2016年1月8日金曜日

「神田川生活(一人暮らし)のインターネット」



「神田川生活(一人暮らし)のインターネット」


 僕が新宿区の書店で働きながら、一人暮らしていた頃、使っていたMacのノートパソコンのハードディスクをバックアップしたCDRを現在、使用しているWindowsPCで読めました。

 CDRを見ていると、 当時の状況が、昨日のことのように思い出されます。

 僕が一人暮らしをしていたのは、新宿区の戸山でした。

 藤尾潔さんというライターが「早稲田大学おもしろ話」に書いているように、家賃28千円の4畳半のおんぼろアパートに住んでいました。

 風呂はなし、トイレは共同トイレのアパートでした。

 僕が早稲田大学理工学部の隣の書店で働いていた時に、書店の入っているビルの上の階で、働いていらした方に早稲田大学探検部の後輩のNさん(先日書いたブログのNさんとは別の人)がいます。

Nさんはインターネット関係のことに詳しい方だったように記憶しています。

 僕は、当時はパソコンは持っていましたが、アパートではネット回線にはつなぐことが出来ずに、インターネットのことに詳しいNさんは雲の上の存在の人でした。

 僕が働いていたアナログな、街の書店で本を買っていくこともあり、ありがたい方でした。

 僕は、もともとデジタルには弱い、アナログ人間だったので、インターネットに強いNさんは、凄いなと思っていました。

 僕は、学生時代に、アジアなどの、日本より、情報産業があまり盛んでない地域に行っていて、そういう地域に住む方々の素朴さや、誠実さに心打たれることが多かったので、アメリカが牽引している、インターネットなどに対しては、あまり賛成していませんでした。

 賛成していなかったのは、自分がデジタルのスキルがないから、賛成していなかったのかもしれません。

 僕はもともと庶民派なので、庶民の方々が出入りする街の書店で働いていましたが、心のなかでは、大企業などが導入している、ウィンドウズ95から始まる、LAN(ローカルエリアネットワーク)環境などに対して、劣等感(憧れの念)を持っていたのかもしれません。

 僕が、書店で働いていたのは1990年後半ですが、当時から、ネット環境をオフィスに導入する動きはありました。

 おんぼろアパートにはネット環境もなく、パソコンで黙々とデータベースを作っていました。

 ただ、現在のつながり過ぎのネット環境を考えると、若い頃はネット環境につながならなくて良かったと思っています。

 もし、おんぼろアパートでネット環境につながっていたら、データベースなど作らずに、ひたすらネットをしていた可能性もあります。

 若いころは、ネット環境にいなくて良かったのかなと現在では思っています。

以上、「神田川生活(一人暮らし)のインターネット」

ブログに載せます。




0 件のコメント:

コメントを投稿