2016年2月9日火曜日

「神田川生活(一人暮らし)の心の病気」(統合失調症)



「神田川生活(一人暮らし)の心の病気」(統合失調症)

僕は30歳の頃心の病気にかかり、国から障害認定されました。
心の病気になった原因は、僕が学生時代に所属していたサークル「早稲田大学探検部」の部員が、南米のアマゾン川に川下りに行き、現地の人間に殺害された事件がきっかけでした。
僕は当時、早稲田のアパートに住んでいて、自分で、探検・冒険関連データベースを作っていました。

そんな時に、探検部員が南米で殺害される事件が起きました。
僕のアパートにも、探検部OBから連絡が入りました。

以来、眠れなくなり、近所の精神科に行ったところ、睡眠導入剤を処方され、しばらく通院していました。服薬し始めて、しばらくすると、幻覚が現れ、主治医に相談したところ、精神分裂病と診断され、障害者手帳が給付されました。

精神分裂病(統合失調症)については、名前は聞いたことはありましたが、まさか自分が精神分裂病になるとは夢にも思っていなかったので、僕の精神的ショックは計り知れないものがありました。

心の病気で障害認定されて以来、アパートは引き払い、実家に戻りました。

早稲田大学探検部の大事件が、僕の心の病気を誘発したようです。

早稲田大学探検部にはお世話になりましたが、南米の事件以来、僕は早稲田大学探検部の人間を避けるようになりました。



以上、「神田川生活(一人暮らし)の心の病気」(統合失調症)

ブログに載せます。


0 件のコメント:

コメントを投稿