2015年6月12日金曜日

銀杏企画三丁目の掲示板2008㉓「福祉の論理と企業の現場」



銀杏企画三丁目の掲示板2008㉓「福祉の論理と企業の現場」
フォローワーさん2008人到達記念、2008年に書いていた文章。

 Twitterのフォローワーさんが2008人に到達したので、僕が2008年に書いていた文章を公開してみます。
 心の病気の人たちを支援する、福祉施設、社会福祉法人、本郷の森、銀杏企画が運営する「銀杏企画三丁目の掲示板」に書き込みをしていました。
 ネット掲示板に関する本を読んでいたら、掲示板への書き込みの文は書き込んだ人間に著作権があるとのことでしたので、「銀杏企画三丁目の掲示板」への僕の書き込みをそのままブログに載せます。

掲示板でのハンドルネームは麻雀の役、国士無双でした。

銀杏企画三丁目の掲示板の掲示板はこちら

ハンドルネームの由来はこちら

朝日新聞が2008年に僕が働いていた職場を取材した記事はこちら

掲示板への書き込みは以下です。

今晩は、国士無双です。

ブルーアイズさん、私見下さり、ありがとうございます。 ブルーアイズさんの仰るように、障がい者就労支援センターの相談員さんに相談して みようかなぁと思っています。 しかしながら、平日の休日の火曜日はほとんど寝ていることが多いので、相談員さんにもなかなか、相談することができません。 又、先日、聴いた就労支援センター主催の講演会で、福祉の論理を企業の現場に持ち込んでもらっては困ると、企業の方が仰っていたので、なるべく、健常者と同じように 働くようにしています。 実際には、身体や知的の障がいをお持ちの方は、早く帰ったり、週4にしてもらったり して工夫をしています。 国士無双の場合、自分で、決めた道ですから、弱音を吐くのは禁物ですが、この掲示板に書き込むと気分が楽になるので、昨日は書き込みさせて頂きました。

話は飛んでしまいますが、皆、銀杏から就労した方々は様々なご苦労なさっていると 思います。 別段、国士無双だけがきついと言う訳ではなく、皆さん、それぞれのレベルで苦労されていると思います。 仕事がきついことに関しては、次回の診察で、主治医に相談してみますのでご心配な く。

ブルーアイズさんに、多大なご心配をおかけしたことに関しては、非常に申し訳なく思います。
又、国士無双の体調のことまで心配してくださり心から感謝します。

以上です。

書き込み日は、20081022日でした。

すでに朝日新聞に僕の職場がルポされ、一面に記事がデカデカと掲載されてからの書き込みです。

何度もブログに書いていますが、障害者雇用で障害者を雇用する企業は、障害者でも、一定の労働力を持つ戦力として見ています。一方で、障害者福祉に携わる方にとっては、障害者とは、福祉の対象になる人で、決して、労働力としての戦力とは見ていないのです。

僕が障害者施設に在籍していた時も、やはり、普通の職場とは違いました。

会社のように朝の朝礼があるわけではなく、普通の会社の職場とはやはり違いました。

僕は、施設側にも施設側の論理があるのかと思いますが、長い間、普通の職場で働いていた方がいきなり、福祉施設に入所すると、驚くこともあるのかと思います。

この書き込みでは「障害者雇用の現場」と「福祉の論理」がなかなか、相容れないことを書いています。

以上、「福祉の論理と企業の現場」

くだらない内容ですが、ブログに載せます。







 



0 件のコメント:

コメントを投稿