2017年2月27日月曜日

「ブログを開設して6年が経ちました」



「ブログを開設して6年が経ちました」

今日は227日です。

僕がこのブログを開設したのが、2011年の227日でした。

2011227日のブログは以下のようなブログでした。

2011227日日曜日

都内小散歩
今日は8時に起きて、都内を散歩。自宅から本郷三丁目まで歩き、マックでグリドル食事。その後秋葉原まで歩く。秋葉原に前に私の勤めていた会社の店舗があるので覗いていて見る。店員さんに古いマックがあるか尋ねるときちんと調べて下さり感謝。残念ながら無い。その後、御茶ノ水、神田明神、サッカー通りを歩いて本郷三丁目に戻り、バスに乗り茗荷谷へ。いつものサンマルクカフェで関東学院大学ラグビー部を日本一に導いた春口監督のルポ「強いだけじゃ勝てない」を読了。その後池袋に向かう。バスの中で松井一代の「超整理・収納術」を読了。部屋の整理の参考になった。池袋の家電量販店でI phoneについて聞くが、店員の技が凄く退散。でも欲しいな。今日は暖かく散歩するには良い気候。3月3日にハイキングするので体力を付けておこう。

以上のようなブログでした。343文字のブログでした。

その後、2011年の311日に東日本大震災が起きてしまい、TwitterからGoogleリーダーによる、東日本大震災関連の情報を流すことに終始し、ブログを再開したのが、2014年の2月でした。

2011311日の東日本大震災がなければ、僕も、地道にありきたりなことを書く、普通のブロガーになっていたと思います。

未曾有の大震災で、ブログの内容も、福島原発事故に関することとか、文京区の放射能汚染に関することも書いています。

如何に、2011311日に起きた東日本大震災関連が大きな出来事だったかが分かります。

ブログを開設してから6年が経ちましたが、今までに書いてきた文章も引っ張り出して、ブログにアップしてきました。

読んでもつまらないことも多いかと思いますが、ほとんど自己満足で書いているブログなのであっさりと読んでいただければ幸いです。

ブログタイトルだけは、“Don’t give up”と良い言葉を使っていますが、最近は僕も内面では多くのことをあきらめています。

なるべくブログタイトルにふさわしい内容のブログを書きたいと思っていますが、置かれている状況の厳しさなどから、ブログタイトルにふさわしい内容のブログがなかなか書けません。

僕が多くのことをあきらめている限り、ブログタイトルにふさわしい内容のブログは書けないと思い、内心、悩んでいます。

何とか、ブログタイトルにふさわしい内容のブログを書けるように内面だけでも変化させていかれれば良いと思っています。

ブログ開設6年が経ち、現在の僕の置かれている状態の厳しさ、東日本大震災の影響の大きさなどについてブログを書いてみました。

以上、「ブログを開設して6年が経ちました」

ブログに載せます。










2017年2月26日日曜日

「昼間からTwitterをやっている人間が、東京で普通に働いている人に対して、つべこべ文句を言えるのか?」

「昼間からTwitterをやっている人間が、東京で普通に働いている人に対して、つべこべ文句を言えるのか?」

 僕は、現在、週6日、文京区の神田川沿いにあるお店で働いています。

 毎日、朝6時ごろに起きて、規則正しい生活をしています。

 毎朝、起きてから、朝日新聞を読むので、「東日本大震災関連」の記事があるとツイートをしています。

 記事の内容にかかわりのありそうな本があると、紹介しています。

 その後、仕事が終わってから、神田川沿いの様子を定点観測して、月曜日から金曜日までは、

「震災本を 集めて早し 神田川」 今日の神田川沿い、朝早くから製本屋さんが仕事の準備をしていました。

とのツイートをしています。

 土曜日と日曜日は、

「震災本を 集めて早し 神田川」 今日の神田川沿い、朝早くからフリークライミングのジムが扉を開けてジムの準備をしていました。

とのツイートをしています。

僕も普通のアルバイトの人間なので、月曜日から金曜日までは、普通に仕事の準備をしている製本屋さんの風景、土曜日と日曜日は、レクリエーションにもなる、フリークライミングのジムの風景をツイートしています。

僕は早稲田大学在学中に、早稲田大学探検部というサークルに所属していたので、早稲田大学探検部関係者が、新聞社や出版関係の仕事をされていることを知っています。

というわけで、僕は、新聞社の新聞記事を良くツイートしています。

また、早稲田大学探検部関係者が、本も良く出版されているので、早稲田大学探検部関係者が関心を持ちそうな、「東日本大震災関連」の本もツイートしています。

ツイートをした後に締めになる句として、

松尾芭蕉の、奥の細道に出てくる、

「五月雨を 集めて早し 最上川」

を真似て詠んでいる、

「震災本を 集めて早し 神田川」

を詠むことにより、Twitterを締めています。

僕は、現在は朝しか働いていないので、昼間もTwitterを見ることが出来ます。

早稲田大学探検部関係者が、昼間から良くツイートをされていて、本当に暇なんだろうなと思っています。

ツイートの内容も、普通に昼間働いている人をけなすような内容のツイートをしていて、普通に昼間働いている人に敵意を持っていることがツイートを読んでいると分かります。

何か、仕事に役立つようなツイートをしているなら良いのですが、東京の悪口とか、普通に働いている人の悪口とか、読んでいて不快になるツイートも多いです。

昼間からTwitterをやっている人間が、昼間、普通に働いている人間の悪口ばかりツイートしていると、この人おかしいんじゃないかと思ってしまいます。

早稲田大学探検部関係者の中には、極度に東京に敵意を持っていたり、東京で働いている人間に対して敵意を持っている人間がいるようです。

僕は東京で生まれて、東京で育っているので、東京の風景が日常の風景です。

僕には東京の日常の風景を詠むことしか出来ません。

早稲田大学探検部関係者の方々が、地方出身者の方々も多くて、自分の原風景が、地方にある方も多いのかと思いますが、昼間からTwitterなどやらずに、

「郷に入れば郷に従えで」

東京で生活するなら、東京で昼間、普通に働いている方々の風景を見ていただきたいと思っています。

以上、「昼間からTwitterをやっている人間が、東京で普通に働いている人に対して、つべこべ文句を言えるのか?」

ブログに載せます。







2017年2月25日土曜日

「鎌仲ひとみさんがTwitterをしている限り、早稲田大学探検部は早稲田大学原発問題研究会になってしまう」

「鎌仲ひとみさんがTwitterをしている限り、早稲田大学探検部は早稲田大学原発問題研究会になってしまう」

 僕は、早稲田大学在学中にアウトドア系の名門サークルと言われる早稲田大学探検部に在籍していました。

 早稲田大学探検部在籍中には、登山をしたり、川下りをしたり、アウトドアの活動が出来て本当に楽しかったし、充実した学生時代を過ごすことが出来た、良いサークルだったと思います。

 6年以上前に、Facebookを開設して、早稲田大学探検部の3つ下の人間と友達になって以来、鎌仲ひとみさんという人間が早稲田大学探検部のOBにいることを知りました。

 以来、自分でネットで調べて、鎌仲ひとみさんがTwitterを開設していることを知り、毎日のように、Twitterをチェックしています。

 ほとんどのツイートは、福島原発事故に関するツイートで、鎌仲ひとみさんのTwitterを見ていると、福島原発事故に詳しくなります。

 というわけで、僕も、福島原発事故に詳しくなりました。

 ここ6年くらいの、鎌仲ひとみさんのTwitterのチェック活動により、僕はかなり福島原発事故、原発の歴史に詳しくなりました。

 鎌仲ひとみさんのTwitterを見ていると、早稲田大学探検部だった人間もいつの間にか「早稲田大学原発問題研究会」の人間になってしまうようです。

 登山とか、川下りの技術的なレベルを上げて、事故も起きないようにスキルをアップするのが早稲田大学探検部だった人間の使命のような気もしますが、鎌仲ひとみさんのTwitter活動によって、早稲田大学探検部だった人間は「早稲田大学原発問題研究会」の人間のようになってしまうようです。

 良き先輩に恵まれれば、現役部員も、良い活動が出来るだろうし、政治的、思想的バックボーンがある先輩に巡り合うと、早稲田大学探検部も政治的、思想的なサークルに堕ちるようです。

 現役の早稲田大学探検部の方々が鎌仲ひとみさんのTwitterをチェックしているのか分かりませんが、くれぐれも、「早稲田大学原発問題研究会」にはならないように気を付けた方が良いと思います。

 以上、「鎌仲ひとみさんがTwitterをしている限り、早稲田大学探検部は早稲田大学原発問題研究会になってしまう」

ブログに載せます。







2017年2月24日金曜日

「早稲田大学探検部関係者は、原発の問題に対してきちんとご自分の意見を表明する方が良い」



「早稲田大学探検部関係者は、原発の問題に対してきちんとご自分の意見を表明する方が良い」

 僕はここ6年くらい、東日本大震災関連のツイートをし続けています。

 そもそも、僕が東日本大震災に関わり始めたのは、早稲田大学探検部OBの高野秀行氏に千葉県浦安市と、福島県いわき市への災害ボランティアに連れって行ってもらって以来、東日本大震災に関わるようになりました。

 その後も、早稲田大学探検部関係者は、東日本大震災、福島原発事故のことについて関心を持ち続けていらっしゃるように思われます。

 多くのOBの方々が、ご自分の原発に対する意見も表明されています。

 ご自分の意見を主張することは良いことだし、本とかを出すことも良いことだと思います。

 その他の早稲田大学探検部関係者の方々も、原発に賛成か、原発に反対か、ご自分の意見を表明した方が良いと思います。

 原発に賛成するなら、きちんと何故、原発に賛成なのかを書いていただきたいと思います。

 原発に反対なら、何故原発に反対するのかを書いていただきたいと思います。

きちんとした見解を書かれれば、僕も読んでみたいと思います。

 鎌仲ひとみさんを代表に、早稲田大学探検部関係者の方々が、原発の問題にとても関心を持っていることは僕には分かります。

 原発に反対でも賛成でも、きちんと何を根拠にご自分の意見を持たれているのかを表明していただきたいと思います。

 ご自分の意見をきちんと書いたうえで、ご自分の書いたことに従って、僕にカンパなりのご支援をするとかを判断されれば良いと思います。

 僕がTwitterをしていることを知っている早稲田大学探検部関係者の方々は多いと思います。

 福島原発事故に非常に関心のある早稲田大学探検部関係者の方々ですから、きちんとご自分の福島原発事故に関する見解をブログにでも新聞記事にでも、本にでも、論文にでも書かれれば、僕も時間のある時に是非読んでみたいと思います。

 ご自分の見解を書かれた上で、僕の毎日、行っているTwitterでの活動にカンパなりのご支援をする気持ちになってくるかもしれません。

 これだけ多くの情報を提供しているので、僕の活動に何かしらの支援をする気持ちになる早稲田大学探検部関係者の方々も少なからずいるかと思います。

 きちんと、ご自分の福島原発事故に関する見解を書かれた上で、僕にカンパなりの支援を頂ければ幸いです。

 自分の開設しているブログを借りて、早稲田大学探検部関係者の方々はご自分の福島原発事故に対する意見を表明された方が良いことについて書いておきます。

以上、「早稲田大学探検部関係者は、原発の問題に対してきちんとご自分の意見を表明する方が良い」

ブログに載せます。