2015年6月17日水曜日

銀杏企画三丁目の掲示板2008㉗「職場訪問してもらうか」



銀杏企画三丁目の掲示板2008㉗「職場訪問してもらうか」
フォローワーさん2008人到達記念、2008年に書いていた文章。

 Twitterのフォローワーさんが2008人に到達したので、僕が2008年に書いていた文章を公開してみます。
 心の病気の人たちを支援する、福祉施設、社会福祉法人、本郷の森、銀杏企画が運営する「銀杏企画三丁目の掲示板」に書き込みをしていました。
 ネット掲示板に関する本を読んでいたら、掲示板への書き込みの文は書き込んだ人間に著作権があるとのことでしたので、「銀杏企画三丁目の掲示板」への僕の書き込みをそのままブログに載せます。

掲示板でのハンドルネームは麻雀の役、国士無双でした。

銀杏企画三丁目の掲示板の掲示板はこちら

ハンドルネームの由来はこちら

朝日新聞が2008年に僕が働いていた職場を取材した記事はこちら

書き込みは以下です。

今晩は、国士無双です。

今日は、クリスマスですね。 国士無双のメール友達の方によると銀杏はクラシックのコンサートに行かれた様で、 良いクリスマスが過ごせたことと存じます。 ところで、又、国士無双の仕事のことになってしまいますが、職場訪問してもらうか悩んでいます。 上司の方が、大忙しで、人手も足りず、事務の仕事もそっちのけで、現場の仕事をしています。
とても、一個人のために時間を割いて下されるような暇は無さそうです。 福祉の論理的には、障がい者枠で採用されたのだから、労働条件の改善は求めても 当たり前かもしれませんが、もう一人前に仕事が出来るようになってしまった国士無双 は、良く悪くも障がい者として扱われていません。 会社からすれば、給料を払っているのだから、普通に仕事をしてもらうのは当たり前で、国士無双だけが、一方的に労働条件の改善を求めるのは憚られます。 今まで、この掲示板で、障がい者の権利や不平等を訴えてきましたが、仕事上は国士無双は、健常者の方に近い部分まで来ているので、ここで、福祉の論理を引き出し て、労働条件の改善を求めるのはちょっと甘え過ぎではないのかと考えています。 休日の過ごし方は健常者の方でも、そんなに充実されている方はいらっしゃらないよう に思うので、自分で工夫して、改善していくようにすれば事足りるような気がします。 職場訪問してもらうのかどうか悩んでいます・・・ 又、三八さんが夕食会でお話した、国士無双の職場の話の評判は如何でしたか? 教えてくだされば、参考になるので是非とも教えてください。 何卒、宜しくお願いします<(_ _)>

P.S  レオンさん、チェ・ゲバラの映画が来年に二本立て続けに上映されるようです ね。国士無双もチェ・ゲバラには学生時代に一時かなり傾倒していました。体調が良ければ観て見たいと思っています。前評判は如何なのですか、良ければ教えて下さい。


以上が僕の「銀杏企画三丁目の掲示板」への書き込みです。

銀杏企画三丁目の掲示板への書き込み日は、20081225日でした。

当時は、仕事で疲れていて、休日の過ごし方が上手くいかなかったので、福祉関係者に職場訪問をしてもらうかについて悩んでいると書いています。

何度もブログ上で書いていますが、企業の現場と福祉の論理はなかなか噛み合いません。
ss
僕は、完全に企業の現場の側の人間だったので、福祉の論理を振りかざす、福祉関係者に企業の現場を職場訪問してもらうか悩んでいました。

そもそも、僕が書き込みをしていた「銀杏企画三丁目の掲示板」というのは、福祉施設が運営する掲示板なので、掲示板を管理する管理人さんも企業で働いたことのない、完全に福祉側の論理の人間です。

この掲示板に書き込みをしていた、僕も間違っていたのかもしれませんが、あえて、書き込みをしていました。

書き込みにもありますが、企業としては、給料を払っているのだから、普通に働いて貰うのは当たり前のことだろうと書いています。

例えば、僕が、障がい者を雇ったとします。

もし、時給300円で雇っていたら、時給に見合った働きをしてもらいたいと思うのは当然です。

時給800円だったら、800円の時給に見合った働きをしてもらいたいと思うのは当然です。

僕は、会社で働いていると、そのような考え方をして仕事をします。

自分が会社の経営側の立場だったらどうだろうと考えてしまいます。

そういう思考回路なので、福祉の人間の論理と噛み合わなかったので、福祉従事者に職場訪問をしてもらうかを悩んでいました。

以上、「職場訪問してもらうか」

くだらない内容ですが、ブログに載せます。






0 件のコメント:

コメントを投稿