2016年10月10日月曜日

「レッドブル 胃に沁みわたる 体育の日」



「レッドブル 胃に沁みわたる 体育の日」

 今日、1010日は国民の休日、体育の日です。

 僕は、今日も仕事でした。

朝、職場に行き、仕事が終わってから、「お疲れ様でした」とオーナーさんに挨拶すると、

「ブログを毎日書け、オレにとっての天声人語だ」

と言われました。

オーナーさんの言い方は、少し強制的な感じがしましたが、悪意はないと思いますが、僕にとっては、

「ブログを毎日書く」

ことは、とても大変で負担になることです。

一ブログを書くのに、考えることを含めて、30分から1時間くらい時には1時間以上かかるし、僕にとっては難しいことです。

オーナーさんには逆らえませんから、今日は、職場からの帰り道のコンビニで、「レッドブル」250ml缶を購入して、ブログを書くエネルギーを得るために「レッドブル」を飲み干しました。

「レッドブル」を飲み干した時に、僕の心に浮かんだ句が、

「レッドブル 胃に沁みわたる 体育の日」

という句です。

ブログを書くことは、誰に強制されて書くようなことではなく自主的に、自分の気持ちを吐き出す文化的な行為だと思っていますが、体育会系の方々からすると、

「ブログを毎日書け」

という感じで、体育会系的な行為のようです。

僕は中学校と高校で体育会バスケットボール部に所属していたので、体育系の方々の良いところ悪いところ、知っています。

体育会系の悪いところ、

なんでもかんでも、強制的な感じがすることです。

ブログを書くことは、僕は文化的な行為だと思っていますが、体育会系の方々からすると、ブログを書くことも、体育会系的な行為のようです。

僕は、今日はゆっくりと国民の休日を満喫したかったのですが、職場のオーナーさんからの体育会系的な、

「毎日ブログを書け」

との言葉は僕を、コンビニでレッドブルを購入し、レッドブルを飲み干すに至らせたようです。

「レッドブル」を飲み干した際に、僕の難治性逆流性食道炎を患っている胃に「レッドブル」が「キュー」という痛い感じで沁みわたったので、その辛い気持ちを詠んだ句が、

「レッドブル 胃に沁みわたる 体育の日」

です。

個人的に自主的に、文化的に書いているブログまでも、

体育会系的な方々に

強制的に「毎日、書け」

と言われると、僕もコンビニで「レッドブル」を購入せざろうを得ませんでした。

文化的な行為と体育会系的な行為は別物だと僕は思っています。

ブログを書くために「レッドブル」まで購入せざろうを得なかった、今日、「体育の日」

に詠んだ句が、

「レッドブル 胃に沁みわたる 体育の日」

です。

「体育の日」に対して少し皮肉になってしまいますが、一句詠んでみました。

以上、「レッドブル 胃に沁みわたる 体育の日」

ブログに載せます。

























2016年10月8日土曜日

「障害者福祉施設に見た どんとしてる」



「障害者福祉施設に見た どんとしてる」

 僕が、文京区の精神障害者向けの作業所、銀杏企画サードに入所した際に、僕の担当になった職員さんの発言がおもしろかったので、ブログに書いてみたいと思います。

 僕の担当になった職員さんは、いきなり僕に、

「どんとしてる。」

と言ってきました。

「どん」が「丼」なのか、「鈍」なのか、「どん」なのか、「ドン」なのか分かりませんが、

「どんとしてる」

と言ってきました。

僕の開設しているTwitterアカウントが@uedon103なので、このアカウント名から、

「どんとしてる」

との言葉が出てきたのだと思います。

何度もブログに書いていますが、@uedon1103は、

僕の小学校、中学校、高校、大学時代のあだ名、「うえどん」

と僕の誕生日、11月03日、文化の日から@uedon1103にしています。

僕は、自分の誕生日が11月03日、文化の日だったので、子供の頃から、「文化」のことは絶えず考えてきました。

「文化」とはソフィストケートされた洗練された文化もあると思うし、どんくさい文化もあると思います。

ソフィストケートされた、洗練された都会の文化を好む方もいると思いますが、どんくさい文化もどんくさい文化でいいところがあると思います。

僕の家では、小麦粉で作るどんどん焼きとか食べるし、どんくさい文化もどんくさい文化で良いものだと思っています。

どんどん、どんくさくなって、鈍行人生を満喫したいと内心思っています。

鈍行人生だからこそ、僕も、ブログ「Don’t give up」を書けるのだと思います。

以前、在籍していた、精神障害者向けの作業所、銀杏企画サードの僕の担当だった職員さんに、

「どんとしてる」

との言葉を頂いたので、

どんどん、どんくさくなって、鈍行人生を貫いて、「Dont give up」を地道に更新していきたいと思っています。

以上、「障害者福祉施設に見た どんとしてる」

ブログに載せます。