2016年7月25日月曜日

「僕の携帯電話とのお付き合いの歴史」



「僕の携帯電話とのお付き合いの歴史」

 僕は神田川生活(一人暮らし)をしていた頃から携帯電話を使っています。

 今までに合計6台の携帯電話とお付き合いしてきました。
 今回は、僕がお付き合いをしてきた携帯電話をブログで紹介しようと思います。

 お付き合いしてきた携帯電話を自分のノートパソコンの上に並べてみるとこんな感じになりました。

  ↓



 初めて購入した携帯電話はPHSでした。

 ドコモのパルディオという機種で、色はピンクで、神田川生活(一人暮らし)をしていて、独り身で寂しい頃だったので、ピンクのPHSというのは、寂しさを紛らわす、携帯電話としては良い携帯電話でした。

こんな感じの携帯電話でした。

     ↓




二台目の携帯電話は、実家に戻ってから、障害者雇用で働き始めた頃に、もうPHSは使えないと職場の方からアドバイスをされ、乗り換えた携帯電話です。

 パナソニック製の携帯電話で、メールも出来たので、携帯電話用のメールアドレスを作って、良くメールのやり取りをしたものでした。

こんな感じでした。

    ↓




三台目の携帯電話は、二台目の携帯電話が、故障してしまい、ドコモショップで、購入した携帯電話でした。

やはりパナソニック製の携帯電話でしたが、二台目に比べると太めの携帯電話でした。

二台目の携帯電話はとてもスリムでな携帯電話で、使い心地も良かったのですが、三台目の携帯電話は太めの携帯電話にも関わらず、スタミナがなくて、すぐにバッテリーがなくなってしまい、僕を満足させることはありませんでした。

こんな感じでした。

   ↓



四台目の携帯電話は、ソフトバンクが提供していたi Phone4でした。

僕にとっては初めてのスマートフォンで、その機能の優秀さに驚きました。

写真も綺麗に撮れるし、DropBoxとかと連携出来て、パソコンにすぐに写真を保存出来て、携帯電話もここまで進化したのかと驚きました。

音楽も高音質で聴けて、携帯電話がI Podのようになるとは思いませんでした。

i Phone4は東日本大震災に際して、福島県いわき市にボランティアに行ったときにも活用しました。

i Phone4を使い始めてから、FacebookTwitterを始めました。

酷使したのが悪かったのか、使用から2年を待たずに動かなくなりました。

こんな感じでした。

   ↓





5台目の携帯電話は、4台目と同じくソフトバンクが提供していたアクオスフォンでした。

IGZOという液晶の技術を使っていて画面がとても綺麗で、アクオスフォンの画面を見ているのも楽しかった携帯電話でした。

僕にとっては初めてのAndroidでしたが、i Phoneを使っていたので、操作方法は難しくなかったです。

アクオスフォンは手にフィットし、手の中に収まるような使いやすいスマートフォンでした。

アクオスフォンを使い始めてからLINEを始めました。

こんな感じでした。

   ↓




目の携帯電話が現在使っているスマートフォンで、格安SIMを提供してる楽天モバイルが扱っているASUSZEN FONE2というスマートフォンです。

もう、ソフトバンクの毎月の支払いに耐えられくなり、格安SIMに乗り換えました。

ZEN FONE2は良くフリーズします。

何度、再起動をかけても、何度も何度もフリーズするので、初期化したこともあります。

僕は現在、使っているZEN FONE2は使いづらいスマートフォンだと思っています。

Androidで、機種代も安いので、購入しましたが今まで使っていたスマートフォンに比べると使いにくいスマートフォンです。


写真は載せられませんが、5.5インチで大きめの画面です。



僕はお付き合いをしてきた携帯電話を処分することなく、自分の部屋に保存しています。

お付き合いをしてきた携帯電話には様々な思い出があり、自分の手元に置いておこうと思っているからです。

それぞれの携帯電話に良いところ悪いところがありました。

完全無欠の携帯電話というものはありませんでした。

いつも自分のポケットに入れて持ち歩いていて、僕と一緒に時を過ごした携帯電話なので、愛着があります。

いろいろな場面で僕を助けてくれたし、今までお付き合いをしてきた携帯電話には感謝しています。

これからも、携帯電話とお付き合いすることになると思いますが、良いお付き合いの仕方を模索していこうと思っています。

今後も携帯電話はどんどん進歩していくと思います。

進歩していく携帯電話に負けないくらい僕も進歩していこうと思っています。

以上、「僕の携帯電話とのお付き合いの歴史」

ブログに載せます。










0 件のコメント:

コメントを投稿