2017年6月30日金曜日

「今日は東京地裁に行ってみようと思っていた」

「今日は東京地裁に行ってみようと思っていた」

 昨日、ネットを見ていたら、630日(今日)に、東京地裁で、福島原発事故に関しての刑事裁判が行われるとのことでした。

 僕もブログに書いていますが、企業による、公害などの裁判は過去にも多く行われていています。

 今回の東京地裁での刑事裁判は、津波が予見可能だったかが争点になっているとのことでした。

 福島原発事故による放射能汚染と健康被害のことに関しては争われないようです。

 争点が、津波の予見性という点では、東日本大震災による福島原発事故が天災だったのか、人災だったのかの議論に終始してしまうような気もしています。

 東日本大震災による福島原発事故が天災か人災かという論議になると、いつまで経っても、東京電力は福島県の方々に対して誠意のある態度を見せることは出来ないと思いますが、公の場で、刑事裁判が行われるだけでも、世間の関心を引き、福島原発事故では何が起きていたのかが、少しずつでも明らかになっていくと思います。

 福島原発事故からもう、6年以上経ってからの、裁判というのも遅いと思いますが、裁判が行われないより良いと思います。

 今日は、頑張って、東京地裁の前まで行って、東京地裁の周辺の様子を見てきたいとも思っていましたが、マスコミ関係者も多くいて、ネットで東京地裁の周辺の様子をTwitterなどに投稿しているようです。

今日は頑張って、東京地裁の前まで行ってみようとも思っていましたが、ネットで様子が分かるので、東京地裁まで行かなくても良いようです。

 以上、「今日は東京地裁に行ってみようと思っていた」

ブログに載せます。








 

2017年6月29日木曜日

「仕事を増やす人間は避けられる」



「仕事を増やす人間は避けられる」

 僕は、自分にとって、負担になる人間は避けています。

 特に、僕にとっては仕事になるようなことを増やす人間は避けています。

 政治的な問題の話をしてくる人間も避けています。

 政治的な問題の話とは、「原発」の話とか、「憲法」の話です。

 何故、政治的な問題の話をしてくる人間を避けているとかというと、「原発」も「憲法」も考え出すと、本を読んだりしなくてはならずに、お給料を頂く仕事以外に大きな時間がかかるからです。

 「原発」の問題も、「憲法」の問題も、政治家でもなければ、一ブロガーが何を書いたところで、力になりません。

 新聞などを読んで、「原発」の問題、「憲法」の問題を考えることが悪いことだと思いませんが、普通に仕事をしている人は、仕事に関する本とか雑誌を読んでいる人がほとんどだと思います。

 僕が、政治的な話をしてくる人を避けるのは、「原発」の問題、「憲法」の問題など、話をし始めると、キリがないし、考えても、自分の力ではどうにもならないからです。

 特定の政治政党とか、政治団体に所属していれば、「原発」の問題、「憲法」の問題、仕事として、話が出来るようにならなければなりませんが、普通の市井の人も、「原発」の問題、「憲法」の問題、きちんと、話が出来るようにならなければならないのでしょうか?

 僕の親は、朝刊が来ても、スーパーの安売り広告ばかり読んでいるし、朝日新聞本紙はきちんと読んでいないようです。

 市井の人も、「原発」の問題、「憲法」の問題、きちんと語れるようになるのが良いのでしょうか?

 僕が、「原発」「憲法」などの政治的な問題を話してくる人間を避けているのは、本などを読んで、きちんと勉強しなければならず、時間もかかるし、労力もかかるので、「原発」の問題、「憲法」の問題など、政治的な問題を話してくる人間を避けています。

 政治的な話をしてくる人を目前にすると、どこかの政治団体に所属しているのかなと思ってしまいます。

 ご自分の意見を述べる人なら良いですが、どこかの政治政党の受け売りの意見とかを話してくる方は特に避けています。

 僕が、政治的な話をしてくる人を避けていることをブログに書くとともに、特定の政治政党、政治団体に所属している人を避けていることもブログに書いてみました。

 以上、「仕事を増やす人間は避けられる」

ブログに載せます。


 








2017年6月28日水曜日

「脱早稲田大学探検部」

「脱早稲田大学探検部」

 僕は早稲田大学在学中、探検部というサークルに所属していました。

 早稲田大学探検部とは大学探検部の名門で、メディアなどでも取り上げられるきちんとしたサークルです。

 僕も早稲田大学探検部はきちんとしていると思うし、早稲田大学探検部に口出しすることもありませんが、早稲田大学探検部では時に、政治的な議論も盛んに行われるようです。

 特に2011年の東日本大震災とそれに伴い、起きた福島原発事故以来、早稲田大学探検部OBの方々が、「原発」の問題に取り組んでいることを僕は知っています。

 早稲田大学探検部OBの方々は、ドキュメンタリー映画、本などを作り、「脱原発」「反原発」を訴えているようです。

 僕が現役時代には、面識のない、僕の上の代の方々が、盛んに、「脱原発「反原発」の活動を行っているようです。

 僕が、早稲田大学探検部の名前を出す限り、僕にも大きな「脱原発」「反原発」の圧力のようなものがかかります。

 早稲田大学探検部から脱しないと、僕もいつまで経っても、「原発」の話題から脱け出すことが出来ません。

 一介のブロガーで、少しづつでも、お金になるような仕事を見つけていこうと思っていますが、僕の関心も、「原発」の話から、脱せられません。

僕は、きちんとブログで、法的な視点から、福島原発事故についてブログを書いています。

 僕に出来ることはしたつもりですが、早稲田大学探検部OBの方々は、毎日のように、「原発」の問題について盛んにツイートをされているようです。

 僕が、新聞社とかテレビ局とかの報道機関とかに勤務していれば、一つのトピックで、問題を考え続けることも良いことになるのだと思いますが、僕の現在の仕事は清掃のような仕事です。

 家にいる時間が長いので、新聞も詳しく読んでいるし、テレビを見る時間も普通の人より長いと思います。

 そのようなことから、メディアの情報に触れることも多くなり、「原発」の問題とかの時事問題に詳しくなることになりますが、仕事には結び付きません。

 少しづつでも仕事をしていこうとしているのに、いつまでも、早稲田大学探検部OBの方々の「原発」の話にお付き合いしていると、僕の人生の大きな時間が奪われます。

 僕が、在野の政治家だったりすれば、現政権の政策に反対する政治家として活動したり出来るのかもしれませんが、僕は議員でも何でもありません。

 一介のブロガーが、何を書いたところで大きな力にはなりません。

 一早く、「脱早稲田大学探検部」をして、少しづつでも仕事を出来るようにならないと、僕も生活が出来なくなります。

 僕にとって真に大切なものは、「脱早稲田大学探検部」なので、そのことをきちんと明確にして、これから先、生きて行かないと、僕も後悔ばかりの人生になると思うので、ブログできちんと、「脱早稲田大学探検部」を宣言しようと思います。

 僕が早稲田大学探検部に対して出来ることは、もうしてきたつもりです。

 これからは、「脱早稲田大学探検部」をして、すこしづつでも仕事が出来るようにしていきたいと思っています。

以上、「脱早稲田大学探検部」

ブログに載せます。



 





「僕が銀杏企画関係者を避けている理由」

「僕が銀杏企画関係者を避けている理由」

 僕は長い間、本郷の森、銀杏企画関係者を避けています。

 何故、銀杏企画関係者を避けているかというと、以前、銀杏企画に遊び(相談)に行った時に、僕の就労経験の話を、銀杏企画の就労移行コースの方々の前で話してくれませんか?と頼まれ、忙しい時に、休みを返上して、就労移行コースの方々の前で、僕の就労体験を話したことがあったからです。

 僕は気軽な気持ちで、銀杏企画に遊び(相談)に行きましたが、銀杏企画の職員からすると、僕は、僕の就労体験を銀杏企画のメンバーの前で話をさせる格好のカモだったようです。

 現在でも、銀杏企画を避けているのは、再び、銀杏企画に遊び(相談)に行ったら、面倒なことを頼まれると困ると思い、銀杏企画関係者を避けています。

 銀杏企画に対して、悪い感情は持っていませんが、何故、利用者だった僕が、話をしたりしなければならないのかが分かりません。

 ピアカウンセリングとかもあり、病気の当事者同士の方が、話がしやすいとか思っているのかもしれませんが、僕にとっては、銀杏企画関係者に話をするのは、負担になることです。

 以前も、銀杏企画関係者から、「原発」について話がしたいとの留守電が入っていたし、面倒なことを言ってくる(頼んでくる)のが銀杏企画関係者というのが僕の中で出来上がっています。

 面倒なことを言ってくる割には、自分たちでは何もしないし、他人に、あれやって、これやってと言ってくるだけで、僕にとっては、銀杏企画関係者と接することが負担になるので、銀杏企画関係者を避けています。

 以前、働いている頃は、僕もある程度の給料を貰っていたので、収入の少ない、銀杏企画関係者のことも考えて、「銀杏企画三丁目の掲示板」とかに熱心に書き込みをしていましたが、現在では以前のような善意の気持ちも湧きません。

 再び銀杏企画に遊び(相談)に行くと、再び良いカモにされると思い、銀杏企画関係者を避けています。
 僕が長い間、銀杏企画を避けている理由をブログに書いてみました。

以上、「僕が銀杏企画関係者を避けている理由」

ブログに載せます。




2017年6月27日火曜日

「稚拙な文京区の障害者就労訓練」

「稚拙な文京区の障害者就労訓練」

 僕は、文京区の障害者就労移行支援事業所に通っていて、逆流性食道炎に罹患しました。

 施設に医療費の請求もしましたが、断られました。

 文京区の障害者就労移行支援事業所の就労訓練の稚拙さが伺われます。

 パソコンの訓練と言っても、入力の練習とか、朝日新聞の天声人語の入力とか、WordExcelの基本操作の勉強です。

 椅子に座ってのパソコンの勉強で、訓練を受けていると、胃の辺りが気持ち悪くなります。

 僕が、現在、就労が1年半以上継続していることを考えると、僕が働けない人間ではないことが分かります。

 もともと、仕事をしていたし、文京区の障害者就労移行支援事業所に多くの問題があることが分かります。

 Wordなどで、絵や写真、図などを挿入して、良い文書を作ることも大事なことかと思いますが、仕事とは、Wordの文書作成だけではありません。

 文京区の障害者就労移行支援事業所の就労訓練がとても偏りのある訓練を行っていて、パソコンでのWordでの文書作成とかに重きを置いているようで、どうにかならないものかと思っています。

 狭いパソコンのデスクトップの画面上での作業だけが仕事ではありません。

 何か、障害を持っている人にとって大きなストレスのかからない就労訓練があれば良いと思っています。

 文京区の障害者就労移行支援事業所に通っていたら、ストレスから逆流性食道炎に罹患したので、僕が文京区にある障害者就労移行支援事業所の訓練は稚拙だと思ったので、ブログを書いてみました。

 以上、「稚拙な文京区の障害者就労訓練」

ブログに載せます。





「胃カメラのことをラインに書いたら返事が来なかった」

「胃カメラのことをラインに書いたら返事が来なかった」

 昨日、ブログに書きましたが、逆流性食道炎の診察に行って来たら、「胃カメラ」の検査を医者に勧められました。

 早速、昨日はラインで、僕が毎日のようにラインでやり取りをしている早稲田大学時代の語学クラスの知り合いに「胃カメラ」の検査をすることになりそうです、とのラインメッセージを送りました。

 普段なら、絵文字で返信をしてくる知り合いも、「胃カメラ」のことを持ち出すと、返信が来ませんでした。

 ラインなどでは、重い内容の話題は避けた方が良いのかと思いました。

 ラインは軽いコミュニケーションツールのようで、重い内容は書かない方が良いのかなと思いました。

 以上、「胃カメラのことをラインに書いたら返事が来なかった」

ブログに載せます。


2017年6月26日月曜日

「ストレス解消」

「ストレス解消」

 今日は、逆流性食道炎の診察で内科に行って来ました。

 先日、文京区より、胃がん検査の封書が来ていたので、医者に封書を見せて、胃がん検査を受けた方が良いのでしょうかと聞いてきました。

 医者は、

 「上原さんは、胃がん検査を受けた方が良い」

とのことでした。

「内視鏡」の検査を受けた方が良いとのことでした。

無料で検査を受けられるので、検査を受けた方が良いとのことでした。

おススメの病院も教えていただきました。

僕の母校の小石川高校の前にある病院です。

以前も、内視鏡検査を受けたことがある病院です。

胃カメラは、吐き気がすごくなり、ものすごく気持ち悪くなるので、本心では、胃カメラの検査はしたくないというのが本心です。

医者には、前回の診察の際にも、胃カメラの検査を勧められていました。

何度も何度も胃カメラの検査をして体に悪くないのかなとも思っています。

体に、医療器具を入れる、医療行為でも、胃カメラの検査は気持ちが悪くなる検査です。

僕が逆流性食道炎で、胃、食道の様子を内視鏡で見ないといけないのだと思いますが、胃カメラの検査は何度、受けても嫌な検査の一つです。

診察では、他には、

「ストレス解消」

とのことでした。

散歩をしてストレス解消をしていますと答えましたが、

やはり、「ストレス解消」

が大事なようです。

なるべく、ストレスを感じない環境に身を置くことも大事なのだと思いました。

今日、逆流性食道炎の診察で、内科に行って来たら、

やはり、「ストレス解消」

と医者からアドバイスされたので、ブログに書いておきます。

以上、「ストレス解消」

ブログに載せます。







「柏学園の閉鎖」

「柏学園の閉鎖」

 僕は小学校の頃、移動教室で、千葉県の柏市にある、柏学園に移動教室で行ったことがありました。

 千代田線で柏まで行った記憶があります。

 先日、文京区のホームページを見ていたら、柏学園が、施設の老朽化、柏市の都市化、東日本大震災とそれに伴う、福島原発事故による影響で、柏学園は閉鎖されているとの記述がありました。

以下です。

柏学園の施設案内


 時代も変わり、柏学園の移動教室も行われなくなっているようです。

 僕が小学生の頃、柏学園に行くと、楽しかったですが、今では移動教室も行われていないようです。

 福島原発事故が柏学園移動教室中止の原因の一つになっていると分かると、福島原発事故の影響が柏市にまで及んでいることが分かります。

 千葉県でも福島原発事故による影響があることが分かりました。

 文京区のホームページに、福島原発事故の影響で柏学園の移動教室が中止になっていると記述するのも大変なことだと思います。

 放射能汚染があるのでしょうか?

 除染活動も行われているのでしょうか?

 僕が子供の頃に、移動教室で行った、柏学園が閉鎖されていることを知ると、暗鬱な気持ちになりました。

 東日本大震災とそれに伴い起きた福島原発事故により、柏学園まで閉鎖されていると知ると驚くとともに暗鬱な気持ちになったのでブログを書いてみました。

 以上、「柏学園の閉鎖」

ブログに載せます。