2017年2月24日金曜日

「早稲田大学探検部関係者は、原発の問題に対してきちんとご自分の意見を表明する方が良い」



「早稲田大学探検部関係者は、原発の問題に対してきちんとご自分の意見を表明する方が良い」

 僕はここ6年くらい、東日本大震災関連のツイートをし続けています。

 そもそも、僕が東日本大震災に関わり始めたのは、早稲田大学探検部OBの高野秀行氏に千葉県浦安市と、福島県いわき市への災害ボランティアに連れって行ってもらって以来、東日本大震災に関わるようになりました。

 その後も、早稲田大学探検部関係者は、東日本大震災、福島原発事故のことについて関心を持ち続けていらっしゃるように思われます。

 多くのOBの方々が、ご自分の原発に対する意見も表明されています。

 ご自分の意見を主張することは良いことだし、本とかを出すことも良いことだと思います。

 その他の早稲田大学探検部関係者の方々も、原発に賛成か、原発に反対か、ご自分の意見を表明した方が良いと思います。

 原発に賛成するなら、きちんと何故、原発に賛成なのかを書いていただきたいと思います。

 原発に反対なら、何故原発に反対するのかを書いていただきたいと思います。

きちんとした見解を書かれれば、僕も読んでみたいと思います。

 鎌仲ひとみさんを代表に、早稲田大学探検部関係者の方々が、原発の問題にとても関心を持っていることは僕には分かります。

 原発に反対でも賛成でも、きちんと何を根拠にご自分の意見を持たれているのかを表明していただきたいと思います。

 ご自分の意見をきちんと書いたうえで、ご自分の書いたことに従って、僕にカンパなりのご支援をするとかを判断されれば良いと思います。

 僕がTwitterをしていることを知っている早稲田大学探検部関係者の方々は多いと思います。

 福島原発事故に非常に関心のある早稲田大学探検部関係者の方々ですから、きちんとご自分の福島原発事故に関する見解をブログにでも新聞記事にでも、本にでも、論文にでも書かれれば、僕も時間のある時に是非読んでみたいと思います。

 ご自分の見解を書かれた上で、僕の毎日、行っているTwitterでの活動にカンパなりのご支援をする気持ちになってくるかもしれません。

 これだけ多くの情報を提供しているので、僕の活動に何かしらの支援をする気持ちになる早稲田大学探検部関係者の方々も少なからずいるかと思います。

 きちんと、ご自分の福島原発事故に関する見解を書かれた上で、僕にカンパなりの支援を頂ければ幸いです。

 自分の開設しているブログを借りて、早稲田大学探検部関係者の方々はご自分の福島原発事故に対する意見を表明された方が良いことについて書いておきます。

以上、「早稲田大学探検部関係者は、原発の問題に対してきちんとご自分の意見を表明する方が良い」

ブログに載せます。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿