2016年4月25日月曜日

「マスメディアの弊害」



「マスメディアの弊害」

 僕の家にはテレビがあります。

 テレビは大抵の家庭にあり、多くの方がテレビを見ていると思います。

 特に、子供たちにとっては、テレビは大きな娯楽で、テレビのアニメなどを見て、学校で話をする子供も多いと思います。

 僕も子供の頃はテレビ番組の話を学校で話したものでした。

 僕の子供の頃のテレビのチャンネル数は7チャンネル。

 NHK総合、NHK教育、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、東京12チャンネルでした。

 小学校の時の友達とはNHKの番組の話を良くしたものでした。

 「歴史への招待」とか「新日本紀行」、「大河ドラマ」などの話をしていました。

 それが中学校に行くと、当時、大ヒットした、「3年B組金八先生」とかの話をするようになります。

 自分たちの中学校での生活を「3年B組金八先生」のドラマのように思い描く人も多くいたと思います。

 高校に行くと、映画を見ている人間とも出会います。

 僕のクラスの人間は、「蒲田行進曲」とかを観ていて、銀ちゃんの世界に憧れている人間もいました。

 中学校、高校の頃は、みんな自分がどれだけ強いかとかを競い合う季節ですから、強い世界に憧れるのだと思います。

 僕も、高校生の頃、「宮本武蔵」とか「竜馬がゆく」とか夢中になって読んでいたので、僕も強さに憧れていたのだと思います。

 僕は高校時代に大学受験に失敗して、浪人生活を送ることになりました。

 浪人時代に、ある書物に出会います。

 「老子」です。

 浪人時代に、「老子」を良く読んでいました。

 「老子」に出てくる一節に、

 「天下水より柔弱なるはなし」

 が、あります。

 意味のわかならない方は、ネットでも図書館でも良いから、この一節の意味を調べていただきたいと思います。

 僕が浪人時代に心に留めた言葉がこの老子の一節です。

「天下水より柔弱なるはなし」

(水は低きに流れる。)

現代の政(まつりごと)を司る方々も、肝に銘じておいた良い言葉だと思います。

この言葉で、僕がどれだけ救われたか分かりません。

テレビを含めたマスメディアは、流行に敏感で、大衆受けする番組を制作するものです。

僕は中学校の時や高校の時に本当にテレビ番組とかの影響力が大きく嫌でした。

浪人中に、学校から離れ、一人で勉強していると、自分の好きな本を読めたので良かったです。

中央区の図書館で、丸山健二とか三好徹とかの本を読んでいました。

老子も読めたし、浪人中は一人の時間が持てて、自分の好きな本を読めた貴重な時間でした。

テレビメディアは影響力が大きくて、人間関係を作る際のお手本のようにもなりますから、少し危険だと思います。

先日も大学時代の友人と会った時も、大学時代に放映されていたドラマ、「ふぞろいの林檎たち」の話が出ました。

「ふぞろいの林檎たち」の中では、僕は柳沢慎吾の役だったようです。

三枚目を演じようとするととてもむずかしいです。

笑いを取らなくてはいけないし、人々に癒やしも与えなくてはなりません。

もうそろそろ、三枚目の役作りから卒業したいところですが、二枚目役はどう考えても無理なので、三枚目役、脇役を演じることになります。

「ふぞろいの林檎たち」のなかの柳沢慎吾の役を演じるのはとても大変なので、「3B組金八先生」や「蒲田行進曲」なども含めた、テレビメディア、マスメディアの弊害について考えてみました。

以上、「マスメディアの弊害」

ブログに載せます。














2016年4月24日日曜日

「ネットでブログばかり読んでいると本が読めなくならないか?」



「ネットでブログばかり読んでいると本が読めなくならないか?」

 昨年から、自分のパソコンを使ってグーグルで検索して、ネット上のブログなどを良く読んでいます。

 ネットには実に様々なブログなどがあり、こういう意見もあるのかと思いながら読んでいます。

 多くの人がTwitterやブログなどで、自分の意見を表明するのは悪くないと思いますが、パソコンやスマートフォンなどでブログなどばかり読んでいると、本が読めなくならないかと心配になってしまいます。

 一冊の本には物凄い労力がかかっている本もあり、物凄い労力がかかっている本を読むためには、読む側も労力がかかるものです。

 ネットで検索したブログなどを読んでいると、気軽にブログを読めるのは良いのですが、ネットばかり徘徊するあまり、物凄い労力のかかっている本を読む力がなくなっていくような気がしてしまいます。

 簡単に専門用語などを検索できるのは便利ですが、本を読みながら辞書を引くとかの作業が出来なくなるのではないかと心配になってしまいます。

 これだけネット社会になるとなんでもかんでもネットで検索して、調べ物をするようになるのかと思いますが、やはり、一つの問題を調べるためには、ネットだけではおぼつかないような気がします。

 図書館なり、書店なりで、自分の調べている問題に関する本などを読まないときちんと問題を調べることにはならないと思います。

 Amazonで、電子書籍をダウンロードするのも良いのかもしれませんが、Amazon Kindleにない本も沢山あります。

なんでもかんでも端末を利用して調べるのではなく、自分で図書館に足を運んだり、書店街に足を運んだりして、本を調べる作業も大切だと思います。

 ネットで何から何まで調べようとするのは、やはり、足りない部分が生じてくると思います。

 一冊の本をきちんと通読してみないと分からないことも沢山あると思います。

 ネットにあるブログなどを読んでいると、一冊の本をきちんと読む力が落ちないのかなと思いブログに書いてみました。

 以上、「ネットでブログとかばかり読んでいると本が読めなくならないか?」

ブログに載せます。




2016年4月23日土曜日

「ブロガー移行支援.comのTwitterアカウントのフォロワーさんの数が300を超えていました」



「ブロガー移行支援.comTwitterアカウントのフォロワーさんの数が300を超えていました」

 本日、2月18日から新しく作ったブログ、ブロガー移行支援.comTwitterアカウント@broggerikousienのフォロワーさんの数を確認したら、300になっていました。

 200くらいまでは、こちらからもフォローをかけて、フォロワーさんを増やしていましたが、その後は、こちらからはフォローをかけていません。

 書き込みの紹介ツイートを見て、このアカウントをフォローしている方もいるのだなと思います。

 フォローしてくださっても、書き込みをきちんと読んで下さる方はあまりいらっしゃらないと思いますが、せっかくTwitterアカウントを作ったので、やはりフォローワーさんが増えると嬉しいものです。

 少しずつでも、フォローワーさんが増えていけば良いなと思っています。

 以上、「ブロガー移行支援.comTwitterアカウントのフォロワーさんの数が300を超えていました」

ブログに載せます。