2019年8月21日水曜日

「不治の病を抱えていても精一杯生きていく」


「不治の病を抱えていても精一杯生きていく」

 僕は不治の病、統合失調症を抱えています。

 統合失調症とは寛解することはあっても治ることのない不治の病です。

 僕も死ぬまで精神薬を飲み続けることになると思います。

 統合失調症と宣告された患者さんが自暴自棄になるのも僕には分かります。

 僕も発病当初は、自暴自棄になったし、統合失調症患者さんが酒とかタバコに走る気持ちも僕には分かります。

 多くの統合失調症患者さんが、人間的に荒れていくのも何となく分かります。

 ただ、僕はブログを書くという手段を得ることが出来ました。

 僕も自分が荒れそうになったときには、ブログを書くことによって、荒れそうになった自分の心を穏やかにするようしています。

 治ることのない不治の病、統合失調症を抱えていて、人生を諦めてしまう方もいるかと思いますが、僕は人生の終着点まで、精一杯生きようと思っています。

 不治の病を抱えたまま、精一杯生きていこうと思っています。

 僕が、不治の病、統合失調症を抱えていても精一杯生きていこうと思っていることをブログに書いておきます。

 以上、「不治の病を抱えていても精一杯生きていく」

ブログに載せます。




 

 

 

 

 

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿