2022年9月30日金曜日

「9月は1日平均8564歩歩いていたようだ」

 「8月は1日平均8564歩歩いていたようだ」

   スマホの万歩計を確認していたら、僕は、9月は1日平均、8564歩歩いていたようです。

   僕は1日8千歩歩くことを目標に歩いているので、目標は達成出来ました。

   以前は1日平均9千歩以上歩いていましたが、少し歩く歩数が減ってしまっているようです。

   長期間のコロナ禍と度々襲来する台風のせいで慢性的な運動不足で、体調が悪いので、少しずつでも歩く歩数を増やしていきたいと思っています。

 こらからも少しずつ、歩く歩数を増やしていこうと思っています。

  出来れば11万歩を目標にしていきたいと思っています。

   毎月、毎月、 同じようなことを書いていますが、9月は1日平均8564歩歩いていたようなのでブログを書いておきます。

    以上、「9月は1日平均8564歩歩いていたようだ」

    ブログに載せます。

2022年9月27日火曜日

「ブログのページビュー数が71万ページビューを超えていた」

 「ブログのページビュー数が71万ページビューを超えていた」

   今日、ブログのページビュー数を見ていたら、71万ページビューを越えていました。

  ブログのページビュー数はチェックしています。

  キリの良い数字になったので、ブログに書いておこうと思います。

  70万ページビューを超えていたのが、813日なので、約44日で1万ページビューくらいあったようです。

  今までに書いたブログ数が3269ブログなので、1ブログ、217ページビューくらいあったようです。

   僕はプロではなくド素人のアマチュアのブロガーなので、ぺージビュー数も少ないブロガーですが、ページビュー数は気になっています。

   今日、ブログのページビュー数を見ていたら71万ページビューを越えていたので、ブログを書いておきます。

   以上、「ブログのページビュー数が71万ページビューを超えていた」

   ブログに載せます。

2022年9月26日月曜日

「今日は文京区の健康診断を受けてきた」

 「今日は文京区の健康診断を受けてきた」

  僕は、今日は文京区の健康診断を受けてきました。

  以前に逆流性食道炎の診察で通っていた病院に行って、健康診断を受けてきました。

  受付で診察券と保険証を見せてくださいと言われて、診察券と保険証を受付に提出しました。

  採尿してくださいと言われて、トイレで、お小水をコップに入れました。

  待合室に血圧を測る機械があり、血圧を自分で測りました。血圧は普通だったようです。

   名前が呼ばれ診察室に入ると、医師は僕の過去の電子カルテをMACのパソコンで見ながら、タケキャブはどうしますかと尋ねてきました。

  以前、逆流性食道炎の治療で長く病院に通っていたので、医師はタケキャブはどうしますかと尋ねてきたのだと思います。

  僕はいりませんと答えました。(逆流性食道炎の治療薬タケキャブは薬代が高いので、僕はいりませんと答えました)

  その後、簡単な診察になりました。診察では、ベッドに横になり、医師はお腹の辺りを調べていました。

  ベッドに横になっているときに、医師から緑内障だと失明してしまうよと言われて怖かったです。

   眼科からもタバコをやめるように言われているのだから、タバコをやめるようにとも言われました。

  僕が、ストレスが多く、ストレス解消でタバコを吸ってしまうのですと言うと、医師はタバコを吸うのは習慣になっていると言っていました。

 その後、健康診断になり、採血を行いました。

 次に着ているポロシャツを脱いで上半身裸になり。胸部X線撮影を行いました。

 次に心電図の検査でした。

心電図の検査の次は身長、体重を計りました。

  体重が昨年に比べて(昨年は65キロくらいだったようです)7キロも増えていて、72キロもありました。

 僕が体重を測った女性の方に、

 「自宅の体重計ではこんなに体重はないのですが?」と言うと、

 僕の体重を測った女性の方は、何か認証付きの体重計であると言っていて、

 「自宅の体重計が狂っているのではないですか?」と言ってきました。

 ウェスト(胴囲)も測りましたが、84センチもありました。

 おそらくメタボとかでひっかかりそうです。

  長引くコロナ禍で極度の運動不足になっているようです。

  毎年の健康診断を受ける度に新しい病気が見つかり、本当に嫌な気持ちになりますが、どのような結果になるか分かりませんが、一年に一度の健康診断は受けておいて良いと思っています。

   何か悪い病気が見つからなければ良いと思っています。

   今日は文京区の健康診断を受けてきたので、ブログを書いておきます。

   以上、「今日は文京区の健康診断を受けてきた」

   ブログに載せます。

2022年9月11日日曜日

「チベットカイラス隊では僕だけマナサロワール湖に行っていない」

 「チベットカイラス隊では僕だけマナサロワール湖に行っていない」

  実はチベットカイラス隊では、隊長だった僕だけチベットの聖湖とされるマナサロワール湖という湖に行っていません。

  チベットカイラス隊では、僕の記憶ではカイラスに向かう途中のシーチャンホー(獅泉河)という町で、倉島孝行か中谷敏夫のどちらかが体調を崩して、シーチャンホー(獅泉河)で僕ら4人のチベットカイラス隊は、二つに分かれました。

  カイラス到達を目指す上原和明、桜井誠人の先発隊のグループと、シーチャンホー(獅泉河)で少し休養してから後発隊として、カイラス到達を目指す倉島孝行、中谷敏夫のグールプに分かれました。

  僕と桜井は先発隊としてカイラス到達を目指し、カイラスに到達し、カイラスの巡礼路を重さ20㌔ある100リットルザックを背負って2人で歩き始めました。

  カイラス巡礼路では桜井誠人の体力がすごくて、桜井が巡礼路を先頭に立ち歩いて、僕が桜井の後ろをついていくといった感じでした。

  僕はカイラス巡礼路での桜井の歩くスピードについていけませんでした。

  僕は仕方なく自分のペースで歩いていました。

  カイラス巡礼路では桜井が先にカイラス北壁に着き、僕があとからカイラス北壁に着いたと思います。

  カイラス北壁で、僕は隊長として、後発隊の倉島、中谷を待つことを桜井に提案しました。

  桜井も僕の意を汲んでくれて、カイラス北壁に一泊して、桜井はドルマラ峠のひかえる残りの巡礼路を1人で歩き始めました。

  僕はカイラス北壁で倉島、中谷の後続隊を34日待っていましたが、倉島、中谷は現れなかったので、1人でカイラス北壁を出発して、ドルマラ峠がひかえる残りの巡礼路を歩きました。本当に苦しかったです。

  巡礼路を歩ききり、タルチェンというカイラス巡礼の出発到着点になる場所に到着して、タルチェンの宿泊施設で休養してから、僕は一人でマナサロワール湖に赴こうとしました。

  タルチェンという場所がカイラス巡礼の出発到着点なので、タルチェンに到着してタルチェンの宿泊施設に滞在し、そこから、一人でチベットの聖湖マナサロワール湖に赴こうとしました。

 タルチェンでトラックをヒッチハイクして、マナサロワール湖まで行こうとしましたが、僕のヒッチハイクしたトラックが途中でスタック(立ち往生)してしまい、僕は一人で歩いてマナサロワール湖まで行こうとしました。

  僕が一人でマナサロワール湖に歩いて行こうとしていると、僕の眼前にトラックが見えて、そのトラックにカイラス後発隊の倉島、中谷が乗っていて、僕は倉島、中谷にトラックに乗るように言われて、トラックに乗りました。

 すでに倉島、中谷はマナサロワール湖に赴き、マナサロワール湖の周りの巡礼路を歩いてきたようでした。

 僕のヒッチハイクしたトラックがスタックして立ち往生している間に、倉島、中谷のグループは、二人でマナサロワール湖に赴き、マナサロワール湖の周りの巡礼路を歩いてきたようです。

 僕は一人で、マナサロワール湖まで歩いて行こうとしましたが、重さ20キロもある100リットルザックを背負って、チベットの高地を歩くのは大変で、僕はマナサロワール湖に到達するのをあきらめて、倉島、中谷の乗っているトラックに乗せてもらい、日本への帰路につきました。

 実はチベットカイラス隊で、隊長であった僕だけ、チベットの聖湖とされる、マナサロワール湖に行っていないのでブログに書いておきます。

 以上、「チベットカイラス隊では僕だけマナサロワール湖に行っていない」

 ブログに載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年9月1日木曜日

「8月は3万5755字入力していたようだ」

 「835755字入力していたようだ」

     ATOKマンスリーレポートを見ていたら、僕は、2022年8月は35755字パソコンで入力していたようです。

  ATOKマンスリーレポートによると原稿用紙90枚分のようです。

    ブログを書くこと、Twitterをやることで、パソコンのキーボードで入力しているので、入力した文字数が一月、約35千字になったのだと思います。

   一日平均1153字くらいです。

  入力時間は ATOKマンスリーレポートによると90時間のようです。

   コロナ禍で、パソコンでブログを書く時間が減っています。

   自宅にいる時間が長く、胃が痛くて痛くて、ブログを書けない状況が続いています。

   毎月、毎月同じようなブログを書いていますが、今日、ATOKマンスリーレポートを見ていたら、20228月は35755字以上入力していたようなので、ブログを書いておきます。

    以上、「8月は35755字入力していたようだ」

  ブログに載せます。

2022年8月31日水曜日

「8月は1日平均7950歩歩いていたようだ」

 「8月は1日平均7950歩歩いていたようだ」

   スマホの万歩計を確認していたら、僕は、8月は1日平均、7950歩歩いていたようです。

   僕は1日8千歩歩くことを目標に歩いているので、目標は達成出来ませんでした。

   以前は1日平均9千歩以上歩いていましたが、少し歩く歩数が減ってしまっているようです。

    長期間のコロナ禍と8月の猛暑で慢性的な運動不足で、体調が悪いので、少しずつでも歩く歩数を増やしていきたいと思っています。8月も猛暑で不要な外出は控えて下さいと言っていたので、なるべく外出しないで、家にいる時間が長かったです。

 少しでも涼しい時間帯に散歩して歩く歩数を増やしたいと思っています。

  こらからも少しずつ、歩く歩数を増やしていこうと思っています。

  出来れば11万歩を目標にしていきたいと思っています。

   毎月、毎月、 同じようなことを書いていますが、8月は1日平均7950歩歩いていたようなのでブログを書いておきます。

   以上、「8月は1日平均7950歩歩いていたようだ」

      ブログに載せます。

2022年8月29日月曜日

「母が入院した」

 「母が入院した」

 母が新宿メディカルセンターに入院しました。

 夜中の1時頃に、父が母を抱えて2階に上がってきて、

 「救急車を呼ぼう」と言っていて、僕も目を醒ましました。

 父によると、夜中に母がトイレに行こうとしたところ、ヨロヨロでそれを見た父が危ないと思い、母を抱えて母の寝室のある2階に上がってきて、

 「救急車を呼ぼう」と言ったようです。

 僕もすぐに起きて、父の話を聞きました。

 父が

「救急車は何番だっけ」と僕に尋ねてきたので、

僕は「119番」と答えました。

すぐに父は119番に電話をしました。

しばくして家に電話がかかってきて、僕が電話を取りました。電話は救急車からでした。

「お母さんは何歳ですか?」と尋ねてきたので、

僕は

「85歳です」と答えました。

「脊柱管狭窄症で新宿メディカルセンターに通院しています」とも言いました。

そのようなやり取りをして電話を切り、しばらくすると救急車のサイレンの音が聞こえたので、僕は外に出て、救急車を待っていると、担架を抱えた救急救命士の方3人がやってきました。

 救急救命士の方は、

  「お母さんの新宿メディカルセンターの診察券、保険証、お薬手帳を見せてください」

 と言ってきました。 

僕は母の新宿メディカルセンターの診察券、保険証、お薬手帳を探して、すぐに見つかり、救急救命士の方に渡しました。

次に救急救命士の方3人は、2階に上がって母の様子を見ました。

血圧、体温を測っていました。

血圧は、上は140くらいあったようです。

体温は373分あったようです。

救急救命士の方は、

「新型コロナウィルスのワクチン4回目の接種はいつしましたか?」

と尋ねてきました。

正確な月日は分からなかったので、父が8月中に接種しましたと答えていました。

次に救急救命士の方は、新宿メディカルセンターに電話をして急患の医師と話をして医師に診察券IDを伝えたようです。

電話口からは、

医師の「主訴は何ですか?」という声も聞こえました。

電話で医師の承諾を得たようです。

そのようなやり取りをしてすぐに救急救命士の方は3人で、担架に母を乗せて、3カ所を固定して、担架から落ちないようにして、階段を降り、担架を乗せる台に担架を乗せて、救急車に乗り込みました。

付添人は父でした。

救急救命士の方の手際の良さに驚きました。

付添人の父が家に帰ってきたのは朝の5時頃でした。

僕は一睡もせずに父の帰宅を待っていました。

母は新宿メディカルセンターに入院することになりました。

母はコロナの検査もしたようですが、コロナは陰性だったようです。

入院して、様々な検査をしてみるらしいです。

現在は新型コロナウィルスが流行しているので、面会は禁止で、僕も父もお見舞いに行けません。

母が新宿メディカルセンターに入院したのでブログを書いておきます。

以上、「母が入院した」

ブログに載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月27日土曜日

「4回目のワクチン接種をしてきた」

 「4回目のワクチン接種をしてきた」

   僕は今日、新型コロナウィルスの4回目のワクチンを接種をしてきました。

   文京区春日にある文京シビックセンター3Fの文京保健サービスセンターで4回目のワクチン接種をしてきました。

   1415分からの予約でしたが、会場に1350分頃に着き、コロナワクチン接種受付けの準備をしている係の人に、

  「1415分から予約している者です」と言いました。

  すると受付の方は、

  「14時から受付をしますのでしばらくお待ちください」

  と仰っていました。。

  僕は保健サービスセンターの入り口の前に立って受付の始まるのを待っていました。僕の前に一人の方が保健サービスセンターの入り口で待っていました。

  1355分頃から受付が始まり、受付で、1415分からワクチン接種を予約していますと言って、予診票と接種券、身分証明書の運転免許証を見せました。検温もしました。

  受付を済ますと、ワクチン接種会場に入りました。

  僕の前に二人の方がいました。

  荷物を籠に入れて椅子に座って待っていてくださいと言われて、椅子に座って待っていました。

  しばらく待ってから、医師がやってきて、ワクチン接種をしました。

  ワクチン接種を済ましてから、すぐに係の人がやって来て、アナフィラキシーショックが無いかの経過観察のために15分ほど経過観察をしますと言って、1421分まで経過観察しますと言って、僕は1421分まで椅子に座って待っていました。

  スマホを見て時間を潰し、1421分になったので、椅子から立って、ワクチン接種証明書を接種券に貼ってもらう係のところに行き、接種券にワクチン接種証明書を貼ってもらいました。

  ワクチン接種をしたことを証明する接種証明書は大事に保管しておいてくださいと言われました。

  ワクチン接種証明書をいただき、文京シビックセンター3Fの保健サービスセンターを出ました。

  今日は新型コロナウィルスの4回目のワクチン接種をしてきたのでブログを書いておきます。

  以上、「4回目のワクチン接種をしてきた」

   ブログに載せます。

2022年8月22日月曜日

「訪問看護が家に来ることになった」

 「訪問看護が家に来ることになった」

 今日、僕の家に社会福祉士の方が訪問しました。

 実は昨日、大塚にある高齢者安心センターに父、兄、僕の3人で母のことで相談に行ってきました。

 母が脊柱管狭窄症で、体が痛い痛いと言っていること、散歩も近所しか出来ないことなどについて相談してきました。

 昨日、大塚の高齢者安心センターで相談に乗ってくださった社会福祉士の方が今日、家を訪問してくださいました。

 母は要支援1の認定を受けているので、介護サービスを利用する契約書に母本人が署名しました。住所は僕が書きました。印鑑捺印は父がしました。

 3人で介護サービス契約書に同意しました。

 これから毎週火曜日に訪問看護と言って、看護士さんや理学療法士さんが僕の家を訪問して、母の具合を診てくださるようです。

 僕は理学療法士さんに期待しています。

 脊柱管狭窄症は、体が痛くなるので、運動療法が効くと思い、専門的知識を持った理学療法士さんに期待しています。

 これから毎週火曜日に訪問看護が家に来ることになったのでブログを書いておきます。

 以上、「訪問看護が家に来ることになった」

  ブログに載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月20日土曜日

「河合君の写っている写真についての田村、斉藤とのやり取り」

 「河合君の写っている写真についての田村、斉藤とのやり取り」

  昔(2010年1月26日)のメールを見ていたら、河合君の写っているみみづくUFO探査の際の集合写真についての早稲田大学探検部33期同期の田村修、斉藤泰晴とのメールのやり取りがありました。

 以下のようなメールのやり取りをしました。

 探検部87年入部の皆様

 度々、上原です。早速、田村から河合にメールしたと報告がありました。

 皆様で河合のことを思い出せない人間がいると思いますので、

 みみづくにUFO探査に行った時の集合写真をスキャンしたので、JPEGファイルで添付して、

 お送りします。

 右から、2人目が河合です。

 先程は河合圭介と書いてしまいしたが、正確には「河合圭祐」です。

 訂正します。

 20年前の写真ですが、河合のこと思い出して下さい。

  上原

 上原、懐かしい。

 僕は河合と一緒に長期活動してなかったので、

 ぼっとしか思い出せなかったが、はっきり

 思い出せた。

 いつも、煙草吸ってたイメージがあるな。

 河合は卒業後は、何してたんだっけ?

 まだ、返事がないが、返事がきたら、

 時間あるときにでも見舞いにいってこよう

 かと思います。

 田村

 うえどん、

 写真ありがとう。覚えてました。どこの合宿でだったか思い出せないですが、鉈か何かをうまくつかって、童顔なのに、えらく野性的な人という印象をもってます。愛知の山育ちの彼ですよね。

 うえどんから書留で送っていただいたお金は、なんとなく手をつけずにそのままにしてあったので、その中からいくらかをカンパしようと思ってます。

 斉藤

 以上のような河合君についてのやり取りをしました。

 河合君のことを思い出して欲しいのでブログに載せます。

 以上、「河合君の写っている写真についての田村、斉藤とのやり取り」

 ブログに載せます。