2016年10月6日木曜日

「本の虫 パソコン買うと ネット見る」



「本の虫 パソコン買うと ネット見る」

 僕は、子供の頃から本が好きでした。

 今日も、NHK生活防災のTwitterのツイートをリツイートしてから、鹿児島県の川内原発関連の本を4冊紹介しました。

 本好きが嵩じると一つのテーマで本を調べて読むようになってしまうようです。

 僕は中学とか高校では、体育会系のバスケットボール部でスポーツをしていましたが、本当は若い頃も本を読みたかったのだと思います。

 本を読んでいると自分の知らないことも、知ることが出来るし、知識の宝庫が本だと思っていました。

 そんな本の虫の僕ですが、パソコンが登場すると、本から離れて、パソコンを見るようになります。

 30過ぎて、パソコンをインターネットに接続出来るようになると、今度はGoogleやヤフーでネットを見るようになります。

 本を買うとお金がかかるので、調べ事も本ではなく、ネットで調べ事をするようになります。

 Googleで検索する際も、キーワード検索で、例えば、「俳句」「タルコフスキー」で検索すれば、「現代俳句協会のアンドレイ・タルコフスキーの芭蕉(上)」が検索されます。

アンドレイ・タルコフスキーの芭蕉について書いたブログは以下です。

「文字化け」

  

 僕は、若い頃、アンドレイ=タルコフスキーの「サクリファイス」という映画を観たことがあり、「サクリファイス」の中で、確か、俳句が出て来たと思い、「俳句」「タルコフスキー」でGoogleで検索しました。

僕は映画も好きですが、もともと本が好きなので、僕はもともと本の虫だったのだと思います。

 本の虫がひとたび、パソコンを手に入れると、一日中パソコンを見るようになります。

手に入れたパソコンをネットに接続出来るようになると、一日中、ネットを見るようになります。

そんな、僕の近況を自嘲気味に詠んだ句が、

「本の虫 パソコン買うと ネット見る」

です。

現代人の多くが抱えているネット依存を自嘲して詠んだ句ですが、自分への戒めとしても詠んでおく句だと思い、

「本の虫 パソコン買うと ネット見る」

を詠んでみました。

この句を詠むことにより、少しでも脱ネット依存が出来れば良いと思っています。

以上、「本の虫 パソコン買うと ネット見る」

ブログに載せます。

























0 件のコメント:

コメントを投稿