2021年9月27日月曜日

「胃カメラの予約をした」

 「胃カメラの予約をした」

  今日は、僕は文京区の胃がん検診の予約をしました。

  2年に1度の文京区の胃がん検診ですが、前回と同じ病院で胃がん検診をします。

  嫌な嫌な胃カメラですが、逆流性食道炎の具合が良くならずに、かかりつけ医から胃カメラをするように言われているので、今日、病院に電話をして、胃カメラの予約をしました。

  10月8日金曜日に胃カメラの検査をします。

  胃ガンとか胃潰瘍が見つからなければ良いと思っています。

  以上、「胃カメラの予約をした」

  ブログに載せます。

 

 

 

 

 

 

「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5200人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5200人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5200人になっていました。5000人の大台を超えています。

   文京区の人口が226700人とすると、文京区民の約2.2%(45人に1人)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   3人増えたとのことです。文京区も気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は299人でした200人を超える数字でした。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500s下回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

   東京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は374529人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は37万人を超えています。

   東京都の人口が1396万人とすると、東京都民の約2.7%(東京都民の37人に1)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   東京都の直近1週間の人口10万人あたりの感染者数は18.24人でステージ4相当(25人)を下回っています。

    昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は2134人でした。2千人を超えました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者が多く出ています。

   NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

   810日の時点で東京都の新型コロナウィルス感染者に占めるインド株(デルタ株)の割合は95%に達しています。東京都の新型コロナウィルスの感染者数の95%がインド株(デルタ株)の感染者になっています。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は1695477人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は160万人を超えています。160万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約1.3(おおまかに言えば75人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても24番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は16181)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は17499人となり、17千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

   87日の朝日新聞によると、5月は月間最多の2816人の新型コロナウィルスによる死者数で、7月は408人だったと書いてありました。死者数は減少傾向にありワクチンの効果が出ていたようですが、8月の死者数は877人程度のようです。7月より増えているようです。ワクチン接種が進んでも死者数は増えてしまっているようです。

   重症者数は1133人です。1000人を超えていて、とても危険な状態です。

   727日時点の重症者数が522人だったようですから、約2ヶ月で約600人増えているようです。

   2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

   東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

   3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

   東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

   6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から4回目の緊急事態宣言になりました。

   2回目の 緊急事態宣言が発令された頃は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は299人でした。

   3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の1日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の1日の感染者数が1桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

   日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると923日の時点で8380万人が1回目のワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約66.17%が1回目のワクチン接種を終えたようです。1回目のワクチン接種をした人は、日本人の約6割を超えています。

    管首相は、

    海外の例を見てもワクチンを1回接種した人が人口の4割に達したら感染者の減少傾向が明確になる」

   発言しています。

   2回目の接種は923日の時点で6904万人がワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約54.52%が2回目のワクチン接種を終えたようです。管首相は8月末までに、日本人の4割の2回目のワクチン接種を完了し、感染拡大を抑える意向でしたから、管首相の目標は達成したようです。

  管首相は813日の会見では、「10月初旬までに国民全員の8割の希望する方に2回打てるような体制を作っている」と述べたようです。

   菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明しています。

   ワクチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

   HKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

   729日に、新型コロナ分科会の尾身会長は仮に国民の70%がワクチン接種をしても残りの30%の中で新型コロナが伝播すると述べ、全人口の70%がワクチン接種をしても集団免疫には至らないとの見解を示したようです。

   僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

   僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

   僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請を64日にしました。

   618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

   僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ファイザーのワクチンです。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

   2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の728日に行いました。東京都社会福祉保健医療研修センターで2回目のワクチン接種をしました。

   ワクチンを接種した方の腕が少し痛かったですが、発熱するなどの症状は出ていません。

   ワクチンを打った医師に聞くと、

   「人によって違うが、ワクチン接種からだいたい2週間で中和抗体が出来る」と仰っていました。

   ワクチンを打った医師を信用すれば、人によって違うようですが、728日から2週間くらい経っているので、僕の体の中にも、新型コロナウィルスに対する抗体が出来ているのだと思います。

   日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米諸国に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなく台湾やニュージーランドの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げれば台湾では16181人です。ニュージーランドでは4183人です。

   僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、台湾やニュージーランドの新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都一日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を続けるのが良いと思っていす。

   何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

   僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。

   政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。

   緊急事態宣言は埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県にも82日から831日まで発令されることになりました。

   817日の報道によると、緊急事態宣言は茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県を追加し、期間は820日から912日までとするようです。

   それに加えて、825日の報道によると、政府は、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県を緊急事態宣言の対象地域に追加しました。期間は827日から912日までです。

   99日の報道では、緊急事態宣言は北海道、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄の19都道府県で930日まで延長されることになりました。

   日本の47都道府県のうち19都道府県に緊急事態宣言が発令されていることになります。

   東京都の緊急事態宣言も912日までの予定が930日まで延長されます。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの感染者数は299人でした。 

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、東京都の1日の感染者数が500人を超えるような感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染数が5200人になっていのたでブログを書いておきます。

   以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5200人になった」

   ブログに載せます

2021年9月26日日曜日

「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5197人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5197人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5197人になっていました。5000人の大台を超えています。

  文京区の人口が226700人とすると、文京区民の約2.2%(45人に1人)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   4人増えたとのことです。文京区も気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は382人でした300人を超える数字でした。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500s下回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

   東京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は374230人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は37万人を超えています。

   東京都の人口が1396万人とすると、東京都民の約2.7%(東京都民の37人に1)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   東京都の直近1週間の人口10万人あたりの感染者数は20.15人でステージ4相当(25人)を下回っています。

    昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は2674人でした。2千人を超えました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者が多く出ています。

   NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

   810日の時点で東京都の新型コロナウィルス感染者に占めるインド株(デルタ株)の割合は95%に達しています。東京都の新型コロナウィルスの感染者数の95%がインド株(デルタ株)の感染者になっています。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は1693350人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は160万人を超えています。160万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約1.3(おおまかに言えば75人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても24番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は16176)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は17478人となり、17千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

   87日の朝日新聞によると、5月は月間最多の2816人の新型コロナウィルスによる死者数で、7月は408人だったと書いてありました。死者数は減少傾向にありワクチンの効果が出ていたようですが、8月の死者数は877人程度のようです。7月より増えているようです。ワクチン接種が進んでも死者数は増えてしまっているようです。

   重症者数は1185人です。1000人を超えていて、とても危険な状態です。

   727日時点の重症者数が522人だったようですから、約2ヶ月で約600人増えているようです。

   2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

   東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

   3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

   東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

   6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から4回目の緊急事態宣言になりました。

   2回目の 緊急事態宣言が発令された頃は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は382人でした。

   3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の1日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の1日の感染者数が1桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

   日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると923日の時点で8380万人が1回目のワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約66.17%が1回目のワクチン接種を終えたようです。1回目のワクチン接種をした人は、日本人の約6割を超えています。

    管首相は、

    海外の例を見てもワクチンを1回接種した人が人口の4割に達したら感染者の減少傾向が明確になる」

   発言しています。

   2回目の接種は923日の時点で6904万人がワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約54.52%が2回目のワクチン接種を終えたようです。管首相は8月末までに、日本人の4割の2回目のワクチン接種を完了し、感染拡大を抑える意向でしたから、管首相の目標は達成したようです。

   管首相は813日の会見では、「10月初旬までに国民全員の8割の希望する方に2回打てるような体制を作っている」と述べたようです。

   菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明しています。

   ワクチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

   NHKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

   729日に、新型コロナ分科会の尾身会長は仮に国民の70%がワクチン接種をしても残りの30%の中で新型コロナが伝播すると述べ、全人口の70%がワクチン接種をしても集団免疫には至らないとの見解を示したようです。

   僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

   僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

   僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請を64日にしました。

   618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

   僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ファイザーのワクチンです。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

   2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の728日に行いました。東京都社会福祉保健医療研修センターで2回目のワクチン接種をしました。

   ワクチンを接種した方の腕が少し痛かったですが、発熱するなどの症状は出ていません。

   ワクチンを打った医師に聞くと、

   「人によって違うが、ワクチン接種からだいたい2週間で中和抗体が出来る」と仰っていました。

   ワクチンを打った医師を信用すれば、人によって違うようですが、728日から2週間くらい経っているので、僕の体の中にも、新型コロナウィルスに対する抗体が出来ているのだと思います。

   日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米諸国に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなく台湾やニュージーランドの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げれば台湾では16176人です。ニュージーランドでは4162人です。

   僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、台湾やニュージーランドの新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都一日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を続けるのが良いと思っていす。

   何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

   僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。

   政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。

   緊急事態宣言は埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県にも82日から831日まで発令されることになりました。

   817日の報道によると、緊急事態宣言は茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県を追加し、期間は820日から912日までとするようです。

   それに加えて、825日の報道によると、政府は、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県を緊急事態宣言の対象地域に追加しました。期間は827日から912日までです。

   99日の報道では、緊急事態宣言は北海道、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄の19都道府県で930日まで延長されることになりました。

   日本の47都道府県のうち19都道府県に緊急事態宣言が発令されていることになります。

   東京都の緊急事態宣言も912日までの予定が930日まで延長されます。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの感染者数は382人でした。 

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、東京都の1日の感染者数が500人を超えるような感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染数が5197人になっていのたでブログを書いておきます。

   以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5197人になった」

   ブログに載せます

2021年9月25日土曜日

文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5193人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5193人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5193人になっていました。5000人の大台を超えています。

   文京区の人口が226700人とすると、文京区民の約2.2%(45人に1人)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   6人増えたとのことです。文京区も気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は235人でした200人を超える数字でした。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500s下回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

   京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は373848人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は37万人を超えています。

   東京都の人口が1396万人とすると、東京都民の約2.7%(東京都民の37人に1)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   東京都の直近1週間の人口10万人あたりの感染者数は23.60人でステージ4相当(25人)を下回っています。

   昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は2093人でした。2千人を超えました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者が多く出ています。

   NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

   810日の時点で東京都の新型コロナウィルス感染者に占めるインド株(デルタ株)の割合は95%に達しています。東京都の新型コロナウィルスの感染者数の95%がインド株(デルタ株)の感染者になっています。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は168679人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は160万人を超えています。160万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約1.3(おおまかに言えば75人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても24番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は16181)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は17445人となり、17千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

    87日の朝日新聞によると、5月は月間最多の2816人の新型コロナウィルスによる死者数で、7月は408人だったと書いてありました。死者数は減少傾向にありワクチンの効果が出ていたようですが、8月の死者数は877人程度のようです。7月より増えているようです。ワクチン接種が進んでも死者数は増えてしまっているようです。

   重症者数は1228人です。1000人を超えていて、とても危険な状態です。

   727日時点の重症者数が522人だったようですから、約2ヶ月で約700人増えているようです。

   2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

   東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

   3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

   東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

   6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から4回目の緊急事態宣言になりました。

   2回目の 緊急事態宣言が発令された頃は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は235人でした。

   3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の1日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の1日の感染者数が1桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

   日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると923日の時点で8380万人が1回目のワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約66.17%が1回目のワクチン接種を終えたようです。1回目のワクチン接種をした人は、日本人の約6割を超えています。

    管首相は、

    海外の例を見てもワクチンを1回接種した人が人口の4割に達したら感染者の減少傾向が明確になる」

   発言しています。

   2回目の接種は923日の時点で6904万人がワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約54.52%が2回目のワクチン接種を終えたようです。管首相は8月末までに、日本人の4割の2回目のワクチン接種を完了し、感染拡大を抑える意向でしたから、管首相の目標は達成したようです。

   管首相は813日の会見では、「10月初旬までに国民全員の8割の希望する方に2回打てるような体制を作っている」と述べたようです。

   菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明しています。

   ワクチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

   NHKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

   729日に、新型コロナ分科会の尾身会長は仮に国民の70%がワクチン接種をしても残りの30%の中で新型コロナが伝播すると述べ、全人口の70%がワクチン接種をしても集団免疫には至らないとの見解を示したようです。

   僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

   僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

   僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請を64日にしました。

   618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

   僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ファイザーのワクチンです。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

   2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の728日に行いました。東京都社会福祉保健医療研修センターで2回目のワクチン接種をしました。

   ワクチンを接種した方の腕が少し痛かったですが、発熱するなどの症状は出ていません。

   ワクチンを打った医師に聞くと、

   「人によって違うが、ワクチン接種からだいたい2週間で中和抗体が出来る」と仰っていました。

   ワクチンを打った医師を信用すれば、人によって違うようですが、728日から2週間くらい経っているので、僕の体の中にも、新型コロナウィルスに対する抗体が出来ているのだと思います。

   日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米諸国に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなく台湾やニュージーランドの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げれば台湾では16181人です。ニュージーランドでは4144人です。

   僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、台湾やニュージーランドの新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都一日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を続けるのが良いと思っていす。

   何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

   僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。

   政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。

   緊急事態宣言は埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県にも82日から831日まで発令されることになりました。

   817日の報道によると、緊急事態宣言は茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県を追加し、期間は820日から912日までとするようです。

   それに加えて、825日の報道によると、政府は、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県を緊急事態宣言の対象地域に追加しました。期間は827日から912日までです。

   99日の報道では、緊急事態宣言は北海道、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄の19都道府県で930日まで延長されることになりました。

   日本の47都道府県のうち19都道府県に緊急事態宣言が発令されていることになります。

   東京都の緊急事態宣言も912日までの予定が930日まで延長されます。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの感染者数は235人でした。 

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、東京都の1日の感染者数が500人を超えるような感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染数が5193人になっていのたでブログを書いておきます。

   以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5193人になった」

   ブログに載せます

2021年9月24日金曜日

「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5187人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5187人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5187人になっていました。5000人の大台を超えています。

   文京区の人口が226700人とすると、文京区民の約2.2%(45人に1人)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   5人増えたとのことです。文京区も気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は531人でした。500人を超える数字でした。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500人を上回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

   東京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は373613人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は37万人を超えています。

   東京都の人口が1396万人とすると、東京都民の約2.7%(東京都民の37人に1)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   東京都の直近1週間の人口10万人あたりの感染者数は27.53人でステージ4相当(25人)を超えていて、ステージ4相当(25人)の約1.1倍になっています。

   昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は3604人でした。3千人を超えました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者が多く出ています。

   NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

   810日の時点で東京都の新型コロナウィルス感染者に占めるインド株(デルタ株)の割合は95%に達しています。東京都の新型コロナウィルスの感染者数の95%がインド株(デルタ株)の感染者になっています。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は1688630人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は160万人を超えています。160万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約1.3(おおまかに言えば75人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても24番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は16159)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は17400人となり、17千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

    87日の朝日新聞によると、5月は月間最多の2816人の新型コロナウィルスによる死者数で、7月は408人だったと書いてありました。死者数は減少傾向にありワクチンの効果が出ていたようですが、8月の死者数は877人程度のようです。7月より増えているようです。ワクチン接種が進んでも死者数は増えてしまっているようです。

   重症者数は1273人です。1000人を超えていて、とても危険な状態です。

   727日時点の重症者数が522人だったようですから、約2ヶ月で約750人増えているようです。

   2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

   東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

   3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

   東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

   6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から4回目の緊急事態宣言になりました。

   2回目の 緊急事態宣言が発令された頃は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は531人でした。

   3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の1日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の1日の感染者数が1桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

   日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると921日の時点で8295万人が1回目のワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約65.50%が1回目のワクチン接種を終えたようです。1回目のワクチン接種をした人は、日本人の約6割を超えています。

    管首相は、

    海外の例を見てもワクチンを1回接種した人が人口の4割に達したら感染者の減少傾向が明確になる」

   発言しています。

   2回目の接種は921日の時点で6803万人がワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約53.72%が2回目のワクチン接種を終えたようです。管首相は8月末までに、日本人の4割の2回目のワクチン接種を完了し、感染拡大を抑える意向でしたから、管首相の目標は達成したようです。

   管首相は813日の会見では、「10月初旬までに国民全員の8割の希望する方に2回打てるような体制を作っている」と述べたようです。

   菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明しています。

   ワクチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

   NHKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

   729日に、新型コロナ分科会の尾身会長は仮に国民の70%がワクチン接種をしても残りの30%の中で新型コロナが伝播すると述べ、全人口の70%がワクチン接種をしても集団免疫には至らないとの見解を示したようです。

   僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

   僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

   僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請を64日にしました。

   618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

   僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ファイザーのワクチンです。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

   2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の728日に行いました。東京都社会福祉保健医療研修センターで2回目のワクチン接種をしました。

   ワクチンを接種した方の腕が少し痛かったですが、発熱するなどの症状は出ていません。

   ワクチンを打った医師に聞くと、

   「人によって違うが、ワクチン接種からだいたい2週間で中和抗体が出来る」と仰っていました。

   ワクチンを打った医師を信用すれば、人によって違うようですが、728日から2週間くらい経っているので、僕の体の中にも、新型コロナウィルスに対する抗体が出来ているのだと思います。

   日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米諸国に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなく台湾やニュージーランドの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げれば台湾では16159人です。ニュージーランドでは4135人です。

   僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、台湾やニュージーランドの新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていす。

   何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

   僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。

   政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。

   緊急事態宣言は埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県にも82日から831日まで発令されることになりました。

   817日の報道によると、緊急事態宣言は茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県を追加し、期間は820日から912日までとするようです。

   それに加えて、825日の報道によると、政府は、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県を緊急事態宣言の対象地域に追加しました。期間は827日から912日までです。

   99日の報道では、緊急事態宣言は北海道、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄の19都道府県で930日まで延長されることになりました。

   日本の47都道府県のうち19都道府県に緊急事態宣言が発令されていることになります。

   東京都の緊急事態宣言も912日までの予定が930日まで延長されます。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの感染者数は531人でした。 

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、東京都の1日の感染者数が500人を超えるような感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染数が5187人になっていのたでブログを書いておきます。

    以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5187人になった」

    ブログに載せます

2021年9月23日木曜日

「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5182人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5182人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5182人になっていました。5000人の大台を超えています。

   文京区の人口が226700人とすると、文京区民の約2.2%(45人に1人)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   2人増えたとのことです。文京区も気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は537人でした。500人を超える数字でした。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500人を上回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

   東京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は373082人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は37万人を超えています。

   東京都の人口が1396万人とすると、東京都民の約2.5%(東京都民の40人に1)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   東京都の直近1週間の人口10万人あたりの感染者数は29.68人でステージ4相当(25人)を超えていて、ステージ4相当(25人)の約1.2倍になっています。

   昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は3245人でした。3千人を超えました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者が多く出ています。

    NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

   810日の時点で東京都の新型コロナウィルス感染者に占めるインド株(デルタ株)の割合は95%に達しています。東京都の新型コロナウィルスの感染者数の95%がインド株(デルタ株)の感染者になっています。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は1685034人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は160万人を超えています。160万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約1.3(おおまかに言えば75人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても25番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は16152)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は17351人となり、17千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

   87日の朝日新聞によると、5月は月間最多の2816人の新型コロナウィルスによる死者数で、7月は408人だったと書いてありました。死者数は減少傾向にありワクチンの効果が出ていたようですが、8月の死者数は877人程度のようです。7月より増えているようです。ワクチン接種が進んでも死者数は増えてしまっているようです。

   重症者数は1383人です。1000人を超えていて、とても危険な状態です。

   727日時点の重症者数が522人だったようですから、約2ヶ月で約800人増えているようです。

   2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

   東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

   3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

   東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

   6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から4回目の緊急事態宣言になりました。

   2回目の 緊急事態宣言が発令された頃は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は537人でした。

   3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の1日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の1日の感染者数が1桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

   日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると921日の時点で8295万人が1回目のワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約65.50%が1回目のワクチン接種を終えたようです。1回目のワクチン接種をした人は、日本人の約6割を超えています。

    管首相は、

    海外の例を見てもワクチンを1回接種した人が人口の4割に達したら感染者の減少傾向が明確になる」

   と発言しています。

   2回目の接種は921日の時点で6803万人がワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約53.72%が2回目のワクチン接種を終えたようです。管首相は8月末までに、日本人の4割の2回目のワクチン接種を完了し、感染拡大を抑える意向でしたから、管首相の目標は達成したようです。

   管首相は813日の会見では、「10月初旬までに国民全員の8割の希望する方に2回打てるような体制を作っている」と述べたようです。

   菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明しています。

   ワクチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

   NHKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

   729日に、新型コロナ分科会の尾身会長は仮に国民の70%がワクチン接種をしても残りの30%の中で新型コロナが伝播すると述べ、全人口の70%がワクチン接種をしても集団免疫には至らないとの見解を示したようです。

   僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

   僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

   僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請を64日にしました。

   618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

   僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ファイザーのワクチンです。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

   2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の728日に行いました。東京都社会福祉保健医療研修センターで2回目のワクチン接種をしました。

   ワクチンを接種した方の腕が少し痛かったですが、発熱するなどの症状は出ていません。

   ワクチンを打った医師に聞くと、

   「人によって違うが、ワクチン接種からだいたい2週間で中和抗体が出来る」と仰っていました。

   ワクチンを打った医師を信用すれば、人によって違うようですが、728日から2週間くらい経っているので、僕の体の中にも、新型コロナウィルスに対する抗体が出来ているのだと思います。

   日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米諸国に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなく台湾やニュージーランドの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げれば台湾では16152です。ニュージーランドでは4119人です。

   僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、台湾やニュージーランドの新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていす。

   何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

   僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。

   政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。

   緊急事態宣言は埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県にも82日から831日まで発令されることになりました。

   817日の報道によると、緊急事態宣言は茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県を追加し、期間は820日から912日までとするようです。

   それに加えて、825日の報道によると、政府は、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県を緊急事態宣言の対象地域に追加しました。期間は827日から912日までです。

   99日の報道では、緊急事態宣言は北海道、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄の19都道府県で930日まで延長されることになりました。

   日本の47都道府県のうち19都道府県に緊急事態宣言が発令されていることになります。

   東京都の緊急事態宣言も912日までの予定が930日まで延長されます。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの感染者数は537人でした。 

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、東京都の1日の感染者数が500人を超えるような感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染数が5182人になっていのたでブログを書いておきます。

    以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5182人になった」

   ブログに載せます

2021年9月22日水曜日

「ブログのページビュー数が63万ページビューを超えていた」

 「ブログのページビュー数が63万ページビューを超えていた」

   今日、ブログのページビュー数を見ていたら、63万ページビューを越えていました。

   ブログのページビュー数はチェックしています。

   キリの良い数字になったので、ブログに書いておこうと思います。

    62万ページビューを超えていたのが、9月1日なので、約3週間で1万ページビューくらいあったようです。

  55万ページビューを超えたのが59日なので、約4ヶ月と2週間で8万ページビューあったようです。

   今までに書いたブログ数が3122ブログなので、1ブログ、202ページビューくらいあったようです。

    僕はプロではなくド素人のアマチュアのブロガーなので、ぺージビュー数も少ないブロガーですが、ページビュー数は気になっています。

   今日、ブログのページビュー数を見ていたら63万ページビューを越えていたので、ブログを書いておきます。

    以上、「ブログのページビュー数が63万ページビューを超えていた」

   ブログに載せます

「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5180人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5180人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5180人になっていました。5000人の大台を超えています。

   文京区の人口が226700人とすると、文京区民の約2.2%(45人に1人)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   3人増えたとのことです。文京区も気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は253人でした。200人を超える数字でした。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500人を下回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

   東京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は372545人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は37万人を超えています。

   東京都の人口が1396万人とすると、東京都民の約2.5%(東京都民の40人に1)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   東京都の直近1週間の人口10万人あたりの感染者数は33.38人でステージ4相当(25人)を超えていて、ステージ4相当(25人)の約1.3倍になっています。

   昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は1767人でした。千人を超えました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者が多く出ています。

   NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

   810日の時点で東京都の新型コロナウィルス感染者に占めるインド株(デルタ株)の割合は95%に達しています。東京都の新型コロナウィルスの感染者数の95%がインド株(デルタ株)の感染者になっています。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は1681794人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は160万人を超えています。160万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約1.3(おおまかに言えば75人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても25番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は16147)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は17297人となり、17千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

   87日の朝日新聞によると、5月は月間最多の2816人の新型コロナウィルスによる死者数で、7月は408人だったと書いてありました。死者数は減少傾向にありワクチンの効果が出ていたようですが、8月の死者数は877人程度のようです。7月より増えているようです。ワクチン接種が進んでも死者数は増えてしまっているようです。

   重症者数は1429人です。1000人を超えていて、とても危険な状態です。

   727日時点の重症者数が522人だったようですから、約2ヶ月で約900人増えているようです。

   2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

   東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

   3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

   東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

   6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から4回目の緊急事態宣言になりました。

   2回目の 緊急事態宣言が発令された頃は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は253人でした。

   3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の1日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の1日の感染者数が1桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

   日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると920日の時点で8211万人が1回目のワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約64.84%が1回目のワクチン接種を終えたようです。1回目のワクチン接種をした人は、日本人の約6割を超えています。

    管首相は、

    海外の例を見てもワクチンを1回接種した人が人口の4割に達したら感染者の減少傾向が明確になる」

   と発言しています。

   2回目の接種は920日の時点で6709万人がワクチン接種を終えたようです。日本の全人口の約52.98%が2回目のワクチン接種を終えたようです。管首相は8月末までに、日本人の4割の2回目のワクチン接種を完了し、感染拡大を抑える意向でしたから、管首相の目標は達成したようです。

   管首相は813日の会見では、「10月初旬までに国民全員の8割の希望する方に2回打てるような体制を作っている」と述べたようです。

   菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明しています。

   ワクチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

   NHKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

   729日に、新型コロナ分科会の尾身会長は仮に国民の70%がワクチン接種をしても残りの30%の中で新型コロナが伝播すると述べ、全人口の70%がワクチン接種をしても集団免疫には至らないとの見解を示したようです。

   僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

   僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

   僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請を64日にしました。

   618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

   僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ファイザーのワクチンです。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

   2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の728日に行いました。東京都社会福祉保健医療研修センターで2回目のワクチン接種をしました。

   ワクチンを接種した方の腕が少し痛かったですが、発熱するなどの症状は出ていません。

   ワクチンを打った医師に聞くと、

   「人によって違うが、ワクチン接種からだいたい2週間で中和抗体が出来る」と仰っていました。

   ワクチンを打った医師を信用すれば、人によって違うようですが、728日から2週間くらい経っているので、僕の体の中にも、新型コロナウィルスに対する抗体が出来ているのだと思います。

   日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米諸国に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなく台湾やニュージーランドの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げれば台湾では16147人です。ニュージーランドでは4095人です。

   僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、台湾やニュージーランドの新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていす。

   何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

   僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。

   政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。

   緊急事態宣言は埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県にも82日から831日まで発令されることになりました。

   817日の報道によると、緊急事態宣言は茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県を追加し、期間は820日から912日までとするようです。

   それに加えて、825日の報道によると、政府は、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県を緊急事態宣言の対象地域に追加しました。期間は827日から912日までです。

   99日の報道では、緊急事態宣言は北海道、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄の19都道府県で930日まで延長されることになりました。

   日本の47都道府県のうち19都道府県に緊急事態宣言が発令されていることになります。

   東京都の緊急事態宣言も912日までの予定が930日まで延長されます。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの感染者数は253人でした。 

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、東京都の1日の感染者数が500人を超えるような感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染数が5180人になっていのたでブログを書いておきます。

   以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が5180人になった」

  ブログに載せます