2018年2月13日火曜日

「朝日新聞こそ心の病気を作っているような気がする」


「朝日新聞こそ心の病気を作っているような気がする」

 僕の以前働いていた職場は、朝日新聞により潜入取材され、「通勤バス 派遣村行き」と書かれ、記事は朝日新聞の一面に掲載されました。

 朝日新聞の記事によると、僕の働いていた職場は、パソコンを集めて運ぶだけの職場と書かれています。
 
 職場の方々の未来は、生活保護になると書かれています。

 朝日新聞の記事を読むと、本当に気が滅入るし、真面目に働いていても、将来は生活保護になるのかと気持ちも落ち込むし、うつ状態になってしまうような記事です。

 多くの新聞社が、うつ状態になるような新聞記事を多く書いていると僕は思っています。

 朝日新聞を読むことにより、心の病気になる方もいるような気がします。

 僕は朝日新聞に潜入取材された職場で働いていて、文京区障害者就労支援センターから表彰されたし、現在でも僕のTwitterにはフォロワーさんは1900以上いるし、運営しているブログのページビュー数も240000を超えています。

 本当に僕は生活保護になるのでしょうか?                                    

 朝日新聞のシナリオ通り、僕の未来は、悲惨な未来、生活保護なのでしょうか?

 朝日新聞の新聞記事を読んでいる方が、精神的に滅入るし、心の病気になってしまうような気もします。
 
 朝日新聞こそ、心の病気の人間を多く作っている元凶のような気もしています。

 以上、「朝日新聞こそ心の病気を作っているような気がする」

ブログに載せます。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿