2016年7月19日火曜日

「渋谷 道玄坂上交差点でのK氏の判断力」



「渋谷 道玄坂上交差点でのK氏の判断力」


 僕が学生時代に早稲田大学に通っていた頃、僕は運転免許を持っていたので、サークルの友人と一緒に車に乗り、渋谷まで車を運転したことがありました。

 渋谷周辺で車を運転していると、混んでいて、車を運転するのが大変でした。

 僕が車を運転していましたが、渋谷で車を運転していたら、道玄坂周辺に辿り着いてしまい、道玄坂上の交差点の辺りで、身動きが出来ない状況になったことがありました。

 その際に、一緒に車に乗っていたK氏が、僕の困っている様子を見かねて、運転席に座り、車の操作を始めました。

 K氏の当時の車の操作は以下の通りです。

 道玄坂上交差点で、身動きが出来ずに、後ろ(バック)からクラクションを鳴らされ続けている車の運転席に座り、車の窓から手を出し、車をバックさせる合図をします。車を一旦、バックさせ、今度は車を右折させます。

 右方向に、車を動かし、後ろ(バック)でクラクションを鳴らしている後続車両を避けます。

 右に動かした車を、次はもう一回右に動かし、道玄坂を下っていきました。

 このK氏の車の運転で、僕らは、渋谷の道玄坂という難関、難所をクリアできました。

 もし、僕が車を運転していたら、後続車(バックからクラクションを鳴らす車)に責められ続けていたと思います。

 K氏の車の運転テクニックにより、僕らは渋谷の道玄坂という難関、難所をクリアできました。

 人それぞれ、経験からくる、運転スキル、運転テクニック、判断力があると思います

 K氏の、渋谷の道玄坂上交差点という難所に出くわした際の判断力は、渋谷の道玄坂という難関、難所をクリア出来る、正確で高い判断力を感じたので、ブログに書いておこうと思いました。

 以上、「渋谷 道玄坂上交差点でのK氏の判断力」

ブログに載せます。






0 件のコメント:

コメントを投稿