2015年7月31日金曜日

「カナダ ユーコン川の わび さび」



「カナダ ユーコン川の わび さび」

以前もブログに書きましたが、 僕は早稲田大学在学中の大学3年生の時のカナダのユーコン川川下りに行きました。

カナダのユーコン川川下りをしていたら、現地の新聞社から取材され、顔写真入りで、地元の新聞に掲載されました。

 物質文明、ハイテクノロジー文明の西洋人が住んでいるカナダに行っても、現地の方々にとって、僕らは、変な日本人で、取材対象になりました。

「変な日本人」として、顔写真入りで、地元の新聞に掲載されました。

地元のメディアの人にとっても、僕らの活動は「interesting」だったのでしょう。

欧米型の物質文明から少し離れた、アメリカの辺境地域では、さびれた感じの街も多く、日本人の持っている美意識、

「わび」「さび」とかの感覚と近い、街も多くありました。

東京の中心の街、新宿はニューヨークを模しているらしいし、銀座はパリを模しているらしいです。

世界に誇る首都だから、華やかな街にするのでしょうが、日本に脈々と受け継がれている、「わび」「さび」という美意識を保つためにも、東京人は少し、辺境に行く時間を持つことも必要なのかもしれません。

毎日、毎日、スマホ片手に道を歩く人たちの街、光を発してる、ピカピカした街にいると、精神的にも落ち着かなくのかもしれません。

時には、薄暗い、さびれた宿とかに泊まったりして、自分の養ってきた美意識を確認するのも良いかもしれません。

実際、僕も、新宿とか銀座に行くと、何か疲れてしまいます。

少し、都会から離れて、「わびしさ」「さびしさ」

を感じられる場所に赴くのも、何か、創作活動をするためには良いのかもしれません。

以上、「カナダ ユーコン川の わび さび」

くだらない内容ですが、ブログに載せます。




0 件のコメント:

コメントを投稿