2019年1月3日木曜日

「新聞記者の方からの年賀状の言葉が違う」                   


「新聞記者の方からの年賀状の言葉が違う」

 僕には新聞記者をしている方からも年賀状が届きます。

 僕が心の病気(精神障害者)と知っているかと思いますが、健常者の方の有名な新聞記者の方からも年賀状が届きます。

 今年来た年賀状を読んでいて、新聞記者の方から来た年賀状の言葉が明らかに他の人と違うという印象を受けました。

 年賀状の文面に書かれている言葉がとても強烈です。

 年賀状の文面はブログには載せませんが、言葉に対する感覚がやはり普通の人と違うという印象を受けました。

 言葉を司る仕事をしているので、言葉に対する感覚がとても鋭敏になるのだと思います。

 昨日、両親と夕飯を食べながら、新聞記者の方から届いた年賀状の話を両親としていました。

 年賀状の文面の話を両親にすると両親も驚いていました。

 新聞記者という仕事をしているので、世の中のことを知っていて、書くことも違うんだと両親も言っていました。

 両親からは、

「おまえも東京で雑誌とか読んでいるだけじゃダメなんじゃないか?」

言われました。

今年、来た年賀状の中で新聞記者の方から来た年賀状の言葉が明らかに他の人と違い、強烈だったので、ブログに書いておきます。

以上、「新聞記者の方からの年賀状の言葉が違う」

ブログに載せます。







 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿