2016年1月21日木曜日

「神田川生活(一人暮らし)のMac」



「神田川生活(一人暮らし)のMac

 僕が新宿区の書店で働きながら、一人暮らしていた頃、使っていたMacのノートパソコンのハードディスクをバックアップしたCDRを現在、使用しているWindowsPCで読めました。

 CDRを見ていると、 当時の状況が、昨日のことのように思い出されます。

 僕が一人暮らしをしていたのは、新宿区の戸山でした。

 藤尾潔さんというライターが「早稲田大学おもしろ話」に書いているように、家賃28千円の4畳半のおんぼろアパートに住んでいました。

 風呂はなし、トイレは共同トイレのアパートでした。

 僕は、神田川生活(一人暮らし)をしていた時に、Macのノートパソコン、PowerBook5,300を使っていました。

 PowerBook5,300CPUは現在のパソコンで使われている、Core i7とか、Corei5に比べると、かなり劣っていたと思います。

 僕がMacPowerBook5,300を購入したのは、確か西新宿にある、Mac専門店だったと思います。

 確か、25万円くらいしたと思います。

 それまでは、ワープロは持っていましたが、自分でノートパソコンを所有するなど、夢の様な話でした。

 MacOSは確か、8.5だったと思います。

漢字トーク以来、MacOSは進化し続けて、僕が当時、使っていたOS8.5も使い易いOSだったと思います。

 デスクトップが立体的で、操作感も良かったです。

 神田川生活(一人暮らし)をしていた時には、Macのノートパソコンには大変、お世話になりました。

 バイトしていた書店で、Mac用のアプリケーションが入っているおまけのCDが付録でついてくる、Mac Peopleという雑誌を買って、Mac用のアプリを自分のMacにもインストールしていました。

 マックピープルは確か600円ぐらいで売っていた雑誌だったと思います。

 Macとにらめっこの一人暮らしも今から思い出すと、なかなか楽しかったなと思っています。

 以上、「神田川生活(一人暮らし)のMac

ブログに載せます。



 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿