2016年6月30日木曜日

「茗荷谷のジンジャーエールの味」



「茗荷谷のジンジャーエールの味」

 先日、最近、僕が活動をしている地域である茗荷谷でジンジャーエールを飲みました。

 茗荷谷というくらいですから、もう少し早くジンジャーエールを飲んでいていても良かったのかなと思いますが、先日、初めて飲みました。

 茗荷谷界隈でジンジャーエールを飲める店は少ないようで、カフェにも置いてないし、ファミレスにも置いていないし、僕が入るような店にはジンジャーエールは置いていなかったです。

先日、思い切ってMOSバーガーに入ったら、メニューにジンジャーエールがあったので、注文して、ジンジャーエールを飲んでみました。

飲み心地は、炭酸飲料でありながら、炭酸が強くなくて、ジンジャー(しょうが)の風味が効いていて飲みごたえのある飲み物でした。

MOSバーガーでジンジャーエールを飲んでから、ネットでジンジャーエールについて調べてみました。

ジンジャーエールとは、カナダ人が作った飲料のようです。

僕も学生時代にカナダに行ったことがあり、カナダのバンクーバーとか、エドモントン、バンフなどの街にも行きました。

カナダは、森が多くてまるでカナダの人々は森の中に住んでいるようでした。

カナダの人々はナチュラリストの方が多くて自然と共生して生活している方も多くおおらかな感じの人が多かったような気がします。

探検・冒険活動をするにはうってつけの国で、ユーコン川、マッケンジー川など、大きな川もあるし、カナディアンロッキーもあります。

僕が学生時代にカナダに行ったときは、カナダでカナダドライジンジャーエールは飲まなかったと思いますが(ユーコン川川下り中にはハイネケンビールとか飲んでいたと思います)、ようやく、最近になって、地元の茗荷谷のMOSバーガーでジンジャーエールを飲みました。

僕は、インドのプラマプトラ川に川下りに行ったときに、川下り隊員報告として、「プラマの水の味」という感想のような報告を書いていて、自分が飲んだものの味について書くことはその後の人生でも多々ありました。

地元の茗荷谷で飲んだジンジャーエールの味は、炭酸とジンジャーの風味が効いていて、ハンバーガーをもう少し食べてみようかと言うような味がしました。

プラマプトラ川川下りの際に、プラマプトラ川に落ちた際に飲んだ、プラマプトラ川の川の水の味は何か恐怖感を感じさせる味でしたが、先日、地元、茗荷谷のMOSバーガーで飲んだジンジャーエールの味は、ジンジャー(しょうが)の風味が効いていて、なおかつ炭酸飲料で、水ではなく、ジンジャーの風味を効かせた炭酸飲料を良く考えて作っていて、食がすすむような味でした。

茗荷谷というくらいですから、みょうがをベースにした飲み物もあっても良いとは思いますが、茗荷谷のMOSバーガーにはしょうがをベースにした飲み物があったので、ジンジャーエールを飲みました。

みょうがとしょうがの見分け方はこちら→http://nanisore-club.com/myouga-syouga-6455

ミョウガが妹香で、しょうがが兄香というくらいですから、兄と妹の関係の例えになっているようです。

妹香(みょうが)の地、茗荷谷で兄香(しょうが)ベースの飲料を飲んだので、これからは僕も綺麗で美しいミョウガのような女性から頼りにされる偉い兄貴のような男になれることを目指して、奮闘していきたいと思いました。

以上、「茗荷谷のジンジャーエールの味」

ブログに載せます。



















2016年6月29日水曜日

「横浜中華街の行事の思い出 チャイナドレス」



「横浜中華街の行事の思い出 チャイナドレス」

 僕が、文京区の障害者福祉施設、銀杏企画セカンドに在籍していた頃に、横浜中華街を散策する行事がありました。

 横浜で、シーバスに乗ったり、中華街で中華料理を食べたりする行事でした。

 横浜の中華街は僕も行ったことはありましたが、福祉施設での横浜中華街散策も楽しかったです。

 中華街で、中華料理を食べることが一番の目的ですが、中華料理を食べる以外にも楽しいことが多くありました。

行事の中にあった、シーバスに乗っている時の、川からの眺めが良くて、さわやかな風を感じて、とても気分が良かったことを覚えています。

 心の病気の方々に社会復帰を促すのも良いことかと思いますが、心の病気が重い方には、社会復帰だけでなく、まずは、良い風景を見たり、さわやかな風を感じたりする経験も大事かと思います。

 横浜中華街の散策の行事は、心の病気の方々を癒してくださる行事だったと思います。

 横華中華街の行事の際に今でも覚えていることに、以前もブログに書いた、O職員さんの行動がありました。

僕が何故、O職員さんの行動を覚えているかと言うと、O職員さんが、横浜の中華街で、チャイナドレスを試着している様子を目撃してしまったからです。

 当時からO職員さんは、綺麗な美しい方で、施設利用者の僕から見てもとても魅力的な女性に見えていました。

 その、気になっていた、O職員さんが、横浜中華街で、チャイナドレスを試着している光景を目撃してしまったので、その光景は僕の記憶に残りました。

 現在でも、そのことを覚えているとは、強烈で印象的な光景だったのだと思います。

 心の状態が悪い時に見る、良い風景とか、さわやかな風とか、綺麗な美しい女性のチャイナドレスの姿とか、本当に心の病気を癒すには良いと思います。

 先日もブログに書きましたが、施設を利用するメンバーさんも良い時の職員さんの記憶を持ち続けたいものです。(現在でも良いと思いますが)

 僕が横浜中華街散策の際に目撃したO職員さんのチャイナドレスを試着している光景は僕の記憶の中に残り続けているのでその時の記憶で、綺麗で美しいO職員さんの記憶とさせていただきたいと思っています。

 僕の勘ですが、O職員さんは多分、男性女性を含めて多くのからかなりモテる方だと思います。

 僕が、障害者福祉施設に在籍していた頃の行事、横浜中華街散策で目撃したO職員さんのチャイナドレスの姿が強烈な印象として思い出に残っているので、ブログに書いておこうと思いました。

 以上、「横浜中華街の行事の思い出 チャイナドレス」

ブログに載せます。











2016年6月28日火曜日

「青春の影」



「青春の影」

 昨日、Facebookを見ていたら急にチューリップの「青春の影」という曲を思い出しました。

 「青春の影」は僕が早稲田大学探検部に所属していた頃に、仲間とカラオケに行き、仲間が歌っていた曲です。

 仲間の歌っている「青春の影」を聴いて以来、良い歌だなと思い、僕の心に残りました。

 昨日、チューリップの歌う、「青春の影」をYou tubeで検索して聴いてみましたが、今一つ、財津和夫さんの歌う「青春の影」がしっくりこずに福山雅治さんの歌う「青春の影」が今日、見つかったので聴いてみたところ、良い感じがしたので、Twitterにアップしてみました。

福山雅治さんの歌う「青春の影」は以下です。





財津和夫さんの歌う「青春の影」とは少し違うかもしれませんが、良い歌だと思いました。

♪君の心へ続く長い一本道は いつも僕を勇気づけた

 とてもとても険しく 細い道だったけど

 今君を迎えに行こう


という歌詞がとても良かったです。

 この曲を初めてカラオケ屋さんで聴いたときは、僕は学生で、将来はジャーナリストになるとか、息まいていた頃でした。

 カラオケ屋さんで、仲間の歌う「青春の影」を聴いて、良い歌だなと思うとともに、自分が行っていたサークル活動(早稲田大学探検部の活動)がすごくだらないものにも感じました。

僕は早稲田大学探検部で活動していても、登山中とか川下り中に仲間を助けることとか仲間に迷惑をかけないことばかり考えていました。

 早稲田大学探検部の活動が、ジャーナリスティックな活動にもなり、人の行かないところに行き、写真を撮ったり、文章にしてまとめたりするのも確かに多くのスキルが必要で、普通の人ではなかなか出来ない活動だと思いますが、早稲田大学探検部では、普通の人でも出来る活動も提示してみるとか出来ないのかなと感じてしまいます。

 まだ学生のうちは、変わったことをして、大人を驚かす、喜ばすとかいうのも分かりますが、ある程度年齢を経れば、早稲田大学探検部員だった方々も、普通の人生経験を積むものと思います。

 普通の人たちにも大変お世話になるはずですから、お世話になった恩返しで、普通の人たちにも出来るような探検・冒険活動を提示するとか出来ないのでしょうか?

例えば、「青春の影」に出てくる歌詞のように、普通に人を好きになって、その恋愛の道が登山の道や川下りの道と同じように、長い一本道でとても険しい道だとか提示するとか出来ないのかと思いました。

 福山雅治さんの「青春の影」を聴いていて、学生時代のカラオケ屋さんの光景が思い浮かび、歌っていた方も早稲田大学探検部員の方だったので、早稲田大学探検部の活動のことも考えてみました。

以上、「青春の影」

ブログに載せます。