2016年2月29日月曜日

「僕が障害者年金を受給できない訳」



「僕が障害者年金を受給できない訳」

 僕は障害者年金を受給できません。

理由は受給要件を満たしていないからです。

受給要件は、障害とみなされる病気の初診日の前の国民年金の納付が3/2以上であること。

初診日の一年以内の国民年金の手続きをしていることです。

僕も、病院に最初に診察に行く前は、早稲田大学探検部の南米の事件もあり、書店にアルバイトに来ていた後輩の心の病気のこともあり、精神的に参っていて、初診日の一年前は国民年金の納付免除の手続きをしていませんでした。

何でもかんでも探検部のせいにはしたくありませんが、国民年金の手続きも出来ない先輩を頼ってくる、後輩もどうかしていたと思います。

早稲田大学探検部の人間はきちんと会社で勤務している先輩もいるのだから、きちんと働いている先輩を頼っていただきたいと思いました。

僕の当時の精神的な負担は凄まじかったです。

早稲田界隈には、ろくに働いていないような探検部OBもいて、本当に気を遣いました。

僕の働いていた書店でアルバイトしたいと来た後輩も、何やら心を病んでいたようです。

発病した時に、僕の同期の友人に相談したら、

「後輩に心の病気をうつされたな」

と言われました。

早稲田大学探検部にはお世話になりましたが、下級生に恵まれないので、上級生である僕も、いつまで経っても、定職につけずに、お金も貯まりません。

国から障害認定を受けても、障害者年金ももらえません。

なんでもかんでも早稲田大学探検部のせいにはしたくありませんが、国から認定された障害者になっても、障害者年金を受給できない現在の僕の状況を考えると、僕は早稲田大学探検部に良い感情を持てません。

以上、「僕が障害者年金を受給できない訳」

ブログ載せます。












2016年2月28日日曜日

「ブログの通算ページビュー数が6万ページビューを超えました」



「ブログの通算ページビュー数が6万ページビューを超えました」

 今朝、パソコンを開いて、自分のブログのページビュー数を確認しました。
 ページビュー数が6万ページビューを超えていました。
投稿数は384でした。
2014年の2月から本格的にブログを書き始めていますが、当初は、ブログを書いても、ほとんどページビューがなく、先行きが暗澹たるものでした。
 何とか、思いついたこと、考えていること、昔話など、書いてきましたが、2年継続してブログを書いていると、ブログの書き方がだんだん身につきます。
 まず、最初にMicrosoft Wordに文章を書いて(打って)みる。
 書いた内容から、タイトルを考える。
 タイトルは、Twitterで公開した時にURLをクリックしていただけるようなタイトルにする。
 なるべく、1000文字を超えないような簡潔な内容にする。
 日々、生活している中で、ブログに書くようなことがあったら、メモしておく。
 (例えば、読んだ本、観たテレビ番組、聴いた音楽、etc.
 20142月から、何とかブログを書くことを習慣づけてきました。
 自分の考えていることを文章にまとめてみるだけで、かなり楽になります。
 他人からの嫌な言動があったときも、ブログに書けば、ストレス解消になることもあります。
 自分の心のなかで、いつまでもモヤモヤした感情をくすぶらせていると、精神衛生上良くありません。
 こんなこと書いたら、他人を傷つけるかなとか嫌われるかなとか思っていると、いつまでたっても良い子でいて、自分が苦しくなることもあるかと思います。
 良い子ほど、他人からの誹謗・中傷に弱いと思います。
 何か言われたら言い返せないような良い子は、他人からの良からぬ、言動に対して、ブログなりで、自分の感情を表現することも必要かもしれません。
 特に精神的にきつい時や、心が弱っているときは、他人の言動に対して、何ら対応できないこともあるかと思います。
 ネットを利用するのが良いかどうかは分かりませんが、自分でブログなりを書いてみれば、自分の考えていることもまとまるかと思います。
 いつまでも、他人から、変なことを言われたとか心の中にあると、自分の気持ちも整理できないと思います。
 僕のブログも、何か変なことを言われた時に自分の気持ちを整理するためにも大事なブログです。
 ページビュー6万ページビューを超えたので、これからも、自分の気持ちを吐き出せるようなブログにしていきたいと思っています。

以上、「ブログの通算ページビュー数が6万ページビューを超えました」

ブログに載せます。


 
 
 

 
 
 



 

 


2016年2月27日土曜日

「銀杏企画三丁目の掲示板、昔の書き込みは現在の自分への書き込み」



「銀杏企画三丁目の掲示板、昔の書き込みは現在の自分への書き込み」

新しいブログ、broggerikousien.comというブログを作って以来、「銀杏企画三丁目の掲示板の皆様の書き込みをブログにアップしています。

このネット掲示板は良し悪しがあるかと思いますが、自分の書き込んだ書き込みを読み返してみると、昔、書いていた書き込みは、現在の自分への書き込みだったのかなと思っています。

書き込み日は、2008年1月でした。

投稿タイトルは、「ブルーアイズさん焦らずに」です。

以下、僕が書いた、「銀杏企画三丁目の掲示板」への書き込みです。

今晩は、国士無双です。 
  このところ、寒くて、公休日はほとんど家で寝ているか、DVD観ているか、音楽聴いています。仕事の方は年始の忙しさが一段落しましたが、疲労が溜まっているのか、休日は 良く寝ています。さて、ブルーアイズさん、ご投稿拝見しましたが、ブルーアイズさんの持っている悩みは大抵の方が持っている悩みかもしれません。あのときこうしておけば良かった、失敗した、というのは国士無双も山ほどあります。しかし、過去はもう変えられません。前を向いて生きていかなくては、自分が苦しくなるだけです。国士無双も掲示板には前向きにと書き込みばかりしていますが、それは自分を叱咤する意味もあります。実際国士無双は若い頃の友人が夢に今で も煩雑に出てきます。もう仕事仲間の方が夢に出てきてもおかしくないのですが、いまだ、国士無双の深層心理には過去の記憶が深く刻み込まれているようです。朝起きると今日は仕事なんだから、変な夢を見てしまったと思いますが、夢は自分の力ではどうにもなりません。話は脱線してしまいましたが、何をするにももう遅いというのは、実は国士無双も非常に良く分かるのです。ただ、国士無双は、今は仕事で精一杯なので、余り深く考える余裕が無いという状態です。僭 越ですが国士無双が、ブルーアイズさんの立場だったら、全く同じ事を考え、やはり悩みは吹っ切れないと思います。昨年の今頃はブルーアイズさんは、清掃のお仕事をされ、この掲示板にも何ヶ月続 いたと投稿されていたと思います。あくまで推測ですが、また、お仕事始めれば、精神状態も変化されてくるような気がするんですが・・・国士無双の傲慢な意見ですが・・・  ブルーアイズさん、どうか、余り深刻になり過ぎず、体調が整えば、仕事探し、まだ、体調が不十分なら焦らず、行くのが良いのではないでしょうか?  僭越ですが、投稿させていただきます。


以上ですが、自分の書いていた書き込みを読み返してみると、現在の自分の状態に対しての書き込みでもあるなと思いました。

このブルーアイスさんという方が、なかなか仕事が見つからずに悩んでいらっしゃり、僕が、年下にも関わらず、アドバイスをしています。

ブルーアイズさんの持っている悩みは大抵の方が持っている悩みかもしれません。あのときこうしておけば良かった、失敗した、というのは国士無双も山ほどあります。しかし、過去はもう変えられません。前を向いて生きていかなくては、自分が苦しくなるだけです。(中略)何をするにももう遅いというのは、実は国士無双も非常に良く分かるのです。」

という部分は、当時の僕の精神状態を表していると思います。

特に僕の学生時代に友人は、多くがきちんと就職し、結婚して家庭を持っている方が多いので、自分の当時の境遇を考え、

「何をするにももう遅いというのは非常に良く分かるのです。」

と書き込んでいます。

僕の周りの人間は、仕事や家庭で忙しく、僕のことを考えてくれて、何かアドバイスをくれるような方はなかなかいません。

僕が、自分の精神状態とブルーアイズさんの当時の心境が重なったので、同じようなことで、悩んでいる、投稿者の方に対して、アドバイスのような書き込みを書いています。

僕が、昔の友人から、このような言葉を頂ければ良いなと当時は思っていたのだと思います。

僕が書いた8年前の書き込みは、現在の自分に対しても参考になる書き込みだったと思います。

以上、「銀杏企画三丁目の掲示板、昔の書き込みは現在の自分への書き込み」

ブログに載せます。