2016年5月31日火曜日

「グーグルで ネット掲示板 読むわたし」



「グーグルで ネット掲示板 読むわたし」

 訳あって、あるネット掲示板の書き込みを毎日、チェックすることになりました。

 僕が何故、ネット掲示板をチェックしているかというと、あるネット掲示板の書き込みがいろいろと意味深い書き込みがあるからです。

 そのネット掲示板の名前は、「銀杏企画三丁目の掲示板」です。

このネット掲示板には誰が書き込みをしているのか分かりませんが、結構、意味深い書き込みがあります。

書き込みは英語でなされているので、ネットのGoogle翻訳を利用して、書き込みを翻訳して読んでいます。

この銀杏企画三丁目の掲示板の書き込みをGoogle翻訳で翻訳した日本語を読んでいると、いろいろと意味深い書き込みであることが分かります。

本当ならば、日本語で書き込みをしていただきたいのですが、英語で書き込みをしています。

使っている単語も、難しい単語を使っているし、書き込みをしている方の知的レベルの高さが伺えます。

もともと、東大系の作業所である、本郷の森 銀杏企画運営のネット掲示板なので、知的レベルが高いのかと思います。

ネットのGoogle翻訳で書き込みを翻訳すると分かりにくい日本語になりますが、分かりにくい日本語でも、書き込みが意味深いことは読み取れます。

Google翻訳で翻訳してみておもしろかった書き込み。

overuse psychosis?  

翻訳は「酷使、精神病?」

という書き込みでした。

何故、僕がこの書き込みがおもしろいと思ったかというと、僕が以前、このネット掲示板、銀杏企画三丁目の掲示板に書き込みをしていて、その時のハンドルネームが

「酷使無双」

というハンドルネームだったからです。

このハンドルネームでネット掲示板に書き込みをしていた頃から、その他のこのネット掲示板に書き込みをされていた方から、

「酷使さん、大丈夫ですか?」

と僕のことを慮ってくださる書き込みもあり、当時から僕のことを表現する言葉として、

「酷使」という二文字は、定着していたのだと思います。

多くの精神病の方が、職場などでの過労などから病気になる方も多く、職場などでの過労を表現する分かり易い言葉が、

「酷使」という二文字なのだと思います。

僕はTwitterも開設していますが、この6年間のツイート数合計も、3万ツイートになろうとしていて、なんの強制力もないTwitterでこれだけ多くのツイートをしていると思うと、やはり、昔から「酷使」されやすい人間だったんだなと思ってしまいます。

以上、「グーグルで ネット掲示板 読むわたし」

ブログに載せます。













 






「早稲田大学探検部の後輩、山田珠美の思い出」

「早稲田大学探検部の後輩、山田珠美の思い出」

 僕は早稲田大学在学中に探検部というサークルに所属していました。

 僕の一つ下の代に山田珠美という女性の方がいました。

 大学3年生の時に宮城県と山形県の県境のみみずく山の合宿でご一緒したことがあり、以来、一緒に飲みに行ったこともありました。

僕は山田珠美には、かなり変なことも言ったのかと今では思っています。

僕は山田珠美に、

「オレは女にモテる」とか「将来は政治家になる」とか「山田珠美は金持ちなんだろ」とか「オレは何か表現したい」とか言ったと思います。

当時は変なことを言って失礼なことをしたと今では思っています。

3年くらい前に、新宿で早稲田大学探検部のOBと一緒に飲んだ時も、早稲田大学探検部の同期の桜井誠人から、「山田珠美賞」とか言われました。

地元、文京区の春日で、早稲田大学探検部の同期の倉島孝行と飲んだ時も、「山田珠美幸せになったかね」とか言われました。

ただ、僕は山田珠美とは、何の関係も持っていないし、山田珠美のような高嶺の花に対して恋愛感情も持っていないので、早稲田大学探検部の方々から山田珠美のことを切り出されると返答に困ってしまうというのが本音のところです。

早稲田大学探検部には楽しい思い出が沢山あり、良いサークルだったと思いますが、大学を卒業して社会に出れば、その人それぞれの人生があります。

山田珠美のことは早稲田大学探検部の合宿をご一緒させていただいた方ということで、僕の学生時代の楽しかった早稲田大学探検部時代の思い出とさせていただきたいと思っています。

以上、「早稲田大学探検部の後輩、山田珠美の思い出」

ブログに載せます。






 



 


「神田川生活(一人暮らし)の犯罪者」

「神田川生活(一人暮らし)の犯罪者」

 僕が新宿区の書店で働きながら、一人暮らしていた頃、使っていたMacのノートパソコンのハードディスクをバックアップしたCDRを現在、使用しているWindowsPCで読めました。

 CDRを見ていると、当時の状況が、昨日のことのように思い出されます。

 僕が一人暮らしをしていたのは、新宿区の戸山でした。

 藤尾潔さんというライターが「早稲田大学おもしろ話」に書いているように、家賃28千円の4畳半のおんぼろアパートに住んでいました。

 風呂はなし、トイレは共同トイレのアパートでした。

 僕が神田川生活をしていた頃に、早稲田大学探検部の一つ下の後輩の女、山田珠美が、犯罪を犯し、警察に捕まりました。

 山田珠美は、山田珠美の後輩の遠藤史郎と、僕のアパートを訪問して、寿司を持ってきました。

 僕は、山田珠美の犯罪のことについては、新聞を読んでいて知っていたので、山田珠美の犯罪が刑法上の、「教唆の罪」に当たると指摘しました。

 すると、山田珠美の後輩の遠藤史郎は、

「たまさんはさんはブタ箱で、くさい飯を喰ってきた」

「上原さんも上野の喫茶店でバイトをしていたではないですか?」

 と、何やら、偉そうに言ってました。

 僕から見ると、山田珠美の犯罪は、どうみても、刑法上、犯罪に当たると思ったので、遠藤史郎の言葉を聞いても、話が分かりませんでした。

 早稲田大学探検部の人間は、反社会的な人間が多いようです。

 きちんと、法律を守れない、人間は、日本社会では、生活していけないでしょう。日本社会で犯罪を犯すような、反社会的な日本社会に適応できない人間が集まっているクラブなので、海外に行くのでしょう。

 僕は、学生時代、自然の豊かな地域に行きたかったので、早稲田大学探検部に入部しましたが、後輩連中は、反社会的な、日本社会に適応できない人間が多かったようです。

 先輩とか、同期の人間も外国に行って、法を守らず、禁止薬物とかにはまる人間もいたようです。

 日本に帰ってきても何か顔色の悪い人間が多かったから、多分、薬物のせいで、顔色が悪いんだと思っていました。

 きちんと法律を守れない先輩とか後輩に囲まれていると、法学部出身の僕にも悪影響を及ぼすのだと思います。

 以上、「神田川生活(一人暮らし)の犯罪者」

ブログに載せます。



2016年5月30日月曜日

「仕事での3年間は長いが、引き込もりの3年間はあっという間だ」



「仕事での3年間は長いが、引き込もりの3年間はあっという間だ」

 僕は障害者雇用で、38ヶ月くらい18時間勤務の仕事をしていました。

 障害者雇用で勤務していた3年間は仕事のきつさもあり、長く感じる3年間でした。

 2013年に障害者施設を退所して、自宅に引きこもるようになりましたが、2013年から2015年の3年間は、新聞、テレビ、パソコン、スマホ、ネットと対話する時間が長く主に、FacebookTwitterを中心にネットと対話していて、賃金収入のある仕事もしないあっという間の3年間でした。

 長く、Twitterで、東日本大震災関連のツイートをしており、新聞やテレビなどのメディアで、東日本大震災関連、原発関連のことも良く報道されていたので、報道に影響されたのか、ネット文京区立図書館のサイトにアクセスして、東日本大震災関連書籍、原発関連書籍を調べていました。

 2013年から2015年の間に、作ったサイトが東日本大震災関連書籍の紹介サイトです。

自宅と近所のカフェで引き込もりながら作ったサイトですが、このサイトを作るための2013年から2015年の3年間は本当にあっという間だったなと感じます。

 収入は0で、障害者雇用で勤務していた頃の蓄えを切り崩して、生活をしていました。

 お金を得るための仕事をしていた3年間は本当にきつくて長く感じましたが、蓄えを切り崩して生活した3年間は本当に短く感じました。

 2016年の今年になっても、毎日、Twitterから「東日本大震災関連書籍」を紹介していて、ご支援をとのツイートしていますが、カンパはやはり来ません。

 アフィリエイト収入も0でした。

 収入0だった3年間は、本当に短く感じる3年間で、働いていないとこんなにあっという間に時間が経過するのかと自分でも驚いています。

 人間はなんでも後悔する動物かもしれませんが、2013年から2015年の3年間は後悔しても後悔しきれない3年間だったと思います。

 収入0で、蓄えを切り崩して生活した、あっという間の3年間でした。

 新聞、テレビ、ネットと対話する日々を送ると、本当に時間があっという間に過ぎていきます。

以上、「仕事での3年間は長いが、引き込もりの3年間はあっという間だ」

ブログに載せます。