2017年4月15日土曜日

「締まりが悪くなっていると言われた」



「締まりが悪くなっていると言われた」

 先日、難治性逆流性食道炎の診察で内科に行って来ました。

 診察を受けていると、医者に、

 「年齢から来るもので、締まりが悪くなっている」

と言われました。

 要は、僕のお腹の中の、胃と食道をつなぐ噴門の締まりが悪くなっている(食道裂孔ヘルニア)ということだと思います。

 ただ、医者の言い方が、

「締まりが悪くなっている」

という言い方だったので、僕は良い気分になりませんでした。

長い間、文京区立図書館所蔵の「東日本大震災関連の書籍」を紹介し続けていて、締めとして、

「震災本を 集めて早し 神田川」

を詠み続けていて、締めてきたつもりでしたが、医者からすると、

「締まりが悪くなっている」

らしいです。

僕としては、きちんと、

「締めてきた」

つもりでしたが、医者からすると、

「締まりが悪くなっている」

らしいです。

頑張って、「締めて」きたつもりですが、やはり年齢には勝てないようです。

あと少しで、

「震災本を 集めて早し 神田川」

を詠んでから3年になろうとしています。

3年頑張れば、僕としては出来ることはしたのかもしれません。

もう「締まり」も悪くなっているので、

「震災本を 集めて早し 神田川」

3年詠んだら、しばらく休もうかと思っています。

以上、「締まりが悪くなっていると言われた」

ブログに載せます。



0 件のコメント:

コメントを投稿