2017年2月6日月曜日

「トランプ大統領と原発」



「トランプ大統領と原発」

 昨年から、今年にかけて、アメリカ大統領選のことが話題になりました。

 アメリカ大統領選では、トランプ氏が当選しました。

 日本のメディアも盛んにトランプ大統領のことについて報じています。

 僕が日本のメディアのトランプ大統領のことについての報道で欠落していると思う点は、トランプ大統領と原発に関しての報道です。

アメリカ大統領選では、民主党のクリントン氏と共和党のトランプ氏が争いましたが、「原発」問題に関しては、トランプ氏もクリントン氏も「原発」に賛成していました。

民主党のサンダース氏が「原発」に反対していましたが、クリントン氏に敗れました。

この時点で、僕はアメリカ大統領選に関心がなくなりました。

日本のメディアの報道も、「原発」問題とアメリカ大統領選を考えている報道はほとんどなく、関心が失せました。

日本は、アメリカの同盟国というか、属国といっても良い状態になっていると思います。

アメリカが「原発」政策を推進すれば、日本も、脱原発はしないと思います。

そのような論点で、アメリカ大統領選を報じている日本のメディアがなかったので、アメリカ大統領選の報道を見ていても関心が湧きませんでした。

トランプ氏がアメリカ大統領に就任してからも、大統領令のこととかの報道で、トランプ氏の政策と、「原発」の問題を絡めて報じているメディアはありません。

日本がアメリカと同盟国である限り、アメリカ大統領の、「原発」に対しての方針には逆らえないと思うし、日本の与党、自民党の中に「反原発」「脱原発」を掲げている方がいても、自民党のトップが、アメリカ大統領に逆らえないので、アメリカ大統領に就任したトランプ氏が、「原発」に反対しない限り、日本も「原発」政策を止められないと思います。

そのような論点で、アメリカ大統領に就任したトランプ氏について報じているメディアがなかったので、日本メディアのトランプ氏大統領就任に関しての報道を見ていても関心が湧きませんでした。

トランプ氏の日本での福島原発事故に対する認識も含めて、もう少しメディアで、

「トランプ大統領と原発」

に関して報じていただきたいというのが僕の意見です。

以上、「トランプ大統領と原発」

ブログに載せます。











0 件のコメント:

コメントを投稿