文京保健サービスセンターにも全く連絡をしていません。

何か、僕に対して反論なり言いたいことがあるなら、就労移行支援事業所リバーサル、本郷の森 銀杏企画、文京保健サービスセンターでTwitterなり、ブログを開設して、反論の意見を書いていただきたいと思っています。

文京区の精神保健行政が、東京大学の力が強くて、東京大学に頭が上がらないのだと思いますが、障害者が難しいパソコンのスキルを覚える必要があるのでしょうか?原発のことについて考えなければいけないのでしょうか?

難しいパソコンのスキルを学ばせ、尚且つ、原発の是非まできちんと考えさせるような文京区の精神保健福祉とは如何なるものでしょうか?

難しいことを考えているなら、ご自分たちでブログを開設して、難しいことを書いてネットに公開していただきたいと思っています。

僕も、文京区の精神保健行政に携わる方々が、一体何を考えているのかが分かりません。

僕の書いているブログなりに反論なりがあるならば、きちんとネット上で反論をしていただかないと文京区の精神保健行政に携わっている方々が何を考えているのが分かりません。

文京区の精神保健行政の中心になっていると思われる、東京大学の関係者に僕のブログに対しての反論なりがあるなら、書いていただきたいというのが僕の本音です。

何かを考えているならば、ブログなりを書いていただきたいです。

以上、「先日のきょうの健康を見て」

ブログに載せます。