2015年9月27日日曜日

「千駄木の思い出」



「千駄木の思い出」

 僕は早稲田大学在学中に、ルポルタージュ研究会に所属している先輩と良くつるんでいました。
 
ルポルタージュ研究会の先輩とは良く麻雀をやりましたが、カラオケに行くこともありました。
 
高田馬場のカラオケ付き、飲み屋さんでしたが、その店のママさんが、文京区立千駄木小学校出身のママさんでした。

 その飲み屋さんでは、店の方針(ママさんの方針?)で反戦を掲げていました。

 反戦を掲げるカラオケ飲み屋さんで、カラオケを歌うと歌う歌も反戦歌になりました。

 ジョンレノンの「イマジン」などを歌う、人もいました。

 「郷に入れば郷に従え」で、

文京区立千駄木小学校出身のママさんが店を仕切っている、カラオケパブでは、店の方針に従って反戦歌を歌います。

ただ、好戦的な人間が経営しているカラオケパブなどで、反戦歌を歌うと、毛嫌いされるかもしれません。

店を経営している人も政治的なことを考えている人もいるかと思います。

街で、カラオケ屋さんを経営している人も、新聞とか、テレビなどは見ていると思うし、中には、特定の政党の活動に参加している人もいると思います。

 なかには、右翼がかった人もいるかと思います。

 そういう方(好戦的な方)が経営しているカラオケ屋さんでは、「軍歌」を歌った方が良いかもしれません。

 もし、反戦歌の「イマジン」とかを無理して歌ったら、袋叩きに遭うこともあるかと思います。

何事も、「郷に入れば郷に従え」です。

その場、その場の、雰囲気を読み取って、発する言葉とかも選ばないと、争い事が起きる可能性は大いにあります。 

自分の主義主張を通したくて、自分の好きな歌を他人の店で歌うと、目を付けられることもあるかと思います。

中には、「その歌気に入らねえんだよ」

という人もいるかと思います。

ネットの世界の感覚で、世の中に出て、自分主義の発言ばかりしていると、痛い目に遭う可能性は多いにあります。

きちんと、TPOを読み取って、世の中に接していかないと、無駄な摩擦が起きることが多々あるのかなと思います。

僕は、ルポルタージュ研究会の先輩とカラオケに行き、社会に出る前に学生として学ぶことを勉強させていただき感謝しています。

以上、「千駄木の思い出」

くだらない内容ですが、ブログに載せます。








 

 

 

 



 

 

2015年9月26日土曜日

「NHK アスリートの魂を見て」



NHK アスリートの魂を見て」

 ラグビーワールドカップで、ジャパンが南アに勝利して、先日、NHK総合テレビで、ラグビー日本代表のフルバック、五郎丸選手を特集する番組「アスリートの魂」という番組が放映されていました。

 番組では、「無心で蹴る」という言葉を使っていました。

 物凄いプレッシャーのかかる、ラグビーフィールドでのプレースキック。ゴールに入れて当然と思われているプレースキック。僕の想像ですが、物凄いプレッシャーがかかると思います。

 外せば、観客からもテレビ視聴者からもブーイングを浴びると思います。

 本音だと思います。

 拝むようなルーティンが話題になっていますが、ボールを蹴る選手は、自分ですから、精神状態は大事だと思います。

 どんなに技術的に優れていても、運動能力が優れていても、心が乱れたら、プレースキックも乱れると思います。

 番組では「無心」という言葉を使っていました。

 プレースキックを蹴る際に、余計なことを考えてしまうと、心が乱れるのだと思います。

 僕もスポーツをしていたので分かりますが、スポーツの試合中は一瞬の判断力がプレーを決めます。

 絶えず、人間が様々な判断をしてプレーをしているスポーツの試合ですから、一瞬の判断力がプレーの成否を決めることもよくあると思います。

 僕の経験からは、運動能力の高い選手が活躍するのがスポーツですが、やはり、ポイント、ポイントで正確な判断をするのは、日々のメンタルトレーニングの成果だと思います。

 番組の中では、五郎丸選手のプレースキックに焦点を当てていましたが、ラグビーのプレースキックというのは、テレビで見るほど簡単なものではありません。

 僕も、高校の体育の授業でラグビーをやったことがありますが、僕はトライに成功して、トライ後のコンバージョンキックも蹴りましたが、ゴールポストどころか、訳の分からない方向にボールが飛んでいき、恥ずかしかったです。

 一見、簡単そうに、何でもプレーしている人はかなり練習している人だと思います。

 運動能力もあり、練習量もこなしているスポーツの選手は普通の人が難しそうにこなすプレーを簡単そうにこなします。

 ラグビーワールドカップのテレビ中継を見ていると、ほとんどの選手が、難しいプレーを簡単そうに行っているし、中には観衆の目を楽しませようとしているかとも思えるようなプレーもあります。

 難しいことを簡単そうにやってのける、ラグビー選手たち。

 僕も、テレビ中継から多くのことを学んでいます。

以上、「NHKアスリートの魂を見て」

くだらない内容ですが、ブログに載せます。



 
 


2015年9月21日月曜日

「ラグビーワールドカップを見て」



「ラグビーワールドカップを見て」

 昨日、Facebookを見ていたらタイムラインに、ラグビーワールドカップで、日本が南アに勝利したことが流れてきたので、昨日は、テレビで、ラグビーワールドカップの試合を見ました。
 
結果は分かっていましたが、最後の攻防は、結果を分かっていても、手に汗握るすごい攻防でした。

 日本が、ゴール前で、PG(ペナルティゴール)を選択せずに、あくまで、トライにこだわり、スクラムを選択し、攻撃を何度も仕掛ける。

 見ていて、日本の本気が伝わってきました。

 最後のトライは、ゴール右側からボールを出し、ラグビーフィールドを目一杯使っての、横にボールを展開しての、ゴール左隅へのトライでした。

 南アのゴール前のディフェンスの壁は本当に厚かったと思います。

 そのぶ厚いディフェンスの壁を破ってのトライは値千金のトライだと思います。

 五郎丸選手のプレースキックの精度の高さも試合を通じて証明されました。

 まさか、日本が南アにラグビーで勝つと予想していた人はいたのでしょうか?

 僕は長い間、震災本を紹介し続けていて、新日鉄釜石ラグビー部についての本もあり、ラグビーのことは気になっていましたが、まさか、今年のワールドカップの試合で、ジャパンが南アに勝つなど思ってもいませんでした。

 久しぶりに明るいニュースで、良かったです。

 以上、「ラグビーワールドカップを見て」

くだらない内容ですが、ブログに載せます。