2017年9月15日金曜日

「322にあたる方との思い出」

「322にあたる方との思い出」

 僕は長くTwitterで322のアカウントをフォローすることにより、早稲田大学探検部の322にあたる方を支持していることを表明しています。

 もう何年も322にあたる方とお会いしていません。

 僕の322にあたる方との思い出は、神楽坂で飲んだ時の思い出が近い思い出です。

 僕が、障害者雇用で勤務していた頃に、職場で、上司から心無い言葉を浴びせられ、上司の発言について、322にあたる方にメールで相談して、それでは、神楽坂で飲もうとのことになり、神楽坂で飲みました。

 僕のような身分の人間では到底、入店できないようなお店で飲みました。

 322にあたる方は職場での身分を超えて、僕と接して下さり、本当に謙虚で、後輩思いの方だと思いました。

 神楽坂の高級店で飲んだことのない僕にとっては、本当に思い出に残っている飲みの席でした。

 神楽坂の高級店で飲んだから、322にあたる方を支持しているわけではありませんが、ご自分の身分、僕の身分の違いを超えて、話をしてくださるので、器の大きい方だと思いました。

 人との接し方も上手いし、会社で揉まれている方だと思います。

 神楽坂でおいしい天ぷらとか焼き鳥をごちそうになり、本当に楽しかったです。

 その後、僕が会社を退職してからも、同じように神楽坂で飲みました。

 言葉少なかったですが、暖かい目で僕のことを見守ってくださるような感じがありました。

 身分の違いを超えて、あれほど、普通に接してくださる方も少ないと思います。

 もう現在の状態では、322にあたる方と、飲むことも出来ないと思いますが、Twitterを通じて、322にあたる方の支持を表明しています。

 急に322にあたる方と神楽坂で飲んだ時のことを思い出したので、ブログを書いてみました。

 以上、「322にあたる方との思い出」

ブログに載せます。




 

0 件のコメント:

コメントを投稿