2018年6月20日水曜日

「サッカーワールドカップ、日本勝利」


「サッカーワールドカップ、日本勝利」

 昨日、NHKでのサッカーワールドカップ、日本対コロンビア戦を見ました。

 開始早々に、香川がペナルティーエリア内でのハンドの反則でPKを得て、香川が落ち着いてPKを決めて、日本が先制しました。

 その後、ハンドの反則をしたコロンビア選手にレッドカードが与えられ退場、日本は、11人対10人で戦うことになり、日本優位になりましたが、コロンビアも反撃をします。

 長谷部の反則で与えたフリーキックをコロンビア選手に、直接決められ、同点に追いつかれます。

 11の同点で前半終了。

 後半は、日本が攻めることが多かったような気がしました。

 香川に代わって本田圭佑がピッチに入りました。

 その本田の蹴ったコーナーキックをフォワードの大迫がヘディングで決めて、日本勝ち越し、その後、日本はきちんと守って、試合終了のホイッスル、日本が21で勝ちました。

 試合を見ていて、日本よくやったと思いました。

 前評判では日本は弱いと言われていたので、どうなるかと思っていましたが、日本が勝ちました。

 NHKのテレビ中継の解説の岡田武史さんの冷静な解説も良かったです。

 大阪の地震で、また地震が起きたと思い、憂鬱な気持ちになっていたので、昨日の日本の勝利は良かったです。

 昨日はNHKでサッカーワールドカップの日本対コロンビア戦を見たので、サッカー中継を見ての感想を書いてみました。

 以上、「サッカーワールドカップ、日本勝利」

ブログに載せます。



 

 

 

 



0 件のコメント:

コメントを投稿