2020年5月29日金曜日

「コロナ禍で問われた早稲田大学探検部関係者の力量」


「コロナ禍で問われた早稲田大学探検部関係者の力量」

 僕はコロナ禍の緊急事態宣言下で、早稲田大学探検部関係者の力量が問われたと思っています。

 コロナ禍の緊急事態宣言下でも落ち着いて、冷静に自分で日々の情報を分析し状況を冷静に判断して、自分の考えを発信していけたか、早稲田大大学探検部関係者の力量が問われたと思っています。

 新型コロナウィルスに関する情報はとてつもなく多く、情報を分析するだけで、一日が終わってしまうこともあったと僕は思っています。

 新型コロナウィルスが未知のウィルスだったこともあり、早稲田大学探検部関係者の未知への挑戦の姿勢も問われたコロナ禍の緊急事態宣言だったと思っています。

 新型コロナウィルスの特徴も未知のものだし、新型コロナウィルスによる症状も未知のものだったと思います。

 新型コロナウィルスとの闘いをマラソンとかに例えていた方もいらしたようですが、新型コロナウィルスとの闘いは、言ってみれば、探検行為そのもので、まさしく、未知への挑戦であったと僕は思っています。

 未知のものに挑戦する早稲田大学探検部の姿勢こそが、新型コロナウィルスとの闘いに必要なもので、未知の困難に直面した際に、どのように思考し、どのように行動するかが問われたコロナ禍による緊急事態宣言だったと僕は思っています。

 早稲田大学探検部関係者は、日々の探検行為の中で、常に未知なる困難に直面し、未知なる困難にどう対処していくか、自分で冷静に判断し、活動していると僕は思っています。

 早稲田大学探検部関係者の未知なるものへの挑戦の姿勢こそが、コロナ禍の緊急事態宣言下で、大事になってくるものだったと僕は思っています。

 僕はコロナ禍による緊急事態宣言下で、外出を自粛するという判断をして、家に閉じこもる生活を選択して、探検行為で言えば、外は吹雪の中、テントの中にずっといて、身の安全を守るという判断をしました。

 僕の判断を支持しない人も多くいると思っていますが、僕は安全確保のために家に閉じこもるという判断をしました。

 コロナ禍の緊急事態宣言下で僕は早稲田大学探検部関係者がどのような発信をしていたかとても関心があります。

 コロナ禍の緊急事態宣言下で早稲田大学探検部関係者の力量が問われたと思っているのでブログに書いておきます。

 以上、「コロナ禍で問われた早稲田大学探検部関係者の力量」

 ブログに載せます。

 


 

 

 

 

 

 

 
 

 



0 件のコメント:

コメントを投稿