2016年1月22日金曜日

「あきらめという名の傘じゃ雨はしのげない(浪漫飛行)米米CLUB」



「あきらめという傘じゃ雨はしのげない(浪漫飛行)米米CLUB

以前も、ブログに書きましたが、僕が昔、聴いていた曲を検証する作業を自分の中で行っています。

今回は、学生時代に、探検部の先輩とカラオケ屋さんに行き、先輩が歌っていて、現在でも耳に残ってる、米米CLUBの「浪漫飛行」について検証してみます。

先輩は高田馬場のカラオケ屋さんで、「浪漫飛行」を歌っていました。

現在でも、先輩の歌っていた、「浪漫飛行」の歌詞が心に残っています。

「あきらめという名の傘じゃ雨はしのげない」

という一節は、先輩からの、強烈なメッセージを感じ取りました。

「浪漫飛行」のYoutubeはこちら

      

 
このYoutubeJALのキャンペーンの動画のようです。

なかなか良く出来た、動画だと思います。

この「浪漫飛行」を歌っていた先輩には、僕が神田川生活(一人暮らし)していた頃、東京ドームでの日ハム対近鉄戦を見に連れて行ってもらったりして、本当にお世話になった

先輩です。

東京ドームでの、日本ハム対近鉄戦では、近鉄の抑え、赤堀の投球について、熱心に解説していました。

赤堀のストレートは、「糸を引くようなストレートだ」

と、真顔で、解説していました。

 僕も、当時、書店でアルバイトしていて、毎日、毎日、本と格闘していたので、 東京ドームでのプロ野球観戦は、本当に楽しかったです。

本の読み過ぎの人、活字中毒の人は、スポーツ観戦等、気分転換に良いと思います。

活字でぎゅうぎゅうに詰まった、頭の中を、クリアな状態にするために、スポーツ観戦などは良いと思います。

自分がスポーツをしなくても、スポーツ観戦するだけで、かなり、頭のなかがクリアになると思います。


現在も、会社の部下や後輩の前で、

「あきらめという名の傘じゃ雨はしのげない

と熱唱して、部下や後輩たちを叱咤激励しているとことと思われます。

僕が更新し続けているブログも、昨日から、

Don’t give up(あきらめないで)

というタイトルにしました。

学生時代の先輩の歌っていた歌を思い出して、このタイトルにしました。

学生時代の先輩のような、上司がいる職場なら、仕事もやりがいがあると思います。

今では、何をしているか分かりませんが、おそらく、部下、後輩たちから慕われていると思います。

僕も、学生時代の先輩の下で、ブログを書いていると思って、地道にブログ

Don’t give up(あきらめないで)

を更新していきたと思います。

米米CLUBの名曲、「浪漫飛行」から、ブログについて考察してみました。

以上、「あきらめという名の傘じゃ雨はしのげない(浪漫飛行)米米CLUB

ブログに載せます。







0 件のコメント:

コメントを投稿