2016年9月14日水曜日

「心の病気の方々が、大きな恐怖を感じている」



「心の病気の方々が、大きな恐怖を感じている」

 今日のYahoo Japanのサイトを見ていたら、

【相模原殺傷事件】「優生思想の否定を」 障害者団体や学会が訴え(福祉新聞)

という記事がありました。

記事の中では、心の病気の統合失調症の方が、事件以来、恐怖で2週間、毎日、通院していらしたとか、眠剤を飲まないと眠れなくなったとか、事件に大きな恐怖感を持ったことが分かります。

容疑者が、精神障害だったとのことですが、同じく、精神障害とされる統合失調症の方が、大きな恐怖感を感じる、相模原市の事件だと思います。

事件が社会に与えた恐怖もありますが、心の病気の方々にも、大きな恐怖を与えてしまう事件だと思います。

多くの障害者と言われる方々が、大きな恐怖感を感じてしまう、相模原市の事件だと思いました。

以上、「心の病気の方々が、大きな恐怖を感じている」

ブログに載せます。










0 件のコメント:

コメントを投稿