2014年11月30日日曜日

「恋愛塾」 新語・流行語大賞からの恋愛論  「逆壁ドン」のすすめ



「恋愛塾」 新語・流行語大賞からの恋愛論  「逆壁ドン」のすすめ

 最近、文京区界隈を良く散歩しています。
文京区内には学校が沢山あります。
高校生などの会話を盗み聞きしていると、面白い会話を耳にします。

先日、耳にした言葉、「壁ドン」

今年の新語・流行語大賞の候補の一つに入っているらしいです。

早速、ネットで調べてみました。

Naver まとめは以下です。


女子の願望に自分がひそかに思いを寄せている男子からの「壁ドン」があるようです。

「壁ドン」をして欲しい憧れの対象にもならないような、全くモテナイ男子もいると思います。

僕もその一人です。

そこで、考えたのが、「逆壁ドン」

自分がひそかに思いを寄せている女性に、「逆壁ドン」をしてもらうシチュエーションを何とか作る方法を考えるとか良いのではないかと思います。

特に、障害を持っている人は、なかなか、異性からの恋愛対象にならないと思います。

自分の姿をさらけ出して、自分のダメぶりをきちんと伝えて、

「逆壁ドン」のシチュエーションになんとか持って行くとか、いろいろと方法はあると思います。

「のび太」君のように、しずかちゃんに「逆壁ドン」をしてもらうキャラもあります。

僕も「のび太」くん型のオタクですが、なかなか、異性の恋愛対象にならない男子にも、
「逆壁ドン」という最後の一手があります。

医療関係者とか、福祉関係者とかの恐そうな女の人はなるべく避けて、「しずかちゃん」型の優しそうな、女子に思いを寄せて、

「逆壁ドン」のシチュエーションに持って行くとか、工夫すればいろいろと方法があると思います。

昔、「電車男」という映画がヒットしましたが、オタク系の男子の恋愛術でした。

オタク系の弱気な障害者にも、「逆壁ドン」などの、恋愛術があります。



以上、 「恋愛塾」 新語・流行語大賞からの恋愛論、「逆壁ドン」のすすめ。

非常にくだらない内容ですが、ブログに載せます。


















2014年11月29日土曜日

「東京2区(文京区・中央区・台東区)選挙戦始まる」



東京2区(文京区・中央区・台東区)選挙戦始まる

僕は東京都文京区に住んでいます。
衆院選の選挙区は東京2区です。


僕が子供の頃は選挙区は東京8区で、様々な政治家の方が東京8区から衆院選に立候補していました。
政治家の名門鳩山家のサラブレッド、鳩山邦夫氏。
叩き上げと言われた自民党の深谷隆司氏。
共産党書記長、金子満広氏。

この3者による、東京8区での衆院選選挙戦は、毎回、三国志のような、面白い選挙戦をしていました。

当選する人は2人。

2つの議席のために物凄い選挙戦が行われていました。

現在では、かつてほどの激しい選挙戦はあまりみかけらなくなりましたが、

今回の衆院選でも、三国志のような選挙戦が行われるのでしょうか?

昨日、近所の駅前を歩いていたら、日本共産党から立候補する、石沢のりゆきさんのチラシをいただきました。

いよいよ、地元でも選挙戦はスタートしたようです。

さっそく、ネットで調べましたが、石沢のりゆきさんのTwitterのフォローワーさんは149人でした。

その他、東京2区から立候補する方々のTwitterアカウントを調べました。

自民党の辻清人さん、718

民主党の中山義活さん、Twitterのアカウントを発見できませんでした。

維新の会 大熊利昭さん、1436人。

東京2区の選挙区は、もともと、保守的な有権者が多いと、ウィキペディアに出てました。

保守的な雰囲気で、Twitterなどは、小馬鹿にされるのでしょうか?

昨今、ネット選挙と盛んに言われますが、結局、Twitterのフォローワーさんの人数と、有権者の投票行為はあまり関係なく、きちんと職業として、政治活動を行っている、職業政治家に有権者は投票するようです。

そもそも、政治活動、勉強会などで、忙しく、つぶやく暇もないのかもしれません。

Twitterなどの、ネットの政治活用が地元で行われるのは当分先かも知れないと思いました。

以上、「東京2区(文京区・中央区・台東区)」選挙戦始まる

くだらない内容ですがブログに載せます。









2014年11月27日木曜日

「勉強出来る男子は大抵、スポーツマンにコンプレックスを持っている。」



勉強出来る男子は大抵、スポーツマンにコンプレックスを持っている。

僕の学校時代の経験も踏まえて、ブログを書いてみます。僕の学校時代の経験からは、ガリ勉型の勉強の出来る男子は、大抵、スポーツ万能の男子にとてつもないコンプレックスを持っているものでした。
学校の勉強、塾での勉強で、有名な大学に進むことを希望する男子も沢山いましたが、
学校内では、若年寄りのような、眼鏡をかけたガリ勉型の男子は、あまり好まれるものではありませんでした。
人気があるのは、僕の頃は野球が上手い男子。
小学校の頃から、地元の野球クラブに入って、少年野球とかに励んでいる男子も沢山いました。
野球少年たちの一番の夢は甲子園。
日本に生まれた男子は収容人数5万人以上の甲子園を人生の最高の舞台にしたいと思うのは僕の子供の頃はごく普通のことだったと思います。
Twitterに例えれば、甲子園でプレーすると、高校生でありながら、フォローワーさんが5万人程度いることになります。
僕が高校生の頃の同世代の一番のスターは甲子園で大活躍した、PL学園の、清原、桑田でした。
この二人は、高校一年生の時から、甲子園に出場し、5大会連続で甲子園に出場して、物凄い活躍をしてました。
清原の甲子園でのホームラン量産は、まさに怪物。
桑田の投球も、憎たらしかったですが、今から思い返すと、超高校級。

この二人を軸にした、高校野球は、同世代にとって過激な刺激であり、憧れの対象であり、憎しみの対象でした。

ガリ勉型の男子が沢山集まるような、勉強が出来る進学校では、高校時代に高校球児のような派手な活動も出来ず、真面目に勉強に励んでいます。

大学に行っても勉強。

社会に出ても勉強。

進路を選択した段階で、勉強をすることが、運命づけられてます。

お遊び程度で、スポーツ関係の部活動に入ったりしますが、成績は、せいぜい、都大会止まり。

結局、自分の向いている、勉強の道に進むことになる人間が大半です。
学校時代の経験から、子供たちは様々な優越感、劣等感を持ち、育ちます。

僕の学校時代の経験から、勉強が出来る男子は大抵、スポーツ万能の男子にコンプレックスを持っているというのは、経験則の一つです。

甲子園という、Twitterで例えるなら、5万人程度のフォローワーがいる、物凄い舞台がある、高校球児たちにはとてつもなく大きな目標があります。

野球で敵わない人は、勉学に励む人も沢山いると思います。

その後の人生で、こつこつと自分のキャパシティを広げて、フォローワーを増やしていく人間も沢山いるかと思います。

人それぞれ、自分の得意な方向があると思います。

自分の向いている方向を見つけて、生きていければ、生きやすいんだろうなと最近、思ってます。

以上、「勉強出来る男子は大抵、スポーツマンにコンプレックスを持っている。」

くだらない内容ですが、ブログに載せます。