2018年2月7日水曜日

「高野秀行は僕らの代の幹事長だった人間を福島県の災害ボランティアに連れて行けば良かったと思う」

「高野秀行は僕らの代の幹事長だった人間を福島県の災害ボランティアに連れて行けば良かったと思う」

 僕は東日本大震災にあたっては、早稲田大学探検部の二つ上の代の高野秀行に誘われ、福島県に災害ボランティアに行きました。

 僕が統合失調症で、国から認定された精神障害者でありながら、福島県の災害ボランティアに1週間くらい、行きました。

 僕が高野秀行のTwitterをフォローしていたことから、高野秀行も僕を災害ボランティアに誘ったのだと思います。

 僕はある時期から、高野秀行のTwitterをフォローするのをやめました。

 変な電話もしてくるし、フェイスブックなどでもアフリカからメッセージを送ってきたり、相手をするのが面倒なので、高野秀行のTwitterのフォローも解除しました。

 もともと、早稲田大学探検部時代に、高野秀行の後を追うように活動していたのは、僕らの代の幹事長だったMです。

 福島県の災害ボランティアも僕らの代の幹事長だったMを連れて行けば良かったのだと思います。

 僕らの代の幹事長だったMに高野秀行の活動はフォローさせていれば良かったのだと今では思っています。

 以上、「高野秀行は僕らの代の幹事長だった人間を福島県の災害ボランティアに連れて行けば良かったと思う」

ブログに載せます。



 
 

 


 

0 件のコメント:

コメントを投稿