2018年2月16日金曜日

「早稲田大学探検部と銀杏企画は合わないと思う」


「早稲田大学探検部と銀杏企画は合わないと思う」

 僕のTwitterは早稲田大学探検部関係者にもフォローされています。

 銀杏企画関係者にもフォローされているようです。

 もともと、昔、障害者雇用で働いていた頃に、本郷の森、銀杏企画運営のネット掲示板、「銀杏企画三丁目の掲示板」に書き込みをしていた頃の延長のようなTwitterですが早稲田大学探検部関係者にもフォローされています。
 
 ブログを書くことは早稲田大学探検部関係者に盛んに勧められましたが、僕は、昔、働いている頃に、「銀杏企画三丁目の掲示板」に書き込みをしていたからブログも書けるのだと思います。

 早稲田大学探検部と銀杏企画とは、もともと何の関係もないし、それぞれが独立した組織です。

 僕は統合失調症に罹って、精神障害者になって以来、銀杏企画のお世話になっていました。

 2010年に、早稲田大学探検部の後輩がガンになり、治療費のカンパを募るメールが早稲田大学探検部関係者より来て以来、僕の生活も大きく変わりました。

 Facebookで早稲田大学探検部関係者と交流したりしていました。

 以来、早稲田大学探検部関係者とのネットを通じての交流も増えました。

 もともと、僕が精神障害者で、障害者雇用で働いてきた頃に、銀杏企画三丁目の掲示板に書き込みをしていたから、僕もこれだけTwitterからツイートをしたり、ブログを書いたり出来るのだと思います。

 早稲田大学探検部と銀杏企画はもともと関係がないし、理念もそれぞれ違うと思うし、早稲田大学探検部と銀杏企画が合うかといったら合わないと僕は思います。

 早稲田大学探検部関係者は奇をてらった活動とかをして、その活動をメディアに載せて、表現行為などをして、社会に自分たちの活動を認めてもらおうとするようです。

 一方で、銀杏企画とは、普通の価値観を持っている人たちが多く、メジャーな話題を話したがる方々が多いような気がします。例えばオリンピックが始まればオリンピックの話をすると思うし、どちらとかというと普通の感覚を持っているような気がします。

 僕は早稲田大学探検部と銀杏企画は合わないと思っています。

 僕が両方の組織に所属した経験があり、早稲田大学探検部も銀杏企画も知っていますが、僕は早稲田大学探検部と銀杏企画は合わないと思います。

 僕は、年賀状は、早稲田大学探検部関係者には自分から出しています。

 銀杏企画関係者には、来た年賀状に対しては、早稲田大学探検部関係者に出している年賀状と同じ文面で年賀状を出しています。

 銀杏企画関係者が僕の行っていることを理解出来ないと感じている人も多いだろうなと思っています。

 もともと早稲田大学探検部と銀杏企画が全く別の組織であることから、銀杏企画関係者には早稲田大学探検部関係者が行っていることが理解できない方も多いと思います。

 それぞれが全く違う組織なので、早稲田大学探検部と銀杏企画は合わないと僕は思っています。

 以上、「早稲田大学探検部と銀杏企画は合わないと思う」

ブログに載せます。



 

 

 
 

 



 



 


0 件のコメント:

コメントを投稿