2016年3月26日土曜日

「清楚で美しく優しい人は糧になる」



「清楚で美しく優しい人は糧になる」

僕が、以前、在籍していた、福祉施設運営の掲示板の書き込みをWordに落としてから、グーグルブロガーにアップして、書き込みを一つ一つTwitterを通じて紹介しています。

この掲示板での話題は、福祉関係のことを話題にする掲示板なので福祉関係の書き込みが多いようです。

僕もこの掲示板に書き込みをしていましたが、「郷に入れば郷に従え」で、僕もかなり、詳しく福祉関係のことを調べて、書き込みをしていました。

Twitterを通じて紹介した自分の書き込みを読んでいたらおもしろい書き込みがありました。

以下です。

今晩は、国士無双です。
今日のファーストのバケツリレーは大変だったようですね(^_^) ブルーアイズさんは、作業をしていらっしゃったようですが、ファーストのメンバーの 方、職員の方お疲れ様です。 レオンさんは相変わらず、強靭な体力で頑張っていますね(^_^) 国士無双も今日も忙しかったですが、何とか仕事乗り切りました。
ところで、本題ですが、セカンドの元職員で、所長さんも経験された、T職員さんが、お母様になられるのですか? ブルーアイズさん、本当に貴重な情報ありがとうございます。 T職員さんは、清楚で、美しく、そして優しく、セカンドのメンバーの皆さんから愛されて いらっしゃいました。 銀杏を退職され、ご結婚され、今年お母様になるというのは、銀杏20周年と何か縁が ありそうな出来事だと思います。 不思議なことにそのT職員さんに思いを寄せていたMさんが来週からファーストに通所するというのは奇妙なことだと思います。
国士無双は、銀杏には長くは在籍しませんでしたが、銀杏の職員の方には言葉に出 来ないような感謝と尊敬の念を持っています。 銀杏に在籍していた頃も、そうでしたが、社会に出て働いてみると、本当に銀杏の職員の方のような人はなかなかいらっしゃらないと思います。 仕事で、逃げ出したくなったときも、銀杏の職員さんのことを思い出して、あれだけお世話になったんだから、恩返しのためにも、頑張ろうという気持ちになりました。 国士無双は前向きに生きていこうと思っているので、過去のことは振り返らないように していますが、この掲示板にいつも書き込みしているということは、矢張り、過去も大切で、 人それぞれ、今の自分の糧になっているんだと思います。
国士無双の書き込みは、どうしても、堅苦しくなってしまいますが、性格的にそうなの でお許し下さい<m(__)m>
ではでは、明日は国士無双も公休日なので、音楽聴きながら、掲示板に書き込みして 仕事の事忘れ気分転換します。

この書き込みでは、僕が施設に在籍していた頃に大変お世話になった女性職員さんのことについて書き込みをしています。

掲示板の書き込み仲間の方が、元銀杏企画の職員だった女性の方がご結婚され、お母様になられたという書き込みがあり、僕もその書き込みに反応して、その女性職員さんについて書いています。

僕としては最大限の褒め言葉を使っています。

「清楚で美しく優しい」

という言葉を使っています。

僕とこの女性職員さんは、施設内で会話をしたこともあり、心の病気の僕と普通に話をしてくださった本当に優しい方でした。

僕が、

「仕事で、カンボジアに行ったことがある」

と話していたら、何か驚いた反応をしていたのを今でも覚えています。

書き込みでも書いていますが、清楚な感じで、美人の職員さんでした。

社会に出て働き出すと、かなりきつい職場が多かったので、福祉施設にいるような優しい、人は職場にはいないとも書いています。

多くの人が福祉施設に入りたがるのは、やはり職員さんを含め関係者の方が優しいからだと思います、

多くの職場では、心の病気だと言っても、労働力としてしか見てもらえない職場が多いのだと思います。

職場のことを考えるのも良いですが、昔、在籍していた、福祉施設の、

「清楚で美しく優しい」

女性職員さんのことを思い返すのも現在(いま)を生きる際の大きな糧になるのだと思いました。

以上、「清楚で美しく優しい人は糧になる」

ブログに載せます。







 

2016年3月25日金曜日

「神田川生活(一人暮らし)の頃の夫婦善哉会(めおとぜんざいの会)に見た向井先輩」

「神田川生活(一人暮らし)の頃の夫婦善哉会(めおとぜんざいの会)に見た向井先輩」

 以前、ブログに書きましたが、僕が神田川生活(一人暮らし)をしていた時に、僕が幹事をして、探検部のOB会「夫婦善哉(めおとぜんざい)=いいふうふの会」を開催しました。

 僕は早稲田大学探検部在籍中に、飲み会の幹事を務めることが多かったので、探検部の友人が結婚された際には、何かしら催しを行うことが多かったです。

 卒業してからも、探検部の人間はきちんと就職して結婚する人間が多く、ある人間が結婚された際に、僕が幹事になって、

「夫婦善哉(めおとぜんざい)=いいふうふの会」

を開催しました。

会の名前からは、夫婦(めおと)になった人間をぜんざいにして食べてしまう会とかを想像する方もいるかと思いますが、僕は、織田作之助の小説からこの会の名前を考えました。

会には同期の方が出席するのですが、やはり同期の人間だけではまとまりません。

幹事を務める僕も当時は一書店員で、到底僕の力では、個性派集団「探検部」をまとめることは出来ません。

そんな僕の胸中を察してか、先日もブログに書いた、向井先輩が

「夫婦善哉(めおとぜんざい)」の会に出席してくださいました。

向井先輩は後輩からの人望もあり、向井先輩が来て頂ければ、やはり飲み会もまとまります。

個性派集団の探検部の連中もM先輩の前では、きちんとまとまり、飲み会が荒れることもありませんでした。

僕が開催する飲み会は、日頃のストレスを発散させるような感じの飲み会が多いので、昔のように飲み会が荒れると困るなと内心、ビクビクしていたので、M先輩が来てくださって正直ほっとしました。

僕は自分の力量の無さを実感するとともに、やはり同期の人間をまとめるためには、先輩の力は欠かせないなあと痛感しました。

僕が神田川生活(一人暮らし)をしていた時に開催した「夫婦善哉(めおとぜんざい)の会」は向井先輩の力量を感じる「夫婦善哉(めおとざんぜい)」の会でした。

以上、「神田川生活(一人暮らし)の頃の夫婦善哉会(いいふうふの会)に見た向井先輩」

ブログに載せます。










2016年3月21日月曜日

「神田川生活(一人暮らし)のサッカーワールドカップフランス大会テレビ中継に見た向井先輩」

「神田川生活(一人暮らし)のサッカーワールドカップフランス大会テレビ中継に見た向井先輩」

 僕が神田川生活(一人暮らし)をしていた頃に、サッカーワールドカップフランス大会が開催されました。

 僕は一人暮らしをしていた部屋でテレビをつけて、サッカーワールドカップフランス大会を見ていました。

 どことどこのサッカーの試合を見ていたか覚えていませんが、テレビを見ていたら、僕の学生時代のサークルの先輩、向井先輩がレポーターとして出演していました。

 向井先輩のレポートは冷静で、的確でした。

 まさか、偶然つけたテレビの画面からM先輩の姿を拝めるとは夢にも思わなかったので、驚きました。

 サッカーワールドカップ自体がおもしろいこともありますが、そこに面識のある方が登場すると余計、驚きます。

 やはり、先輩方は、きちんとした仕事をされていると思いました。

 面識のある方が、テレビに登場すると、懐かしさとともに、自分も頑張ろうという気持ちになります。

 今でも、向井先輩はスポーツ関係のことに携わっているのだと思いますが、仕事で忙しいだろうなと想像しています。

 今年はリオデジャネイロオリンピックがありますから、リオオリンピック関連の仕事をされているのかなと思います。

 もう、レポーターとして登場することはないと思いますが、お体に気をつけてお仕事して頂きものだと思っています。

 僕の神田川生活(一人暮らし)の時の、サッカーワールドカップフランス大会テレビ中継に見た向井先輩のことをブログに書くとともに、現在の先輩のことも慮ってみました。

 以上、「神田川生活(一人暮らし)のサッカーワールドカップフランス大会テレビ中継に見た向井先輩」

 ブログに載せます。









 

 

 

 

2016年3月20日日曜日

「昔の友人と久しぶりに会いました」



「昔の友人と久しぶりに会いました」

 昨日は、学生時代の友人と久しぶりに会いました。

 学生時代に一緒にチベットに行った人間2人と、プラマプトラに行った人間との僕との4人で、久しぶりに会いました。

 場所は、早稲田大学文化圏の高田馬場でした。

 お店は、結構、有名な餃子屋さんで会食しました。

 3人の話を聞いてみると、仕事はしているようですが、プライベートで円満な家庭を築いている人間はいませんでした。

 離婚をしていたり、彼女もいなかったり、の人間ばかりでした。

 僕も、結婚もしていないし、彼女もいませんから自然と話しも合いました。

 「類は友を呼ぶ」という格言が当たっているのか、話していて全く、不快に感じませんでした。

 お互いに口から出てくる言葉は、

 「癒される」

 とか、

 「懐かしい」

 とか、

 の言葉で、何の気を遣うこともなく、会話も弾みました。

 誰が何の話をしようと、説教口調になる人間もいないし、

 4人で、お互いをフォローしながら、会話をしていました。

 最近、昔の知り合いと話すことが多く、見知らぬ人間と話すように、無用な意見の対立とかなくて、楽です。

 自分と意見が違っていても、

「そういう意見もあるよな」

とか、

一回、自分の中で、

I feel so。」

の感覚を持てば、コミュニケーションも円滑に進みます。

コミュニケーションをしていれば、情報交換にもなるし、自分の知らないことを新たに知ることも出来ます。

 会話の中で新しい発見が出来ます。

僕が苦手な人間のタイプに、自分の意見を押し付けてくる人間がいます。

 会って話をしても、人の話に耳を傾けずに、自分の意見を一方的に話すタイプの人間です。

 昔の友人とは学生時代の楽しい思い出を共有している人間同士なので、自然と会話も弾むのだと思います。

 久しぶりに昔の友人と会ってみて、心が解放されるとともに、意識も高揚しました。

 心の病気のリハビリで、リハビリのプログラムをこなすことも良いかもしれませんが、
 気心知れた友人と久しぶりに会うのも、良いことだと思いました。

以上、「昔の友人と久しぶりに会いました」

ブログに載せます。