2019年9月14日土曜日

「早稲田大学探検部関係者は原発に反対することは出来ても福島原発事故を法的に考えることは出来ないようだ」


「早稲田大学探検部関係者は原発に反対することは出来ても福島原発事故を法的に考えることは出来ないようだ」

 僕は、早稲田大学在学中は、学部は法学部で、サークルは探検部でした。

 早稲田大学探検部とは本とか文章を書く人も多く、それなりに優秀なサークルだったと思いますが、学部の勉強と違ってきちんとは勉強はしませんでした。

 山登りとか川下りはしますが、早稲田大学探検部できちんとした勉強はしませんでした。

 早稲田大学探検部に先生がいて、先生から探検についての講義を受けるわけでもないし、探検部で学んだことが僕の人生に役に立っているかと言ったら、役に立っていません。

 早稲田大学探検部関係者が文筆業などに従事されていて、原発に反対する文章や本を書いたりしているのは知っていますが、早稲田大学探検部関係者は福島原発事故を法的に考えることは出来ないようです。

 もともと早稲田大学探検部が遵法精神の人間の集まりというよりも、法の抜け道を探して活動したりする人間の集まっているサークルなので、きちんと法に則って福島原発事故に関して考えることが出来ないようです。

 早稲田大学探検部関係者がもともと法を遵守する精神に欠けている人間の集まりなので、福島原発事故に関してきちんと法的に考えることが出来ないのだと思います。

 僕が早稲田大学時代に学部は法学部で、サークルは探検部だったが、早稲田大学探検部関係者では福島原発事故に関してきちんと法的に考えることが出来ないと思っていることをブログに書いておきます。

 以上、「早稲田大学探検部関係者は原発に反対することは出来ても福島原発事故を法的に考えることは出来ないようだ」

 ブログに載せます。




 

 
 

 


 

0 件のコメント:

コメントを投稿