2016年5月31日火曜日

「グーグルで ネット掲示板 読むわたし」



「グーグルで ネット掲示板 読むわたし」

 訳あって、あるネット掲示板の書き込みを毎日、チェックすることになりました。

 僕が何故、ネット掲示板をチェックしているかというと、あるネット掲示板の書き込みがいろいろと意味深い書き込みがあるからです。

 そのネット掲示板の名前は、「銀杏企画三丁目の掲示板」です。

このネット掲示板には誰が書き込みをしているのか分かりませんが、結構、意味深い書き込みがあります。

書き込みは英語でなされているので、ネットのGoogle翻訳を利用して、書き込みを翻訳して読んでいます。

この銀杏企画三丁目の掲示板の書き込みをGoogle翻訳で翻訳した日本語を読んでいると、いろいろと意味深い書き込みであることが分かります。

本当ならば、日本語で書き込みをしていただきたいのですが、英語で書き込みをしています。

使っている単語も、難しい単語を使っているし、書き込みをしている方の知的レベルの高さが伺えます。

もともと、東大系の作業所である、本郷の森 銀杏企画運営のネット掲示板なので、知的レベルが高いのかと思います。

ネットのGoogle翻訳で書き込みを翻訳すると分かりにくい日本語になりますが、分かりにくい日本語でも、書き込みが意味深いことは読み取れます。

Google翻訳で翻訳してみておもしろかった書き込み。

overuse psychosis?  

翻訳は「酷使、精神病?」

という書き込みでした。

何故、僕がこの書き込みがおもしろいと思ったかというと、僕が以前、このネット掲示板、銀杏企画三丁目の掲示板に書き込みをしていて、その時のハンドルネームが

「酷使無双」

というハンドルネームだったからです。

このハンドルネームでネット掲示板に書き込みをしていた頃から、その他のこのネット掲示板に書き込みをされていた方から、

「酷使さん、大丈夫ですか?」

と僕のことを慮ってくださる書き込みもあり、当時から僕のことを表現する言葉として、

「酷使」という二文字は、定着していたのだと思います。

多くの精神病の方が、職場などでの過労などから病気になる方も多く、職場などでの過労を表現する分かり易い言葉が、

「酷使」という二文字なのだと思います。

僕はTwitterも開設していますが、この6年間のツイート数合計も、3万ツイートになろうとしていて、なんの強制力もないTwitterでこれだけ多くのツイートをしていると思うと、やはり、昔から「酷使」されやすい人間だったんだなと思ってしまいます。

以上、「グーグルで ネット掲示板 読むわたし」

ブログに載せます。













 






「早稲田大学探検部の後輩、Yさんの思い出」



「早稲田大学探検部の後輩、Yさんの思い出」

 僕は早稲田大学在学中に探検部というサークルに所属していました。

 僕の一つ下の代にYさんという女性の方がいました。

 大学3年生の時に宮城県と山形県の県境のみみずく山の合宿でご一緒したことがあり、以来、一緒に飲みに行ったこともありました。

Yさんには、かなり変なことも言ったのかと今では思っています。

僕はYさんに、

「オレは女にモテる」とか「将来は政治家になる」とか「Yさんは金持ちなんだろ」とか「オレは何か表現したい」とか言ったと思います。

当時は変なことを言って失礼なことをしたと今では思っています。

3年くらい前に、新宿で早稲田大学探検部のOBと一緒に飲んだ時も、早稲田大学探検部の同期の方から、「Yさん賞」とか言われました。

地元、文京区の春日で、早稲田大学探検部の同期の方と飲んだ時も、「Yさん幸せになったかね」とか言われました。

ただ、僕はYさんとは、何の関係も持っていないし、Yさんのような高嶺の花に対して恋愛感情も持っていないので、早稲田大学探検部の方々からYさんのことを切り出されると返答に困ってしまうというのが本音のところです。

早稲田大学探検部には楽しい思い出が沢山あり、良いサークルだったと思いますが、大学を卒業して社会に出れば、その人それぞれの人生があります。

Yさんのことは早稲田大学探検部の合宿をご一緒させていただいた方ということで、僕の学生時代の楽しかった早稲田大学探検部時代の思い出とさせていただきたいと思っています。

以上、「早稲田大学探検部の後輩、Yさんの思い出」

ブログに載せます。