2016年1月4日月曜日

「神田川生活(一人暮らし)の仕事始めと今年の僕の作業始め」(七草粥までのんびり作業をする)



「神田川生活(一人暮らし)の仕事始めと今年の僕の作業始め」(七草粥までのんびり作業をする)

 僕が新宿区の書店で働きながら、一人暮らしていた頃、使っていたMacのノートパソコンのハードディスクをバックアップしたCDRを現在、使用しているWindowsPCで読めました。

 CDRを見ていると、当時の状況が、昨日のことのように思い出されます。

 僕が一人暮らしをしていたのは、新宿区の戸山でした。

 藤尾潔さんというライターが「早稲田大学おもしろ話」に書いているように、家賃28千円の4畳半のおんぼろアパートに住んでいました。

 風呂はなし、トイレは共同トイレのアパートでした。

 僕が一人暮らしていた頃の仕事始めは大抵、14日からでした。

パソコン通信のデータベースの検索業務、書店のアルバイトともに、14日から仕事始めだったと思います。

パソコン通信のデータベースの検索業務を行う会社では、きちんと正月の飾りをしていました。

七草粥を食べる17日までは、のんびり仕事をしていたと思います。

書店の方も、14日は、忙しくなかったと思います。

二つの仕事とも、正月明けはのんびりしていたと思います。

僕も、今年は、今日、14日から、「東日本大震災関連書籍」を紹介する作業を始めましたが、17日まではのんびり紹介作業をしていきたいと思います。

胃に優しい、七草粥を食べるまでは、のんびり、紹介作業をしていきたいと思います。

(コンビニとかで七草粥って売ってるのかな?)

以上、「神田川生活(一人暮らし)の仕事始めと今年の僕の作業始め」(七草粥までのんびり作業をする)

ブログに載せます。





0 件のコメント:

コメントを投稿