2016年10月4日火曜日

「神田川生活の闖入者 その7 電話、チアガール」



「神田川生活の闖入者 その7 電話、チアガール」

先日から、僕が神田川生活(一人暮らし)していた頃の闖入者(ちんにゅうしゃ=突然入って来た者)が良く来たので、その方々の様子をブログに書いています。

 今回の、第7弾は、早稲田大学探検部の僕と同期だったMさんの闖入について書いたみたいと思います。

 Mさんは実際に僕のアパートに闖入してきたわけではありませんでした。

 結婚をするとの旨のハガキが突然来て、結婚披露宴に出席しないかとの旨が書かれていました。

 僕はMさんとはカナダのユーコン川川下りに一緒に行ったことがあったので、結婚披露宴に出席するとの旨の返信をしました。

 結婚披露宴に出席してみると、Mさんのお相手は、学生時代にチアガールをされていたそうで、Mさんの人生を応援していくような女性になる方だと思いました。

Mさんは電話屋さんに勤務されていて、本屋に勤務していた僕の住んでいたアパートの電話が旧式のダイヤル式の黒電話だったので、Mさんから最新式のプッシュ式の電話機をプレゼントされました。

留守電機能付きの優秀な電話機で、現在でも電話回線につなげば、通話が出来ます。

Mさんの結婚披露宴に出席してみると、Mさんが子供の頃、野球をしていて、ピッチャーだったことなどが分かりました。

人間の格が違うというか、僕とは違い、子供の頃からエースの立場で、いろいろとご苦労も多かったものと思います。

人間の格の違いを感じたので、結婚披露宴では、僕はお笑い系の芸をして、結婚披露宴を乗り切りました。

Mさんとは現在では、年賀状のやり取りくらいしかしていませんが、幸せなご家庭を営んでいらっしゃるようです。

もう、早稲田大学探検部のことは忘れていると思いますが、学生時代の楽しい思い出を糧にして、お仕事とご家庭を両立されて、良き人生を歩んでいていただきたいと内心思っています。

以上、「神田川生活の闖入者 その7 電話、チアガール」

ブログに載せます。


























0 件のコメント:

コメントを投稿