2019年1月7日月曜日

「早稲田大学探検部関係者の書いた本を読んでも健康で文化的な生活は送れない」


「早稲田大学探検部関係者の書いた本を読んでも健康で文化的な生活は送れない」

 憲法では生存権と言って

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

と書かれていて、国民は健康で文化的な生活を営む権利があるとされています。

僕も健康で文化的な生活をしたいとも思っていますが、僕が早稲田大学時代に在籍していたサークル早稲田大学探検部関係者の書いた本を読んでいても、健康で文化的な生活は送れないような気がしています。

何かもっと文化活動が楽しいようなものならば、僕も健康で文化的な生活を送れるのだと思いますが、早稲田大学探検部関係者の書いている本は、楽しいような本ではなく、何かを深刻に考えさせるような本が多く、どちらかというと気が滅入ってしまうような本が多いようです。

憲法で保障している健康で文化的な生活とは何かを深刻に考えさせる生活ではないと思います。

少しでも生活の苦しさを忘れられるような楽しい文化的なものに触れられれば、憲法が保障することも実現できるのだと思いますが、早稲田大学探検部関係者の書いた本を読んでみても一向に楽しい気持ちにならないし、何かを深刻に考え、気が滅入っていくような感じになります。

早稲田大学探検部関係者の書いた本を読んでみても憲法で保障している健康で文化的な生活は送れないと思いブログを書いてみました。

以上、「早稲田大学探検部関係者の書いた本を読んでも健康で文化的な生活は送れない」

ブログに載せます。












 

 





 







0 件のコメント:

コメントを投稿