2018年2月21日水曜日

「テレビ屋、本屋、パソコン屋に勤務していた経験が大きいと思う」


「テレビ屋、本屋、パソコン屋に勤務していた経験が大きいと思う」

 僕は、テレビ業界、本屋の業界、パソコンを扱う業界に勤務していた経験があります。

 その時の経験が年齢を経てから出てきているような気もしています。

 僕のTwitterにこれだけフォロワーさんがいるのも、僕の経験値が評価されて、フォローされているような気もしています。

 テレビ業界に勤務していた経験があるから、メディアの流す情報を取捨選択してツイートすることも出来るのだと思います。

 本屋の業界に勤務していた経験があるから、東日本大震災関連書籍を調べることが出来ているのだと思います。  

 パソコンを扱う業界に勤務していた経験があるから、ブログを作ったり、ホームページを作ったり出来るのだと思います。

 過去に仕事をしていた時の経験を生かしているから、僕のTwitterにもこれだけのフォロワーさんがいるのだと思います。

 ブログの文章を書くことは、高校時代にバスケットボール部での練習ノートで文章を書いていたりして、もともと文章を書く習慣はありました。

 早稲田大学時代も、文章を書いていたし、文章を書くことも苦手ではありません。

働いている頃も銀杏企画三丁目の掲示板に書き込みをしていたし、社会に出てからも文章は書いていました。

 過去の経験を生かしているTwitterだから、僕のような人間にもこれだけフォロワーさんがいるのだと思います。

 やはり人間は人生の蓄積から評価されるような気もしています。

 僕のような地味な人間がTwitterをやるとは勇気も必要なことでしたが、実名でアカウントを開設して、これまでに38000以上ツイートをしてきて、僕もTwitterに多くの時間を費やしています。

 ろくに仕事もせずに昼間からTwitterをしていて、働けよと思っている方も多くいるかと思いますが、僕のツイートしている情報は、僕は有益な情報をツイートしていると思っています。

 もちろん働くことも大事なことですが、大きな問題を考えることも大事です。

 働いていると、どうでも良いことに大きな時間を費やすことも多くあります。

 自分の時間を大切にして、何が問題になっているのかを考えることも時間の有効な使い方だと僕は思っています。

 ネットに対する賛否も両論あると思いますが、ネットという空間に表現媒体を作ったことは僕の判断です。

 ネット空間がどこからでも見られる空間であることから、ネット空間に表現媒体を作りました。

 僕の考えることを書いているブログなので、人によっては読みたくない人もいるかと思いますが、僕の今までの人生経験を生かして書いているブログです。多くの方に読んでいただければ幸いだと思っています。

 今まで、テレビ屋、本屋、パソコン屋に勤務していた経験を生かしているブログでもあります。

 過去の経験値も大いに含まれているブログであり、Twitterでもあるので、僕の集大
成のようなものです。

 これからも地道にツイートをしたり、ブログを書いたりしていきたいと思っています。

 僕のブログ、Twitterは、昔、僕が、テレビ屋、本屋、パソコン屋に勤務していた経験が大きいものだと思うのでブログを書いてみました。

 以上、「テレビ屋、本屋、パソコン屋に勤務していた経験が大きいと思う」

ブログに載せます。



 
   


 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿