2016年7月16日土曜日

「東京スカイツリー 吾妻橋」



「東京スカイツリー 吾妻橋」

 地元、文京区を走る幹線道路、春日通りを歩いて行くと、東京スカイツリーが見える場所があります。

 春日から、本郷に向かう、真砂坂を登り切った辺りで、東京スカイツリーが見えます。

 昔、通っていた福祉施設が本郷にあったので、真砂坂上近辺は良く歩いていたので、東京スカイツリーを見ていました。

 僕は、実際に、東京スカイツリーに行ったこともあります。

 学生時代の友人と、東京の下町の七福神巡りをしたときに、東京スカイツリー近辺に行きました。

 東京スカイツリーを登ったことはありませんが、押上近辺、隅田川近辺は、下町七福神巡りで歩きました。

 下町七福神巡りをしたときには、隅田川に架かる、吾妻橋を渡ったと思います。

 吾妻橋については、橋を歩いていた時に友人の奥様が「ございばし」と言っていたので、「あづまばし」と呼ぶのか、「ございばし」と呼ぶのか分かりませんでしたが、ウィキペディアで調べたら、「あづまばし」と呼ぶようです。

 東京スカイツリーから近い隅田川に架かる橋で、隅田川のゆったりした流れを見ることの出来る橋でした。

 先日、TBSNスタという番組を見ていたら、隅田川の川沿いにカフェを作り、隅田川の川の流れを見ながら、コーヒーを飲めるカフェが出来たようです。

 地元、文京区を流れる河川は神田川ですが、神田川沿いには、川を眺めるようなカフェはないようです。

 隅田川に比べると、神田川は、小さな河川で、川の水量も隅田川に比べると劣りますし、隅田川にはかなわないと思います。

 ただ、東京で、川の流れ(水辺)を感じられることは貴重なので、どんなに小さな河川でも、僕は良いと思っています。

 「住めば都」です。

 自分の近辺にある、良いものを探すことを心がけていけば、心も良くなるのだと僕は思っています。

 以上、「東京スカイツリー 吾妻橋」

ブログに載せます。










0 件のコメント:

コメントを投稿