2018年11月28日水曜日

「早稲田大学探検部OBの方々の底力を感じている」


「早稲田大学探検部OBの方々の底力を感じている」

 僕は長い間、早稲田大学探検部OBの方々の書かれている震災本を紹介しています。

 東日本大震災のような緊急時に、震災本を書かれている早稲田大学探検部OBの方々の底力を感じています。

 普段、普通の生活をしていながら、大災害が起きても冷静に自分で判断して震災本を書かれている早稲田大学探検部OBの方々の底力を感じています。

 パニックになることもなく、冷静に現実を直視して、震災本を書かれている方々の底力を実感しています。

 僕のような精神障害者で、一日一時間程度の仕事しかしていない人間は、他人から見ると普通の生活を送っているようには見えないと思うし、異常な人間に見えると思います。

 もし、再び東日本大震災級の大災害が起きたら、僕のような生活をしている人間はパニックに陥ると思います。

 普段から普通の生活を心がけている方々だからこそ、大震災時も冷静に判断して、震災本を書かれているのだと思います。

 長い間、早稲田大学探検部OBの方々が書かれている震災本を紹介していて、早稲田大学探検部OBの方々の底力を実感するとともに、僕のような精神障害者は東日本大震災級の大災害に襲われたら、パニック状態に陥ってしまうだろうと思っています。

 早稲田大学探検部OBの方々の書かれた震災本を読んでみて、早稲田大学探検部OBの方々の底力を実感するとともに、もし、再び東日本大震災級の大災害に襲われたら、僕はパニック状態になってしまうと思いブログを書いてみました。

 以上、「早稲田大学探検部OBの方々の底力を感じている」

ブログに載せます。




 


 
っと
 

 

 



 

0 件のコメント:

コメントを投稿