2021年7月29日木曜日

「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3094人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3094人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3094人になっていました。3000人の大台を超えています。

   昨日から49人増えたとのことです。大幅な感染者数の増加です。文京区も本当に気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は3177人でした。3000人を超えました。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500人を上回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

   直近1週間の感染者数は人口10万人あたり98.29人で、25人を超えていて、ステージ4(感染爆発)相当になっています。

   東京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は206745人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は20万人を超えました。

   昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は9576人でした。9000人を上回りました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者も多く出ているようです。

   NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

   インドで最初に見つかった新型コロナウィルスが変異したインド株は感染力が非常に強く、日本でもインド株(デルタ株)による感染拡大が想定されているようです。新型コロナウィルス変異株、インド株による感染拡大に厳重に警戒することが必要だと呼びかけているようです。

   714日のNHKのニュースサイトによると、東京都ではインド株、デルタ株の感染者数が全体の感染者数の49%を占めているとのことです。7月末にはおよそ80%がインド株(デルタ株)になるとのことです。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は893340人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は89万人を超えています。89万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約0.7(おおまかに言えば140人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても33番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は15599)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は15174人となり、15千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

   重症者数は522人です。とても危険な状況になっています。

  2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

  東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

  3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

  東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

  6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から緊急事態宣言になりました。

  2回目の 緊急事態宣言が発令された当初は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は3177人でした。

  3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の一日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

   日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると727日の時点で1回目の接種を終えた人は4759万人を超えたとのことです。日本の全人口の約3743%が1回目のワクチン接種を終えたようです。2回目の接種を終えた人は3342万人を超えたとのことです。日本の全人口の約2629%が2回目のワクチン接種を終えたようです。

   報道を見ていると、ワクチン供給不足が起きていて、自治体で新規予約を停止する動きも出ているようです。

   菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明したようです。

   クチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

   NHKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

   僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

   僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるようなので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

   僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請をしました。

   618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

   僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

   2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の728日に行いました。東京都社会福祉保健医療研修センターで2回目のワクチン接種をしました。

  ワクチンを接種した方の腕が少し痛いですが、発熱するなどの症状は出ていません。

  ワクチンを打った医師に聞くと、

  「人によって違うが、ワクチン接種からだいたい2週間で中和抗体が出来る」と仰っていました。

  僕もあと2週間くらいすれば、新型コロナウィルスに対する抗体が出来るのだと思います。

   日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなくミクロネシアやアジア諸国などの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げればミクロネシアでは新型コロナウィルスの感染者数は1人です。台湾では15599人です。ブータンでは2500人です。ラオスでは5154人です。ベトナムでは117121人です。カンボジアでは74386人です。僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、ミクロネシアやアジア諸国の新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。

   東京オリンピックは開幕して、競技も始まっています。日本人選手もメダルを獲得しているようです。僕もオリンピックの競技の様子をテレビで見ています。僕も日本人選手の活躍に一喜一憂しています。

   しかしながら、テレビを見ていると、新型コロナウィルスに関するニュースが流れます。新型コロナウィルスに関するニュースが気になり、オリンピックの競技の中継を楽しめません。

   僕も含めてオリンピック中継を見ている人々は、オリンピックはいいものだと言うと思いますが、僕は東京オリンピックに莫大な費用を費やすなら、緊急事態宣言で生活に困っている人たちの支援にお金を回した方が良いと思います。

   何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

   新型コロナウィルスの感染拡大に伴う、不要不急の外出自粛、三密の回避、在宅ワークなどで家にいる時間が長く、テレビなどを見る時間も長く、多くの困窮している人々は、お金に困り、生活に窮している中、莫大な費用を費やして催されているオリンピック中継を家のテレビで見ていることになるのだと思います。なんとも不合理で、不条理な状態になっていると思います。生活に困窮している庶民のことを考えていない異常な事態が日本で現在進行しています。

   僕は個人的にはオリンピックが嫌いな訳でもないしオリンピックの選手は日々の練習を頑張っていて立派だと思いますが、多くの困窮した人々は、オリンピックに出られる訳でもないし、オリンピック選手のような運動能力は持っていないと思います。何故、そんな大きな運動会のようなことを大々的に催しているのか僕には不思議でなりません。そんな大きな運動会のようなものを開催するだけの大きなエネルギーがあるなら、その大きなエネルギーを新型コロナウィルス対策のために向けて、新型コロナウィルス対策に全身全霊をかけて全力投球で向き合い新型コロナウィルスを完璧に封じ込め、新型コロナウィルスを零封出来るようなことにその大きなエネルギーを向けた方が良いと思います。

   僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。感染拡大第5波のようです。

   722日のNHKのサイトの報道によると、京都大学の西浦教授のシュミレーションでは、東京都の新規感染者の増え方が現状の1.5倍より少ない1.3倍が続いたと仮定すると来月87日には13000人を超え、来月821日には5235人に上るとのことです。

   昨日、728日の時点で東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は3177人となり3000人を超えています。3000人の大台を超えて、この先、どこまで感染者数が増えるか分からない状態です。本当に4000人とか5000人とかの数字を超えてしまうかもしれません。

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、 東京都の1日の感染者数が2000人、3000人、4000人、5000人の大きな激しい感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3094人になっていのたでブログを書いておきます。

   以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3094人になった」

   ブログに載せます

2021年7月28日水曜日

「2回目のワクチン接種をしてきた」

 「2回目のワクチン接種をしてきた」

  僕は今日、新型コロナウィルスの2回目のワクチンを接種してきました。

  文京区小日向4丁目にある東京都社会福祉保健医療研修センターでワクチン接種をしてきました。

  1345分からの受付でしたが、家を1310分頃に出て、東京都社会福祉保健医療研修センターには1320分頃には着いていました。

   ワクチン接種会場は9階なのですが、1階のエレベーターの前では7.8人が列を作っていました。案内の人が、エレベーターに入れる人数だけ入れて、その後の人はしばらく1階でお待ちくださいとのことで、僕もエレベターの前で列を作って7.8分待っていました。

 しばらく待った後に、案内の人が9階に連絡して、上に上がっても良いとのことで、エレベターで9階に上がりました。

9階の受付で、ワクチン接種券、身分証明書(マイナンバーカード)を見せました。ワクチン接種券で、僕の名前を確認して、今日、ワクチン接種する人の名前の中の僕の名前を確認していました。

今日のワクチン接種が2回目とのことで、バインダーに挟んだ予診票を渡され、椅子に座って、予診票に必要事項を記入しました。

予診票に記入し終わると、係の人がやってきて、予診票をチェックしていました。

その後、バインダーに、予診票を挟んで、隣の部屋に入り、医師の問診を受けました。

 逆流性食道炎でタケキャブという薬を飲んでいると僕は言いました。

 医師の問診を受けた後に、ワクチン接種会場に入ります。

 ワクチン接種会場には椅子が並んでいて、多くの方々が椅子に座っていました。

 高齢の方々が多くいらっしゃいました、

  椅子に座って、予診票を挟んだバインダーを持って待っていると、ワクチンを打つ医師の方がやってきて、自分でポロシャツの袖を上げて、左腕にワクチンの注射をしました。

  ワクチン注射をした際の痛みはほとんどありませんでした。

  ワクチン注射を打った後にしばらく椅子に座って待っていると、係の方がやってきて、2回目のワクチン接種をしたことを証明するシールをワクチン接種券に貼り付けていました。

ワクチン接種をしたことを証明するシールを貼ったワクチン接種券は、大事に保管しておいてくださいと言われました。

 予診票にもワクチン接種のシールを貼っていました。

 僕が、ワクチン接種のシールを貼っている人に、ワクチン接種からどのくらいで免疫が出来るのですかと伺うと、案内の方は、ワクチンを打った医師の方に質問して、ワクチンを打った医師の方は、

 「人によって違いますが、中和抗体が出来るまで、だいたい2週間です」と言っていました。

僕は分かりましたと答えました。

ワクチン接種から15分くらい経って、案内の人に言われて、予診票を挟んだバインダーを出口で渡して、ワクチン接種会場を出ました。

  2回目のワクチン接種も手際よく、ワクチン接種が出来たと思います。

  今日は新型コロナウィルスの2回目のワクチン接種をしてきたのでブログを書いておきます。

 以上、「2回目のワクチン接種をしてきた」

  ブログに載せます。

「今日は精神科の診察に行って来た」

 「今日は精神科の診察に行って来た」

  僕は、今日は統合失調症の診察で、高田馬場にある精神科クリニックに行って来ました。

  診察では、僕は、

 「左目が緑内障と診断され、眼科に通院することになったので、昨日、文京保健サービスセンターに相談に行って来たら、生活福祉課を紹介され、生活保護の相談をしてきました。僕には貯金があるので生活保護は受けられないようです」

  と言いました。

  すると精神科の主治医は、生活保護をいずれ申請するのと仰っていました。

  僕はなんと答えて分かりませんでしたが、ハイと答えました。

  収入を得る仕事に就くのは難しいとも精神科の主治医は仰っていました。

 そのような診察をして、2ヶ月分の薬を処方されました。

 今日は精神科の診察に行って来たのでブログを書いておきます。

  以上、「今日は精神科の診察に行って来た」

 ブログに載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3045人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3045人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3045人になっていました。3000人の大台を超えています。

   昨日から19人増えたとのことです。文京区も気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は2848人でした。500人を上回り、2500人を超えました。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500人を上回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

   直近1週間の感染者数は人口10万人あたり88.63人で、25人を超えていて、ステージ4(感染爆発)相当になっています。

   東京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は203568人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は20万人を超えました。

   昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は7629人でした。7000人を上回りました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者も多く出ているようです。

   NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

  インドで最初に見つかった新型コロナウィルスが変異したインド株は感染力が非常に強く、日本でもインド株(デルタ株)による感染拡大が想定されているようです。新型コロナウィルス変異株、インド株による感染拡大に厳重に警戒することが必要だと呼びかけているようです。

   714日のNHKのニュースサイトによると、東京都ではインド株、デルタ株の感染者数が全体の感染者数の49%を占めているとのことです。今月末にはおよそ80%がインド株(デルタ株)になるとのことです。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は883766人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は88万人を超えています。88万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約0.6(おおまかに言えば160人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても33番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は15571)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は15165人となり、15千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

   重症者数は514人です。とても危険な状況になっています。

   2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

   東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

   3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

   東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

   6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から緊急事態宣言になりました。

   2回目の 緊急事態宣言が発令された当初は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は2848人でした。

   3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の一日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

   日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると726日の時点で1回目の接種を終えた人は4691万人を超えたとのことです。日本の全人口の約3690%が1回目のワクチン接種を終えたようです。2回目の接種を終えた人は3247万人を超えたとのことです。日本の全人口の約2554%が2回目のワクチン接種を終えたようです。

   報道を見ていると、ワクチン供給不足が起きていて、自治体で新規予約を停止する動きも出ているようです。

   菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明したようです。

   ワクチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

   NHKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

   僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

   僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるようなので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

   僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請をしました。

   618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

   僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

   2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の今日、728日の1345分から東京都社会福祉保健医療研修センターでします。

   日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなくミクロネシアやアジア諸国などの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げればミクロネシアでは新型コロナウィルスの感染者数は1人です。台湾では15582人です。ブータンでは2489人です。ラオスでは4985人です。ベトナムでは106347人です。カンボジアでは73701人です。僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、ミクロネシアやアジア諸国の新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。

   東京オリンピックは開幕して、競技も始まっています。日本人選手もメダルを獲得しているようです。僕もオリンピックの競技の様子をテレビで見ています。僕も日本人選手の活躍に一喜一憂しています。

  しかしながら、テレビを見ていると、新型コロナウィルスに関するニュースが流れます。新型コロナウィルスに関するニュースが気になり、オリンピックの競技の中継を楽しめません。

  僕も含めてオリンピック中継を見ている人々は、オリンピックはいいものだと言うと思いますが、僕は東京オリンピックに莫大な費用を費やすなら、緊急事態宣言で生活に困っている人たちの支援にお金を回した方が良いと思います。

   何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

   新型コロナウィルスの感染拡大に伴う、不要不急の外出自粛、三密の回避、在宅ワークなどで家にいる時間が長く、テレビなどを見る時間も長く、多くの困窮している人々は、お金に困り、生活に窮している中、莫大な費用を費やして催されているオリンピック中継を家のテレビで見ていることになるのだと思います。なんとも不合理で、不条理な状態になっていると思います。生活に困窮している庶民のことを考えていない異常な事態が日本で現在進行しています。

   僕は個人的にはオリンピックが嫌いな訳でもないしオリンピックの選手は日々の練習を頑張っていて立派だと思いますが、多くの困窮した人々は、オリンピックに出られる訳でもないし、オリンピック選手のような運動能力は持っていないと思います。何故、そんな大きな運動会のようなことを大々的に催しているのか僕には不思議でなりません。そんな大きな運動会のようなものを開催するだけの大きなエネルギーがあるなら、その大きなエネルギーを新型コロナウィルス対策のために向けて、新型コロナウィルス対策に全身全霊をかけて全力投球で向き合い新型コロナウィルスを完璧に封じ込め、新型コロナウィルスを零封出来るようなことにその大きなエネルギーを向けた方が良いと思います。

  僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。感染拡大第5波のようです。

   722日のNHKのサイトの報道によると、京都大学の西浦教授のシュミレーションでは、東京都の新規感染者の増え方が現状の1.5倍より少ない1.3倍が続いたと仮定すると来月87日には13000人を超え、来月821日には5235人に上るとのことです。

  昨日、727日の時点で東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は2848人となり、いつ3000人を超えてもおかしくない状況になっています。

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、 東京都の1日の感染者数が2000人、3000人、5000人の大きな激しい感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

  NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3045人になっていのたでブログを書いておきます。

  以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3045人になった」

  ブログに載せます

2021年7月27日火曜日

「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3026人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3026人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3026人になっていました。3000人の大台を超えました。

   昨日から14人増えたとのことです。文京区も気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は1429人でした。500人を上回り、1400人を超えました。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500人を上回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

   直近1週間の感染者数は人口10万人あたり78.13人で、25人を超えていて、ステージ4(感染爆発)相当になっています。

   東京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は200720人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は20万人を超えました。

   昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は4692人でした。4000人を上回りました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者も多く出ているようです。

   NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

   インドで最初に見つかった新型コロナウィルスが変異したインド株は感染力が非常に強く、日本でもインド株(デルタ株)による感染拡大が想定されているようです。新型コロナウィルス変異株、インド株による感染拡大に厳重に警戒することが必要だと呼びかけているようです。

   714日のNHKのニュースサイトによると、東京都ではインド株、デルタ株の感染者数が全体の感染者数の49%を占めているとのことです。今月末にはおよそ80%がインド株(デルタ株)になるとのことです。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は876138人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は87万人を超えています。87万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約0.6(おおまかに言えば160人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても33番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は15571)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は15153人となり、15千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

   重症者数は466人です。とても危険な状況になっています。

   2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

   東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

   3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

   東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

   6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から緊急事態宣言になりました。

   2回目の 緊急事態宣言が発令された当初は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は1763人でした。

   3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の一日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

  日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると720日の時点で1回目の接種を終えた人は4625万人を超えたとのことです。日本の全人口の約3638%が1回目のワクチン接種を終えたようです。2回目の接種を終えた人は3147万人を超えたとのことです。日本の全人口の約2476%が2回目のワクチン接種を終えたようです。

  報道を見ていると、ワクチン供給不足が起きていて、自治体で新規予約を停止する動きも出ているようです。

  菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明したようです。

  ワクチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

  NHKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

  僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

  僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるようなので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

  僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請をしました。

  618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

  僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

  2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の明日、728日の1345分から東京都社会福祉保健医療研修センターでします。

  日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなくミクロネシアやアジア諸国などの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げればミクロネシアでは新型コロナウィルスの感染者数は1人です。台湾では15571人です。ブータンでは2486人です。ラオスでは4762人です。ベトナムでは101173人です。カンボジアでは72923人です。僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、ミクロネシアやアジア諸国の新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。

  東京オリンピックは開幕して、競技も始まっています。日本人選手もメダルを獲得しているようです。僕もオリンピックの競技の様子をテレビで見ています。僕も日本人選手の活躍に一喜一憂しています。

しかしながら、テレビを見ていると、新型コロナウィルスに関するニュースが流れます。新型コロナウィルスに関するニュースが気になり、オリンピックの競技の中継を楽しめません。

僕も含めてオリンピック中継を見ている人々は、オリンピックはいいものだと言うと思いますが、僕は東京オリンピックに莫大な費用を費やすなら、緊急事態宣言で生活に困っている人たちの支援にお金を回した方が良いと思います。

  何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

   新型コロナウィルスの感染拡大に伴う、不要不急の外出自粛、三密の回避、在宅ワークなどで家にいる時間が長く、テレビなどを見る時間も長く、多くの困窮している人々は、お金に困り、生活に窮している中、莫大な費用を費やして催されているオリンピック中継を家のテレビで見ていることになるのだと思います。なんとも不合理で、不条理な状態になっていると思います。生活に困窮している庶民のことを考えていない異常な事態が日本で現在進行しています。

   僕は個人的にはオリンピックが嫌いな訳でもないしオリンピックの選手は日々の練習を頑張っていて立派だと思いますが、多くの困窮した人々は、オリンピックに出られる訳でもないし、オリンピック選手のような運動能力は持っていないと思います。何故、そんな大きな運動会のようなことを大々的に催しているのか僕には不思議でなりません。そんな大きな運動会のようなものを開催するだけの大きなエネルギーがあるなら、その大きなエネルギーを新型コロナウィルス対策のために向けて、新型コロナウィルス対策に全身全霊をかけて全力投球で向き合い新型コロナウィルスを完璧に封じ込め、新型コロナウィルスを零封出来るようなことにその大きなエネルギーを向けた方が良いと思います。

   僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。感染拡大第5波のようです。

   722日のNHKのサイトの報道によると、京都大学の西浦教授のシュミレーションでは、東京都の新規感染者の増え方が現状の1.5倍より少ない1.3倍が続いたと仮定すると来月87日には13000人を超え、来月821日には5235人に上るとのことです。

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、 東京都の1日の感染者数が2000人、3000人、5000人の大きな激しい感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3026人になっていのたでブログを書いておきます。

   以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3026人になった」

   ブログに載せます

2021年7月26日月曜日

「早稲田大学探検部とオリンピック」

 「早稲田大学探検部とオリンピック」

  東京オリンピックが開幕し、競技も行われ、日本人選手もメダルを獲得しています。

  僕は、早稲田大学時代は探検部というサークルに所属していましたが、早稲田大学探検部とオリンピックとはどんな関係があるのかなと思っています。

  登山とか川下りがスポーツ的な要素が強く、スポーツクライミングとかカヌーなどはオリンピックの競技になっています。

  僕が参加したインドブラマプトラ川川下りでも、参加者はメダルをもらったようだし、早稲田大学探検部の活動がスポーツ的な要素が強いことが分かります。

  一方で早稲田大学探検部では、文芸(本を書くことなど)や映像などの分野での創作活動も盛んで、文化的な活動もするのも早稲田大学探検部のようです。

  文化的な活動をしている早稲田大学探検部関係者からすると、早稲田大学探検部とは体育会ではなく、文連サークルだというかもしれません。

  実際に早稲田大学探検部とは体育会ではありません。

  早稲田大学探検部OBには直木賞作家がいたりして、知的で文化的な活動をするのが早稲田大学探検部のようです。

  早稲田大学探検部関係者内でも、オリンピックについて賛否両論があると思います。

  早稲田大学探検部時代に、登山でロッククライミングをしていたり、川下りで激流のラフティングをしていたような人間は、早稲田大学探検部の活動はスポーツ的な要素が強く、オリンピックに賛成している人間も多くいると思います。

  一方で、本を書いたりしているような連中は、オリンピックに反対している人間も多くいると思っています。

早稲田大学探検部とオリンピックについてブログを書いてみました。

以上、「早稲田大学探検部とオリンピック」

ブログに載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「健康診断の結果、悪玉コレステロールの値が高かった」

  「健康診断の結果、悪玉コレステロールの値が高かった」

  今日は先日受けた文京区の健康診断の結果を伺いに、逆流性食道炎の診察で通っている内科の病院に行って来ました。

  朝早く病院に行きましたが、病院は混んでいました。

  待合室でしばらく待って、僕の名前が呼ばれて、診察室に入りました。

  医師から、「具合はどうですか?」と尋ねられ、

  僕は、「胃の辺りが、気になります」と答えました。

  その後、胸の音、背中の音を聴診器で聴いて、健康診断の結果を見せられました。

  健康診断の結果では、悪玉コレステロールの値が高かったです。

  以前の健康診断でも悪玉コレステロールの値が高くて、悪玉コレステロールの値を下げる薬を飲んでいました。

  薬を飲んで、悪玉コレステロールの値が下がったので、薬を飲まなくても良くなっていましたが、再び、悪玉コレステロールの値が高くなっていました。

  悪玉コレステロール以外は、悪いところは無かったようです。

  僕が先日、眼科に検査に行き、緑内障と診断されたことを言うと、内科の先生は、電子カルテに緑内障と入力していました。

   緑内障は失明の恐れがあるからとも仰っていました。

  その後、僕は、昨年の9月に前立腺炎で入院していたので、前立腺はどうなのですかとも尋ねましたが、

  内科の先生は、「前立腺炎ですよね」と言って、大丈夫とも言っていました。

  内科の先生は、胃の薬、タケキャブを処方しようとしましたが、僕が今日は手持ちがないのですと言ってタケキャブは出してもらいませんでした。

  その後、受付で、健康診断の結果を渡されました。

  詳しい結果は自分で見て分かりました。

  今日は文京区の健康診断の結果を伺いに逆流性食道炎の診察で通っている内科の病院に行って来たのでブログを書いておきます。

以上、「健康診断の結果、悪玉コレステロールの値が高かった」

ブログに載せます。

 

 

 

 

 

 

 

文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3012人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3012人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3012人になっていました。3000人の大台を超えました。

   昨日から21人増えたとのことです。文京区も気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は1763人でした。500人を上回り、1700人を超えました。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500人を上回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

    直近1週間の感染者数は人口10万人あたり73.09人で、25人を超えていて、ステージ4(感染爆発)相当になっています。

   東京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は199291人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は19万人を超えています。

   昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は5020人でした。5000人を上回りました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者も多く出ているようです。

   NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

   インドで最初に見つかった新型コロナウィルスが変異したインド株は感染力が非常に強く、日本でもインド株(デルタ株)による感染拡大が想定されているようです。新型コロナウィルス変異株、インド株による感染拡大に厳重に警戒することが必要だと呼びかけているようです。

   714日のNHKのニュースサイトによると、東京都ではインド株、デルタ株の感染者数が全体の感染者数の49%を占めているとのことです。今月末にはおよそ80%がインド株(デルタ株)になるとのことです。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は871499人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は87万人を超えています。87万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約0.6(おおまかに言えば160人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても33番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は15558)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は15141人となり、15千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

   重症者数は448人です。とても危険な状況になっています。

   2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

   東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

   3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

   東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

  6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から緊急事態宣言になりました。

   2回目の 緊急事態宣言が発令された当初は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は1763人でした。

   3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の一日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

   日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると720日の時点で1回目の接種を終えた人は4458万人を超えたとのことです。日本の全人口の約35.07%が1回目のワクチン接種を終えたようです。2回目の接種を終えた人は2938万人を超えたとのことです。日本の全人口の約23.11%が2回目のワクチン接種を終えたようです。

   報道を見ていると、ワクチン供給不足が起きていて、自治体で新規予約を停止する動きも出ているようです。

   菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明したようです。

   ワクチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

   NHKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

   僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

   僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるようなので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

   僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請をしました。

   618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

   僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

   2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の728日の1345分から東京都社会福祉保健医療研修センターでします。

   日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなくミクロネシアやアジア諸国などの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げればミクロネシアでは新型コロナウィルスの感染者数は1人です。台湾では15558人です。ブータンでは2482人です。ラオスでは4620人です。ベトナムでは94913人です。カンボジアでは72104人です。僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、ミクロネシアやアジア諸国の新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。

   東京オリンピックは開幕して、競技も始まっています。日本人選手もメダルを獲得しているようです。僕もオリンピックの競技の様子をテレビで見ていますが、新型コロナウィルスに関するニュースが気になり、オリンピックの競技の中継を楽しめませんでした。オリンピック中継を見ている人々は、オリンピックはいいものだと言うと思いますが、僕は東京オリンピックに莫大な費用を費やすなら、緊急事態宣言で生活に困っている人たちの支援にお金を回した方が良いと思います。

   何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

   新型コロナウィルスの感染拡大に伴う、不要不急の外出自粛、三密の回避、在宅ワークなどで家にいる時間が長く、テレビなどを見る時間も長く、多くの困窮している人々は、お金に困り、生活に窮している中、莫大な費用を費やして催されるオリンピック中継を家のテレビで見ることになるのだと思います。なんとも不合理で、不条理な状態になっていると思います。生活に困窮する庶民のことを考えていない異常な事態が日本で現在進行しています。

   僕は個人的にはオリンピックが嫌いな訳でもないしオリンピックの選手は日々の練習を頑張っていて立派だと思いますが、多くの困窮した人々は、オリンピックに出られる訳でもないし、オリンピック選手のような運動能力は持っていないと思います。何故、そんな大きな運動会のようなことを大々的に催しているか僕には不思議でなりません。そんな大きな運動会のようなものを開催するだけの大きなエネルギーがあるなら、その大きなエネルギーを新型コロナウィルス対策のために向けて、新型コロナウィルス対策に全身全霊をかけて全力投球で向き合い新型コロナウィルスを完璧に封じ込め、新型コロナウィルスを零封出来るようなことにその大きなエネルギーを向けた方が良いと思います。

   僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。感染拡大第5波のようです。

   722日のNHKのサイトの報道によると、京都大学の西浦教授のシュミレーションでは、東京都の新規感染者の増え方が現状の1.5倍より少ない1.3倍が続いたと仮定すると来月87日には13000人を超え、来月821日には5235人に上るとのことです。

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、 東京都の1日の感染者数が2000人、3000人、5000人の大きな激しい感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3012人になっていのたでブログを書いておきます。

  以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が3012人になった」

  ブログに載せます

2021年7月25日日曜日

「松田和郎のこと」

 「松田和郎のこと」

  僕の早稲田大学探検部時代の同期生に松田和郎という人間がいます。

  現在では医師になっています。

  僕はFacebookで松田和郎と友達になっていますが、僕と松田和郎とは不思議な縁があります。

  松田和郎が現在の奥さんと知り合った学生時代の能のサークルに、僕の都立小石川高校時代のクラスの同級生谷口和彦がいます。

  僕が日本電波ニュースという会社で働いていた頃も、松田和郎の高校時代の同級生が2人いました。

  なんの偶然か分かりませんが、僕と松田和郎は、不思議な縁があります。

  お互いの高校時代の同級生とお互いが偶然出くわしています。

  類は友を呼ぶというのか、同じような思考の人間は、巡り会うのだと思います。

  現在も松田和郎はFacebookに多くの記事を書き投稿しています。

  記事は良質な記事が多く、ためになることも多く書いています。

  僕も現在では松田和郎の書いた記事を読んで勉強しています。

   Facebookで松田和郎の書いた記事を読んで、いいねしています。

 僕と松田和郎は何か不思議な縁があるのだと僕は思っています。

  以上、「松田和郎のこと」

  ブログに載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が2991人になった」

 「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が2991人になった」

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が2991人になっていました。

   昨日から21人増えたとのことです。文京区も気を引き締めて新型コロナウィルス対策をしていかなければならないと思っています。

   昨日の東京都の新型コロナウィルスの新規感染者数は1128人でした。500人を上回り、1100人を超えました。

   2回目の緊急事態宣言時は、東京都の新型コロナウィルスの感染者数が500人を切るまで緊急事態宣言を続ける方針だったようですから、昨日は緊急事態宣言解除基準の500人を上回ったようです。東京都では緊急事態宣言は620日に解除して、621日から、まんえん防止等重点措置に移行しました。政府は4回目の緊急事態宣言を712日から発令しました。

   直近1週間の感染者数は人口10万人あたり67.67人で、25人を超えていて、ステージ4(感染爆発)相当になっています。

   東京都の新型コロナウィルスの感染者数累計は197528人です。東京都の新型コロナウィルス感染者累計は19万人を超えています。

   昨日の日本全国での新型コロナウィルスの新規感染者数は3574人でした。3000人を上回りました。新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株という変異株のようです)による感染者も多く出ているようです。

   NHKのニュースサイトによると、新型コロナウィルスの変異株(インド株、デルタ株)の感染力は従来のウィルスの1.95倍になるおそれがあるようです。

   インドで最初に見つかった新型コロナウィルスが変異したインド株は感染力が非常に強く、日本でもインド株(デルタ株)による感染拡大が想定されているようです。新型コロナウィルス変異株、インド株による感染拡大に厳重に警戒することが必要だと呼びかけているようです。

   714日のNHKのニュースサイトによると、東京都ではインド株、デルタ株の感染者数が全体の感染者数の49%を占めているとのことです。今月末にはおよそ80%がインド株(デルタ株)になるとのことです。

   日本全体の新型コロナウィルスの感染者数累計は866429人となり、日本国内の新型コロナウィルス感染者数の累計は86万人を超えています。86万人の大台を超えています。

   日本の人口が12623万人とすると、日本人の約0.6(おおまかに言えば160人に1人ぐらい)が新型コロナウィルスに感染しているようです。

   世界的に見ても33番目に多い感染者数になっているようです。(台湾は15535)

   日本の新型コロナウィルスによる死者数累計は15137人となり、15千人を超えています。

   何度も同じことを書きますが、新型コロナウィルスによる死者数は阪神淡路大震災の死者数(6434人)を大きく上回る死者数になっています。東日本大震災による死者数が約2万2千人(震災関連死含む、ウィキペディアより)だったようですから、東日本大震災の死者数に迫る死者数になっています。本当に長期間にわたる災害のようなもので、長期間にわたり、大きな被害が出ているような状態だと思います。なんとか状況を改善しないと災害のような状況は改善されずに死者数も増えてしまうと思います。なんとか状況が改善されることを祈っています。

   重症者数は436人です。とても危険な状況になっています。

   2回目の緊急事態宣言が発令された際は感染拡大第3波になっていたようです。

   東京都では2回目の緊急事態宣言は321日に緊急事態宣言が解除されました。

   3回目の緊急事態宣言は425日から発令されました。感染拡大第4波になっていたようです。

   東京都の3回目の緊急事態宣言は425日から発令されて、620日までの緊急事態宣言でした。

   6月21日からはまんえん防止等重点措置に移行しました。まんえん防止等重点措置は711日まででした。712日から緊急事態宣言になりました。

   2回目の 緊急事態宣言が発令された当初は 東京都の一日の感染者数が500人程度になったら、緊急事態宣言を解除するとのことでしたが、2回目の緊急事態宣言が解除された頃は東京都の一日の感染者数は300人程度で推移していました。昨日は東京都の感染者数は1128人でした。

   3回目の緊急事態宣言は東京都では620日に解除されましたが、僕は620日の感染状況で緊急事態宣言を解除したら、緊急事態宣言解除後に新型コロナウィルスに対して警戒する人々の気持ちが緩み、再び東京都の一日の感染者数が増えていくことになると思っていました。僕は京大の西浦博教授の言っていたように東京都の一日の感染者数が100人を切るまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。できれば東京都の新型コロナウィルス感染症医療アドバイザーの大曲医師の言っていたように東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。徹底的に新型コロナウィルスを封じ込めるのが良いと思っていました。可能なら新型コロナウィルスを完璧に封じ込めて、新型コロナウィルスを零封出来るような人が政治のマウンドに上がり政治の世界で登板し、毎日、毎日、全身全霊をかけて全力投球で新型コロナウィルス対策にあたり、台湾のような新型コロナウィルス感染状況になれば良いと思っていました。

   日本全国での新型コロナウィルスのワクチン接種はNHKのサイトによると720日の時点で1回目の接種を終えた人は4458万人を超えたとのことです。日本の全人口の約35.07%が1回目のワクチン接種を終えたようです。2回目の接種を終えた人は2938万人を超えたとのことです。日本の全人口の約23.11%が2回目のワクチン接種を終えたようです。

   報道を見ていると、ワクチン供給不足が起きていて、自治体で新規予約を停止する動きも出ているようです。

   菅首相は、10月~11月までにワクチン接種希望者全員にワクチン接種をすると表明したようです。

   ワクチン接種により新型コロナウィルスに対する免疫を作り集団免疫(ウイルスや細菌などに対し、人口の一定以上の割合が免疫を持つと、感染者が出てもほかの人への感染が減って流行しなくなる「集団免疫」という状態になるようです。特設サイト新型コロナウィルスNHKより)の状態にして、感染状況を改善しようとしているようです。

   NHKのニュースサイトによると、「集団免疫」の状態にするには、全人口の7090%がワクチン接種により免疫を持つことが必要になるようです。

   僕の母は、69日に東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。副反応はありませんでした。2回目のワクチン接種は630日に同じ東京都社会福祉保健医療研修センターで行いました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。少しめまいのような症状もあったようです。2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。僕の父は、612日に文京シビックセンター、保健サービスセンターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した場所が痛いと言っていました。2回目のワクチン接種は、73日に同じ文京シビックセンター、保健サービスセンターで行いました。副反応は無いようです。父も2回目のワクチン接種からすでに2週間が経っています。

   僕は統合失調症で精神障害2級の精神障害者なので、基礎疾患者とされるようなので、高齢者のワクチン接種の後にワクチン接種を受けました。

   僕は基礎疾患を有する人のワクチン早期接種の電子申請をしました。

   618日にワクチン接種券が郵送されてきて、予約サイトでワクチン接種予約をしました.

   僕は、7月7日に、東京都社会福祉保健医療研修センターで1回目のワクチン接種をしました。ワクチンを注射した方の腕が少し痛かったですが、もう痛みはありません。

   2回目のワクチン接種は1回目から3週間後の728日の1345分から東京都社会福祉保健医療研修センターでします。

   日本人の中には日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米に比べて少ないことから、日本の新型コロナウィルス対策が欧米諸国にとってお手本になるものだと言っている人もいるようですが、日本が比較するべきなのは欧米諸国ではなくミクロネシアやアジア諸国などの新型コロナウィルス感染状況だと僕は思っています。例を挙げればミクロネシアでは新型コロナウィルスの感染者数は1人です。台湾では15535人です。ブータンでは2470人です。ラオスでは4342人です。ベトナムでは78269人です。カンボジアでは71244人です。僕は新型コロナウィルスの感染状況を欧米諸国と比較するのはやめて、ミクロネシアやアジア諸国の新型コロナウィルスの感染状況を見倣って、新型コロナウィルス対策を考えていくのが良いと思っています。同じことを何度も書きますが、僕は東京都の一日の感染者数が一桁になるまで緊急事態宣言を延長するのが良いと思っていました。

   東京オリンピックは開幕して、昨日から競技も始まっています。僕もオリンピックの競技の様子をテレビで見ていますが、新型コロナウィルスに関するニュースが気になり、オリンピックの競技の中継を楽しめませんでした。オリンピック中継を見ている人々は、オリンピックはいいものだと言うと思いますが、僕は東京オリンピックに莫大な費用を費やすなら、緊急事態宣言で生活に困っている人たちの支援にお金を回した方が良いと思います。

   緊急事態宣言下の東京オリンピックとは、緊急事態宣言下で生活に困窮している庶民のことを全く考えていないオリンピックだと僕は思います。

   何度も同じことを書きますが、多くの人たちは長期間の緊急事態宣言によりお金に困っているのだと思います。管総理は、困窮子育て世帯に子ども一人あたり5万円を給付すると表明したようです。社会福祉協議会で借りられる緊急小口資金については、返済時に住民税が非課税だった世帯は返済を免除すると表明したようです。緊急小口資金などの生活資金の特例貸し付けの総額は1兆円を突破したとのことです。生活困窮世帯には新たな給付金制度を設けて一世帯あたり最大30万円を給付する方向で調整しているようです。先日の報道によると、住民税非課税世帯を対象に110万円の現金給付を検討しているとのことです。政府の方針も分からないではないですが、僕は1回目の緊急事態宣言の時と同じように一律10万円の現金給付をした方が良いと思っています。僕は一律10万円の現金給付に賛成です。

    新型コロナウィルスの感染拡大に伴う、不要不急の外出自粛、三密の回避、在宅ワークなどで家にいる時間が長く、テレビなどを見る時間も長く、多くの困窮している人々は、お金に困り、生活に窮している中、莫大な費用を費やして催されるオリンピック中継を家のテレビで見ることになるのだと思います。なんとも不合理で、不条理な状態になっていると思います。生活に困窮する庶民のことを考えていない異常な事態が日本で現在進行しています。

   僕は個人的にはオリンピックが嫌いな訳でもないしオリンピックの選手は日々の練習を頑張っていて立派だと思いますが、多くの困窮した人々は、オリンピックに出られる訳でもないし、オリンピック選手のような運動能力は持っていないと思います。何故、そんな大きな運動会のようなことを大々的に催しているか僕には不思議でなりません。そんな大きな運動会のようなものを開催するだけの大きなエネルギーがあるなら、その大きなエネルギーを新型コロナウィルス対策のために向けて、新型コロナウィルス対策に全身全霊をかけて全力投球で向き合い新型コロナウィルスを完璧に封じ込め、新型コロナウィルスを零封出来るようなことにその大きなエネルギーを向けた方が良いと思います。

   僕はこれからの東京都の一日の新型コロナウィルスの感染者数にとても関心があります。政府は東京都に712日から822日までの4回目の緊急事態宣言発令を決めました。感染拡大第5波のようです。

   722日のNHKのサイトの報道によると、京都大学の西浦教授のシュミレーションでは、東京都の新規感染者の増え方が現状の1.5倍より少ない1.3倍が続いたと仮定すると来月87日には13000人を超え、来月821日には5235人に上るとのことです。

   712日からの4回目の緊急事態宣言ですが、 東京都の1日の感染者数が2000人、3000人、5000人の大きな激しい感染拡大第5波に日本がもろに突っ込んでいったら、日本国民の命を守るために日本政府がどのような舵取りをしていくか僕はとても関心があります。

   NHKの特設サイト新型コロナウィルスを見ていたら、文京区の新型コロナウィルスの感染者数が2991人になっていのたでブログを書いておきます。

   以上、「文京区の新型コロナウィルスの感染者数が2991人になった」

   ブログに載せます