2020年6月8日月曜日

「芥川龍之介の小説、河童を借りたが胃が痛くて読めない」


「芥川龍之介の小説、河童を借りたが胃が痛くて読めない」

 先日、図書館で芥川龍之介の小説、「河童」を借りてきました。

 芥川龍之介の小説「河童」が心の病気(精神障害)と関係があるようなので、心の病気と文化というテーマでブログを書いている僕も、「河童」は読んでおいた方が良いと思い、図書館でネット予約で借りました。

 先日、家で「河童」を読もうとしましたが、胃が痛くて読めませんでした。

 本を開きましたが、活字が意味を成す字としてより何かの模様のように見えてしまい、「河童」を読めませんでした。

 心の病気と文化に関する考察のブログを書こうと思い、芥川龍之介の小説「河童」を読もうとしたが胃が痛くて読めなかったことをブログに書いておきます。

 以上、「芥川龍之介の小説、河童を借りたが胃が痛くて読めない」

 ブログに載せます。




 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿