2018年6月5日火曜日

「粘り強く、東日本大震災関連書籍を紹介しているが、原発の問題は政治の争点になるのか?」


「粘り強く、東日本大震災関連書籍を紹介しているが、原発の問題は政治の争点になるのか?」

 僕は、長い間、粘り強く、東日本大震災関連書籍を紹介しています。

 東日本大震災関連書籍には福島原発事故のことに言及している本も多くあり、マスメディアの、様々な報道に惑わされずに、首尾一貫して、東日本大震災の問題、原発の問題を考えるように、東日本大震災関連書籍を紹介しています。

 最近のマスメディアの報道では、森友学園の問題や加計学園の問題、セクハラの問題など、現在の安倍政権を倒したいような、報道が目立ちます。

 僕は現在の安倍政権を支持しているわけではありませんが、日本のマスメディアが原発の問題を継続して報道せずに、安倍政権の問題の報道ばかりしていて、焦点がぼやけているような気がして仕方ありません。

 本来なら、原発の問題は国民投票とかになってもおかしくない問題で、多くの人が原発の問題のことを考えていると思っています。

 日本国内で地震が多発していることから、原発を再稼働させるのは危険だと思っている人も多いと思うし、福島原発事故のことを考えたら、原発はやめた方が良いと思っている人もいると思います。

 原発全廃を訴えている人もいると思いますし、もう原発はこりごりだと思っている人も多いと思います。

 長い間、粘り強く、東日本大震災関連書籍を紹介していて、原発の問題は、政治の争点になるのかと思いブログを書いてみました。

 以上、「粘り強く、東日本大震災関連書籍を紹介しているが、原発の問題は政治の争点になるのか?」

ブログに載せます。





 
 
 

 

 



 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿