2016年2月5日金曜日

「神田川生活(一人暮らし)のVTR倉庫の引っ越しアルバイト」



「神田川生活(一人暮らし)のVTR倉庫の引っ越しアルバイト」

 僕が新宿区の書店で働きながら、一人暮らしていた頃、使っていたMacのノートパソコンのハードディスクをバックアップしたCDRを現在、使用しているWindowsPCで読めました。

 CDRを見ていると、 当時の状況が、昨日のことのように思い出されます。

 僕が一人暮らしをしていたのは、新宿区の戸山でした。

 藤尾潔さんというライターが「早稲田大学おもしろ話」に書いているように、家賃28千円の4畳半のおんぼろアパートに住んでいました。

 風呂はなし、トイレは共同トイレのアパートでした。

僕が神田川生活(一人暮らし)を時に、僕の学生時代に所属していたサークルの先輩が映像関係の会社に勤務していらっしゃり、会社の素材VTRの倉庫の引っ越しのアルバイトを依頼されたことがありました。

僕は、近所に住んでいた一緒にインド、プラマプトラ河川下りに行った、友人を誘って、映像関係の会社の素材VTRの倉庫の引っ越しのアルバイトをしました。

映像関係の会社だけあって、素材の分量もものすごい量で、引越し作業をするのは大変だったと記憶しています。

映像関係の会社に勤務している先輩は、有名な賞を受賞するなど、優れた、映像制作者の方でした。

先輩の指示に従って、引っ越し作業を行い、日当をいただきました。

引越し作業のあとは、お寿司をご馳走になり、ありがたかったです。

以上、「神田川生活(一人暮らし)のVTR倉庫の引っ越しアルバイト」

ブログに載せます。







0 件のコメント:

コメントを投稿