2020年6月5日金曜日

「コロナ禍で胃に激痛が走っていた」


「コロナ禍で胃に激痛が走っていた」

 僕はコロナ禍の緊急事態宣言中、外出自粛要請が出て、自宅に長くいた時に、胃に激痛が走っていました。

 特に夕飯を食べてから、寝るまでの時間に胃に激痛が走っていました。

 立っていても、座っていても、横になっていても、胃の辺りが痛くて痛くて仕方がない状態が続いていました。

 テレビとかで新型コロナウィルスに関するニュースを見ると、胃の辺りの激痛は酷くなりました。

 胃の痛みも、精神的なストレスと大きな関係があるようです。

 精神的なストレスがなるべくかからない環境に身を置くことを考えて、精神的なストレスがかかる環境を避けることが大事だと僕は思っています。

 寝る前に、テレビで、新型コロナウィルスで何人亡くなったとかのニュースを見てしまうと、大きな精神的なストレスがかかるようです。

 テレビのニュースを見なければ良いだけのことですが、何もすることがなく、なんとなくテレビのニュースを見てしまいます。

 テレビのニュースを見ることが僕にとって大きなストレスになっていたようです。

 コロナ禍で胃に激痛が走っていたことをブログに書いておきます。

 以上、「コロナ禍で胃に激痛が走っていた」

 ブログに載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿