2016年9月30日金曜日

「神田川生活の闖入者 その5 生きものの記録、川上宗薫」



「神田川生活の闖入者 その5 生きものの記録、川上宗薫」

 先日から、僕が神田川生活(一人暮らし)していた頃の闖入者(ちんにゅうしゃ=突然入って来た者)が良く来たので、その方々の様子をブログに書いています。

 今回の、第5弾は、早稲田大学探検部の僕と同期だったMさんの闖入について書いたみたいと思います。

Mさんの闖入は、闖入して来る前に高田馬場のおでん屋さんで、一緒に飲んでいて、終電がなくなり、僕のアパートに闖入してきました。

Mさんとおでん屋さんで飲んでいると、Mさんは僕に、盛んに、

「川上宗薫先生、川上宗薫先生」

と言ってきます。

川上宗薫さんのことを知らない方もいらっしゃると思うので、ウィキペディアを引用しておきます。

以下です。

 ↓



僕は、おでん屋さんの飲みでは、おもしろおかしく、飲んでいたかったので、Mさんの、

「川上宗薫先生」発言に対して、喜んで受け入れて、

「オレは将来は川上宗薫のような小説を書けるようになりたい」

と応えていたと思います。

Mさんは、高校時代に野球部に所属しており、早稲田大学探検部時代も本格派の部員の方でした。

僕は早稲田大学探検部時代にMさんを池袋の文芸座に連れて行ったことがあり、黒澤明監督の名作、「生きものの記録」をMさんに見せることをしたことがありました。

Mさんは現在ではご結婚されたと聞き及んでおります。

Mさんはなんでも本格志向の方だったので、早稲田大学探検部時代は僕の得意分野だった映画の世界で、「生きものの記録」をセレクトしてMさんに見せようとしていたのだと思います。

2011311日の東日本大震災以降、早稲田大学探検部OBの方が、「福島生きものの記録」という映画を撮り続けていらっしゃり、Mさんに早稲田大学探検部時代に、僕が黒澤明監督の「生きものの記録」を見せたことを急に思い出しました。

僕からMさんへのプレゼントは、黒澤明監督の名作、「生きものの記録」でしたが、Mさんから僕へのプレゼントは「川上宗薫先生」でした。

Mさんからすると僕が将来的に川上宗薫氏のような小説を書くようになると思っていたのだと思います。

Mさんは、高田馬場のおでん屋さんでの飲みが終わると、僕のアパートに闖入して来今度は、「新宿鮫」のような小説が読みたいとか言ってきました。

Mさんはとにかく本格志向の方で、本好きの方だったと思います。

そろそろ、Mさんの本格志向を実現して、何か本を書かれれば僕も是非、読んでみたいと思っています。

お仕事も大変で、ご結婚もされて、公私ともに大変だと思いますが、何か本を書かれれば、是非読んでみたいと内心思っています。

Mさんはもともと本格志向の方だったので、何か本を書かれれば良いなと内心思っています。

以上、「神田川生活の闖入者 その5 生きものの記録、川上宗薫」

ブログに載せます。


















2016年9月29日木曜日

「神田川生活の闖入者 その4 フレアーなスカート、小学校の卒業文集」



「神田川生活の闖入者 その4 フレアーなスカート、小学校の卒業文集」

 先日から、僕が神田川生活(一人暮らし)していた頃の闖入者(ちんにゅうしゃ=突然入って来た者)が良く来たので、その方々の様子をブログに書いています。

 今回の、第4弾は、早稲田大学探検部の僕の3つ下だったIさんの闖入について書いてみたいと思います。

 僕が神田川生活をしていて、全く、女気のない生活をしていた頃に、Iさんが闖入してきました。

 Iさんは僕のアパートに闖入してくると、僕と話をしました。

 「上原さん、フレアーなスカートを履いた女の子とかどうですか?」

と僕に尋ねてきました。

僕は話し相手が、早稲田大学探検部の後輩だったので、自分の心に嘘をついて、

「関心ない!」

と答えたと思います。

そして、僕は住んでいたアパートの部屋にあった、僕の小学校の頃の卒業文集をIさんにおもむろに見せたと思います。

僕の小学校卒業の際の僕の夢は、

「探検家になること」

だったので、早稲田大探検部の後輩のIさんに、小学校の卒業文集を読ませました。

Iさんは、僕の小学校の卒業文集を読むと、

「上原さん、部室に来てくださいよ。」

と頼んできました。

僕は、当時は一書店員だったので、到底、名門サークル「早稲田大学探検部の部室」に行く勇気がありませんでした。

僕の小学校の卒業文集には、小学校の頃、イギリスの探検家、スコットの話を読んで以来、探検家のような勇気を持つ人間になりたいというようなことが書かれていたと思います。

Iさんも僕の小学校の頃の子供の心に心を動かされたのだと思います。

20代の頃の男なら、探検家になることより、フレアーなスカートを履いた可愛い女の子と付き合ってみたいとか内心思っていると思いますが、僕は先輩風を吹かせて、強がって、僕の小学校時代の卒業文集をIさんに見せました。

自分の心に嘘をついて、先輩風を吹かせて、「探検」「探検」と言い続けていると、僕のようにいつまでたっても、彼女も出来ない人間になるようです。

現在の早稲田大学探検部の方々には、僕のような人間にはなってもらいたくないので、僕が神田川生活(一人暮らし)をしていた頃の、Iさんの闖入のことをブログに書いてみました。

以上、「神田川生活の闖入者 その4 フレアーなスカート、小学校の卒業文集」

ブログに載せます。