2016年3月7日月曜日

「紹介漏れは無かった」



「紹介漏れは無かった」

 先日のブログで、グーグルブロガーにアップした、「東日本大震災」「原発」関連書籍の紹介活動で、1冊紹介漏れがあったと書きましたが、もう一度、「東日本大震災関連の紹介サイト」http://www.myougavalley.com/を詳しく見てみました。

 一番最初の、投稿で、「ブログ開設」という投稿があったので、全投稿数が、2001でした。

この、「東日本大震災関連の紹介サイト」にアップした「東日本大震災」「原発」関連書籍の総数は2000でした。

@uedon110から、Twitterを通じて紹介した、書籍の総数も、2000でした。

 昨日、詳しく確認したら、一冊の紹介漏れも無かったです。

 障害を持っている人でも、時間をかけて、丁寧に、ツイート作業をすれば、一冊の紹介漏れも無く、きちんと紹介できるということが分かりました。

 とかく、障害を持っているということで、仕事を任せられないという職場も多いかと思いますが、スピードを求めなければ、きちんとした仕事が出来るのかなと思いました。

 時間給ではなく、これだけの仕事を正確に行ったという基準で、仕事を評価すれば、職場における障害を持っている方に対する目も変わってくると思います。

 効率重視、スピード優先の職場では、障害を持っている方は、使えないとか思われるかもしれませんが、丁寧さや正確さを求める職場では、障害を持っている方々は逆に重宝されるかもしれません。

以上、「紹介漏れは無かった」

ブログに載せます。






0 件のコメント:

コメントを投稿